池のある公園



水面を描きますが、スイスイ均一に画面を埋めようとせず、
一本一本の水の線が醸し出す動きを考えながら、ちょっとずつ。

色は同系色からスタート。
関連記事