瓶1、2、3

瓶1
DO-ARTの教本を見ながら。目標は、手軽に描く、モチーフ色に囚われない、全体観を出す。この3つ。まずは白黒バージョン。
何気なく描いてますが、ホントはここで主題(瓶の白いシルエット)が見えると良いです。

瓶2
単色塗り。ただ白と塗りと分けて塗っても絵にならない、と気づき、中央瓶の周りを強調(主題)。端の瓶は背景に溶け込ませてみました。

瓶3
カラーバージョン。色としては、紫系でまとめ、黄橙系の対比や混じり具合を綺麗に見せます。白黒(明暗)は上記二枚に引き続き意識します。
関連記事
Nishikawa
Posted by Nishikawa
投稿 2011年05月24日
最終更新 -0001年11月30日