9月教室と、休講日のお知らせ

講師の西川です!教室ページの更新、やるやる言ってやってない詐欺です。今度こそ!!個展が終わったら!!ゴメ~~ン。(;´Д`)9月のお休みと混雑状況のお知らせを。━━━━━━━━━━━━自宅教室━━━━━━━━━━━━9月14日(水)午後 (講師個展搬出のため休講)9月24日(土)    (ユザワヤ展示会のため休講) 混雑状況は、火曜日午前が満員。応相談。水曜午後と土曜午前は飛び入り自由かな。━━━━━━━━━━━━ユザワヤ━━━━━━━━━━━━9月 1日(...

子どもシリーズ

子どもシリーズ、第○弾!?今回は着彩はなしで、鉛筆のみで仕上げてみます。色が入ると混乱してしまう、白と黒の関係は、鉛筆オンリーだと分かりやすい。鉛筆は4Hまで使い、淡いグレートーンの違いを確かめます。...

次回作のためのエスキース

風景のイメージスケッチ。いい感じですが、見どころがたくさんあるのでちょっと見づらいかも。一番最初に見て欲しい所が、(1)橋と人(2)橋と川の抜ける空間(3)民家(4)全体の奥行、風景この中のどれか、パッと言えると良いと思います。場合に寄っては4枚の絵になるかと。(^◇^)...

花壇のある庭

ごちゃごちゃしてきたので、再確認。最小限の遠近にとどめる為、中央のベンチを思い切って外しました。赤い花も外し、空間を。三角形(▽)の構図に。このほうが見やすいですし、緊張感も。(^◇^)ポピーを足してオレンジの流れも作りました。綺麗。(^◇^)...

葉(4) 完成

左上、葉っぱが背景と同じオレンジ系だったのを緑に。オレンジが下地扱いになって、右との差が。葉っぱは▽、背景オレンジは△と、三角形構図を二つ入れ、変化をつけました。写真で出てませんが、中央赤系が綺麗に出ました。...

カーウォスキーのダリア

新案が自然に浮かばない時は、気になる絵の模写をしてると、元気が出たりします。でもちょっと小さいかな。元絵は50号くらいの絵なので、この作家の持つ大らかさが、ミニチュアになると描いてる方も疲れるかと。そういう場合は、部分でもいいかもです。再構成上等!...

風景の練習

Do Artの風景の練習。とてもシンプルな絵ですが、風景に必要な要素が入ってますので、写真から描くことに慣れた方には、認識改めるのにいいかも。まず線。線は丁寧に引くのではなくて、樹という形、地面という形をもっと意識してほしいな。そうすると、自然に綺麗で丁寧で単純な輪郭線では、表しきれない事に気付きます。もっと複雑なんだよね。色は、固有色ではなくて、中央が明るいトンネル状に。最初に仕事ですが、最後まで覚え...

絵本の風景

シリーズ3枚目。構図と色を大幅に変え、自分に近いスタンスまで持ってきました。左の建物は、この大きさでは不要だし、無い事で広がりが出ました。自転車男の子の赤も効いてる。ここまでくると、この絵本の内容が気になってきました。色は感情なので、自転車の男の子がどういうシーンで川べりを走っているのか、その気持ちを込めると、また絵が深くなる気がします。...

子どもシリーズ

前回は鉛筆オンリー、今回は着彩予定です。水彩を考えると、あんまり鉛筆の粉がたっぷりつかないように、要らない線はもちろん、迷ってる場所は消しちゃいましょう。線は水彩後でも入れられます。テーマは 『幼くカワイイ子ども』。...

竹内 栖鳳(たけうち せいほう)の絵より

完成。今日は線に強弱の付けたかとそのコツ、を練習しました。単調だった線にリズムが付き、結果的に、色が綺麗に見える不思議。鳥も可愛いです。(^◇^)...

木漏れ日

木漏れ日2枚目、完成です。人物が一枚目より大きいので、その手前に来る枝は圧迫感がある。なので、少し位置を変更しました。木漏れ日の影が面白かったようで、またうまく行かなかったとはっきり課題を持ち、次回は木漏れ日テーマの新しい絵を。絵の場合は、光が黄色いと感じるならば、影は、補色である紫系が綺麗に映えます。実際にそう見えるかどうか、外で確認してみて。スケッチしてみると尚良し。...

