Archive2018年06月 1/2

カフェMC、生徒さん個展のお知らせ 2018年6月11日(月)~24日(日)

今日から開催、6月の生徒さん個展です。千葉県船橋市、新京成線薬園台駅徒歩10分です。ご興味のある方は是非(≧▽≦)...

  • Comment -
  • Trackback -

絵画ドリル

スゴイ、ドリルやってきた!!(≧▽≦)エライ!!!!課題は、毎日決まった時間に15分(タイマーで測る)、絵の質やテーマは度外視、とにかく与えられたドリルをこなし、絵を描くことを日課にしよう!!です。(1)1日目。1枚目。鉛筆デッサン15分。...

  • Comment 0
  • Trackback -

水瓶

コーナーの象徴、縁側を外し、平らな構図にしました。なんかすっきりしたし、絵も強くなった!!最近全体の色と、こうすべきが見えてきたようで、とてもとても頼もしいです!!(*´▽`*)...

  • Comment 0
  • Trackback -

バラ

試行錯誤中です。塗り絵にならないようにね!...

  • Comment 0
  • Trackback -

短時間で描く練習

写真でも模写でもどっちでもオッケーですが、写真はもちろん、画集に載ってるレベルの絵ってのは、とにかく要素が多くて複雑。画家さんは同テーマでたくさん描いてるうちのベストなので、それを最初に描いてみる時は、要素をばらしてみましょう。まず、一番基礎的な骨組はどれか。画家のついてる嘘はどれか。(6割ホントで4割嘘、みたいな、嘘を付くと良い絵になるんだよね!(≧▽≦)要素を抽出するのに時間をかけて、実際の作画は...

  • Comment 0
  • Trackback -

自宅制作。本人は黒くて汚く濁ったとか言ってますが、どうしてどうして。この、試行錯誤しながら出てきた色ってのは、綺麗なんですよ!!(≧▽≦)なんというか、着飾ってチャラチャラした美人と、働いて手は荒れてるけど底光りする美人…。なんのこっちゃ(;´Д`)まぁそんなんで、この絵は好感度が良いですよ!(≧▽≦)...

  • Comment 0
  • Trackback -

5人組

主に方向性の確認。水彩は下地として淡く塗る。広い面積は2色以上でにじませましょう。水彩で下地ができたら、色鉛筆で描く。色鉛筆は線描で、形をしっかりさせます。密度や完成度より、生き生きとして今にも動き出しそうな人物になることを目指します。水彩にしかできない作業と、色鉛筆の方が向いてる作業とあります。この差を楽しみましょう。(*^_^*)...

  • Comment 0
  • Trackback -

バラのイメージ

紙を切って、バラのイメージを…。おぉっと、何回かやってたけれど失敗らしいです。( `ー´)ノ時々写真撮って置けばよかったな。...

  • Comment 0
  • Trackback -

アジサイ~配色・自分の色

講師によく来る質問が、『背景には何色を塗ったらいいのか』ん~~。愚問ですね♪(・´з`・)『何色を塗っても良い』『自分の好きな色、今、塗りたい色を塗る』が、講師の答えです。次に講師に来る嘆きは、『自分の好きな色が分からない』です。先生決めてください、と言われたりして。これは、『唯一正しい色がある』という気持ちが、邪魔してるんじゃないかと思います。色ははっきり言って気分で変わります。...

  • Comment 0
  • Trackback -

池のある風景

若い時に買ってずっと家に飾ってある油絵を参考に、前回は模写をしましたが、今回は自分なりの風景にしようとしています。今までほとんど意識しなかった、線遠近のある構図です。奥行があります。...

  • Comment 0
  • Trackback -

格子の犬

かっちりタイル風は硬すぎるので、色優先で散らしてみます。ナイフで荒らしたいのでワンコはマスキングテープを、ワンコの輪郭線に合わせて切って、貼ります。単色で存在しないように、画面の上で混ぜるようにして配色。のせるだけでなく、削いだり拭いたりしながら進みます。竹ひごの先でうっすら見える線を起こすと、ちょうどいい格子ができます。線が曲がってるのがいい味出してる。(≧▽≦)...

  • Comment 0
  • Trackback -

まろん君

荒らした背景が乾いて収まって、いい感じになる事を確認。レンガを一枚ずつ塗り分けしたり、かっちり線を入れるより、ずっとらしいのでは。しかも塗りが楽だ。(≧▽≦)楽しい(≧▽≦)そんな事を思いながら、ワンコの描写をもう少しします。...

  • Comment 0
  • Trackback -

子供(ルーベンスのデッサンより)

子どもの絵を油絵で描きたい。これ、と言った写真や子どものイメージがなかったので、迷ったら模写かな。ルーベンスの絵を参考に描いてみます。色彩よりも、絵画構成と立体感の作り方を学ぶ予定。...

  • Comment 0
  • Trackback -

クリちゃん

帽子の形が写真だと分からない、描いた事のないものは想像できない、という時は、近い実物を用意して、よく観察してみましょう。毛糸の帽子を石膏像にかぶせてみましたwww。額から後頭部に流れる距離感、耳の後ろに隠れていく回り込みなど、頭に接している部分と中身が入ってないスカスカの部分との形の張りの違いなど、観察しなければ、分からない要素はたくさんあります。『デッサン力』が必要だな、と思う段階。ここで、『デ...

  • Comment 0
  • Trackback -

アジサイ(F6)

アトリエで、アジサイを見ながら。約2時間。アクリル。キャンバス。初めて鉛筆下描きなしで描いてみました。アジサイのように、細かなものが密集してひとつの塊を作っているようなモチーフは、アクリルや油彩ではむしろ楽。輪郭線で花の形をとって塗り絵のように塗り潰すのではなくて、色面配置 → 細かい質感、という考え方で進みましょう。さて、次週は来られないので、このアジサイの絵は終わりになりますが、花の写真を撮る...

  • Comment 0
  • Trackback -

白い花

自宅制作。水彩。ラッパ上の花、しかも白い花を真正面から描くのは、奥行や形を出すのが非常に難しいのですが、しつこく絵具を重ねて、とても良い白を出してます。つか、白い花って、眩しいくらいの真っ白じゃなくて背景との比較で白く見せればいいんだよね。(*'▽')...

  • Comment 0
  • Trackback -

風景

変化。ちょっと冴えてます。クレーの本を見たそうです。どんどん研究&吸収しよう!!...

  • Comment 0
  • Trackback -

ネコ(キッキ君)

順調。絵の大きさに対してネコのどアップは初めてですが、行けるとこまでは普通に描き進めます。...

  • Comment 0
  • Trackback -

本棚

思い切って棚を金にしてみました。厚塗り。ちょっと意外性があって面白い。それだけだとリズムが揃い過ぎなので、後からナイフや竹ひごなどで絵具を削いで整えます。...

  • Comment 0
  • Trackback -

バラ(模写)

ここからは大きな筆ではなくて、細い筆でチマチマと密度をあげていきましょう。バラの花瓶はちと水平線が間違ってるかな。次回、定規なんかも使って構わないので、鉛筆で直します。...

  • Comment 0
  • Trackback -