スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柿×2枚



2017-1024time1024_2.jpg

写真を見て描くこと、実物を見て描くこと、
両輪揃うと、絵画の可能性が広がると思います。

写真の欠点は、どうしても色や見方が単調になる。
実物の欠点は、時間でモチーフが変化してしまうことと、現場で描くのが難しい事。
長所はそれぞれ逆かな。補い合うといい感じ。

さて、柿を水彩で軽くスケッチ。自宅制作。
1枚1時間くらい。早い。(^◇^)

油彩科にとっての水彩は、こんな感じでいいです。バックはなくても可。
見ることが目的。完成は目的ではありません。
できるだけレアな気持ちで見る。描く事で記録する。これでオッケー♪

基礎トレーニングなので、週1~2くらいのペースで続けると良いデス。




関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。