教室BLOGまた更新頑張ります。

ご無沙汰でございます。教室ブログは、9月分更新しました。折りを見て、6~8月分もアップ予定。でも2ヶ月くらいかかるかも。ちょぼちょぼと。過去分アップした時は、都度告知します。できれば公民館組も写真を撮りたいところです。講師は個展中。上野の森美術館、自然を描く展は、8日から始まります。教室からも10人くらい出品してます。(≧▽≦)...

風景練習

1ヶ月半ほどブランクで、まずは気負わずウォーミングアップ。いい機会なので、風景基本を再確認。1~2時間くらいの課題。中級者にむしろオススメかも。Do Art の中でも編者オススメなこの練習画。樹、地面の高低、空気遠近、トンネル状の構成、すべて応用が利くものばかり。「空気感が出ない」発言あり。(´・ω・`)それをやりたい場合は、3枚目くらいに、しっかりした紙やキャンバスにどうぞ!1枚目はウォーミングアップだかん...

シスレーの風景

乾いているところにグラッシをして、厚塗りで単調になりがちな色合いを調整しておきます。ちょっとしっとりしていい感じ。手前の樹を再確認。手前の樹の葉っぱは、どこまであって、どっからが後ろの樹なのかな?全部の樹をやる必要はありませんが、メインの子は主張してあげましょう!それが描写に繋がります。下地が透けないような厚塗りで。...

山と渓流のある風景

何年か前に描いたこのテーマに再チャレンジ。前回描いた風景練習模写で、遠近を出す考え方やコツが、把握つつある感じ。遠景山は鉛筆でがっつり描く必要はなく、場所が分かればいい程度。水彩で淡く試行錯誤してもいい。必要なら後から足せるからね。...

山と空と森

6号でまとまったので、10号で。20号くらいでもいいのかも。写真は最初は見ない。6号を見よう。序盤は空と大地の面積。鉛筆や細い筆で描写はあんまり意味がない。細部に目が行き過ぎて、大きな構造が分からない。刷毛で色(明暗)大きく分けてみよう。空は光源を中心に丸く、外に広がるにつれ徐々に暗くなる感じ。...

ヘビと花(完成)

完成。構図の下が空いているのは文字が入るから。背景色が濃い目だったけど、おかげで全体がシックになった。偶然も味方に。このシリーズは何枚も描いて、気持ちも一段落。最初から決定した設計図に、絵の具の塗りの技術の向上などがあって、より完成度があがる。次回シリーズは未定だけど、もう少し気持ちの揺れに動いていけるといいかもな。最初に構想があって、偶然でいいから、どんどん付け加えたり発展していければ最高。...

遊び絵

時間が余ったので、遊び絵を描いてみる。描きたいものが特に思いつかなかったので、模写系で。竹内 栖鳳のヘビの絵がリアル可愛かったので、他の絵を見ていたら、兎、犬、猫、ヘビ、カエルなど、小動物好きだったんだろうな、たくさんある。そのうちの一枚。A4シリウス紙。時間は10分くらいかな。1時間で8枚くらい描いてた。こういうラフ画って、基礎体力として有効。遊び心も大事!...

ひまわり

2枚目、アトリエ制作分。1枚目。自宅制作分。1枚目を振り返り、もっとこういう風な感じにしたいと、ハッキリイメージ持って、言葉でも語れるのが素晴らしい。葉っぱを大きく、数を増やして無秩序な感じにして、お花屋さんのでなく路地ものだよー、を強調。色合いは淡く。空間感が出ます。優しく上品な紫で、粗野な路地ものイメージを一新。ミスマッチで不思議な感じもしますが、謎めいてていいかも。絵には謎が必要だかんね!(...

シスレーの風景

後半戦へ。一番広い面積である、道。これのイメージがつかめない。画集見て、ここが赤い、こちらは黒い、とやってるのは、模様を順序良く写してるだけになってしまう。『土の道!!!!』これが言いきれれば、色は何色でもOKなんだけど、実感ないと描けないかもなぁ。暇な日があれば、近所の公園で研究してみてください。『土の触感』を。...