byNishikawa

造花、造花に合う背景の研究



造花を本物の生花のように描くのではなく、造花を造花っぽく描いてみます。
なんというのかな、例えばなんですけど、
ドレスアップして化粧バッチリでパーティに出る女性って、美人だけど人工的じゃないですか。
普段着の方がおしゃべりしてその人の誠実な人柄を知り得るとしても、
舞台に出て張りのある美人女性も、とってもいいと思うんですよ。

ただ、庶民が苦労する人生劇場映画に、あまりにマネキン的美人がいるとオカシイ。

これがたとえ。
絵で言うと、生花を描くなら生花を見て観察して、
好みの問題ですが、ゴージャスに描くもありだと思うんです。

前置きが長いけど、人工的な整った花を描き、
人工的な背景を配置してみました。
ゴージャスに行くぜ!(^◇^)
関連記事
Nishikawa
Posted byNishikawa