スポンサーサイト

講師の展示会 2017年9月28(木)~10月11日(水)

例の松戸の喫茶店で個展やりますので、お時間ある方は是非♪9月28(木)~10月11日(水)まで。 >>詳細...

ユウガオ

道の駅で、カンピョウの原料ユウガオの実をゲットしてきました。面白いな、講師は初めて見た~~(; ・`д・´)どかっと置き落ち着いて描く。着彩段階で、背景でミス。色がモチーフと割れすぎる。補色対比を狙ったと言ってみましたが、地色や中間トーンのない補色だけの強い対比は危険~~。失敗率高い劇薬です。中間トーンを増やしていきます。まず、塗りが濃くて密度高いモチーフと、白残しの背景との対比が強すぎるので中間トーンを...

カワセミ 額装

自然な色合いの木の額とよく合います。マットの青も効いてるなぁ。額装してこそ、絵が作品になる気がする。お洒落させて。この辺だとオーダー額縁は北習志野駅近くのALVA。いいお店ですが、納期は2週間先とかなのでのんびりした時にどうぞ。切羽詰まってるorできるだけ安くという時は、常時ワゴンセールの津田沼ユザワヤ。通販もあり。おススメは絵と額のシミュレーションができる、マルニ額縁。着せ替えみたいで楽しいです。一度...

お滝不動尊

背景は何をしていいのか分からない。これが正直な気持ちだったと思います。まず樹を入れることは決まってるでしょ、それから真冬以外は葉っぱがあるわけで、いっぱいいれて夏らしくうっそうと茂る、桜色にして春、紅葉にして秋、光さす朝、この辺のイメージを描きながらでいいんで決めます。うっそうとなら濃い緑が密集、さわやかな朝なら黄緑系…というように、色から受ける印象を大事にしてみると、ただの背景…と思っていた樹が、...

月、雪、街

いつでも仕上がりになるけれど、いつ仕上がるのか分からない。それが抽象的傾向を持つ絵、というものです。(; ・`д・´)バランスが合えばオッケーなのですが、ここを描けばこっちが崩れる、その繰り返し。パウダーはいつでもできると分かったので、ある程度ガツガツ描写して、最後にパウダ~ふりかけ~~~って、パウンドケーキみたいだな、まぁそんな感じです。もうちょっと!...

橋のある風景(F20)完成

完成!!(≧◇≦)グレージングワニスで微調整しました。グレーズのワニスはベッタベタで1週間くらいかかるのですが、今回は速乾性のグレーズを使いましたので、明日には乾くでしょう。グレーズをすると深みが出ます。それに連れて、直したい箇所がいくつか出てきました。都度、加筆修正して、完成度があがりました!やりきった!!配色がド派手なのに、遠近感とまとまりがあるという、スゴク面白い絵だと思います。...

舞妓さん

和に詳しいので、着物ガールを。五重塔はちと卒塔婆みたいな形だったので、もう少しシルエットを合わせよう。屋根は正三角形じゃなくて、平べったい感じ。着物の柄を描きたいということで、今回はチマチマ部分的に攻めていくことにしました。日本画顔彩の金と赤を、あまり水でびちゃびちゃに薄めずに塗る。あ、写真撮った後に緑を塗りましたね?(;・∀・)日本画顔彩の緑は渋めで日本の景色にホントによく合う色だよね。...

結婚式

なんか面白い絵を描いてきました!独自の世界観ですね~。背景の緑が複雑でとても良いです。...

子ども(F6)

顔をふっくらさせ、帽子はわかる形に変更。ボタンつけたり。服も、動きや形を描いていくことで動きが出てきました。背景色にもチャレンジ。イイヨイイヨ~~(≧◇≦)...

人のいる風景(F10)

人物の顔がちょっと面白いです。(^◇^)日本の大正~昭和初期の油彩画で、デフォルメ崩し顔が流行った時こんな表情だった気がする。背景は今までにないものが出てきそう。冒険してみてください。...

風景(P10)

模索中です。ちょっと焦ってるかな?うまく行った時は偶然かもしれませんが、全体の調和があり、目線の誘導がうまく行った時は心地よい。色が鮮やかだとか描写力とかは、その次に見えるものかもしれない。…ということで、現時点では、下と上の差が大きすぎて、見る時、絵が割れてしまうかな。それから左右の密度や色幅が均一なので、中央を抜ける、とか、ぐるっと見渡す目線の誘導がないので、見づらいと言えばそうです。…というこ...

ミレーの模写(F6水彩)(ほぼ完成)

濃すぎる緑、白すぎる白、この極端な白黒の中間トーンを置くことで、見やすい感じになりました。...

橋のある風景(F20)

イメージ的には完成。面白い色彩。色はチューブの原色(緑とか青とかいろいろ混色チューブ)も使ってみました。細部を少し詰めて一段落。次回は乾くので、微調整をしたいけど、ここまで描いたのがもう実力以上の快挙なので、あまり欲を出さずに、少しだけ触りをやってみましょう。...

歌舞伎(F40)

前回、穏やかなグラデーションが入って追いついた。これも必要。今回は暴れてみます。激しい色がカッコよく決まったところで終わりにしたい。...

カーウォスキーのダリア(模写・20号)

先週分の写真が抜けてしまった。ゴメン。(;・∀・)着々と塗り進めてます。このモチーフは何人かがやりましたが、また全然違うのね。こう細かい立体が出て綺麗。でも白残しが埋まると、全体感が変わっちゃうから、仮塗りでも芯の周りは赤を置いた方が、手順としては良いかもです。まぁ、部分が集まってるような絵なんですけど、カーウォスキーさんは全体感スゲーいいんですよね。...

人形と天使(F6)

天使は立ってるので、頭身が分かりやすい。4頭身以下はちょっとおかしいかな。5等身くらいは欲しいです。...

橋のある風景(F20)

グイグイ行きます。後ろの階段近くの地面は高台、という意識で描くと、ちゃんと丘になる不思議。オタカラコウは、少しオレンジ強くしてみましたが、うん、この調子で葉っぱも水も描けそう。抽象的な色が強いんですけど、遠近や存在感に気を使うと、自然に変化が出て空間も出てくるのです。...

静物(F20)

今日は落ち着いて描写。特に葉。白と黒の関係に気を使いながら、大筋は緑なんですけど、変化を付けていきます。リンゴは後でグラッシしましょう。瓶の色は黒を少し押さえましたが、左右どちらかは(右だ)、もう少し抑えてもいいかもです。...

ハゲイトウ

先輩と一緒にハゲイトウにチャレンジ。こちらの方は少し遠目ということもあり、繊細さよりも、大らかさ、ラフさ、元気の良さを発揮してちょうだい!というお題で始めました。うん、元気あるぞ!(*^▽^*)...

ハゲイトウ

ゴメン、写真がボケボケだーーー。(*´Д`)でも、絵は素直に観察して、いい感じです!...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。