公園と犬


2017-0608time1238.jpg

木曜日ユザワヤSさん
の、
2016年6月頃と、2017年3~7月までの分を更新しました。


3月頃、30号の山の絵が終わりました。
その後、1度静物を。ずっとイメージの絵を描いていると、感覚が痩せてくるので、
実物を見ながらスケッチをするのは、とても必要な事だと思います。

油彩なので、そのままスケッチブックあるいはキャンバスボードなどにスケッチ。

それから『公園と犬』の絵を始めます。
最初は写真などを参考にし、全体図をとります。
途中、犬のポーズを気に入ったものにしたいため、スケッチブックに鉛筆などで練習します。

さて、コツコツイメージ合わせながら描いていたのですが、
どうも破たんが無くて面白くない。
今まで持つ小さなイメージを越えられない。

この絵に講師が思い切って、ナイフで塗りたくってみました。
強い色が入っても、地塗り扱いで上に描けば緑も映えますし。

そうしたら、このナイフの仕事が面白かったようで、
自分でも同じように描いてみました。

そして計4枚。

最初の講師が手を入れた1枚(上記)
同じようにナイフを使って描いた緑ver、
同構図で赤ver、
同構図で黒ver。

まだ未完成ですが、地塗り練習も兼ねて、抽象的な全体構成の練習をしています。
とても面白い仕事だと思います。参考になれば。(^◇^)
関連記事