子どもシリーズ



水彩、色鉛筆で着彩中ですが、鉛筆が濃い所はやっぱり、鉛筆が溶けたり擦れたりして、汚れた感じの色になっちゃうので、ちょっと注意です。便利だけどね、鉛筆。

色は固有色を弱めます。青いパーカーに、帽子の赤を入れる。ズボンとパーカーの色彩もまだまだ特別な対比で奇異に感じる。もうちょっとズボンの黄色を弱めてもいいと思います。二色くらいのトーンが、形派の人には一番扱いやすいみたい。
関連記事
Nishikawa
Posted by Nishikawa
投稿 2016年09月27日
最終更新 2016年09月27日