シャクヤク

忙しくてちょっとブランク。シャクヤクはバラとは違った華やかさ、花びら線の大変さがあります。(*^_^*)...

室内風景(5)

部屋、壁と窓、椅子と床の関係を、ごまかさずに整理すると、絵が強くなります。この上に、手前のものを重ねていけばうまく行くはずだ!!(*^_^*)...

アジサイ(ver3)

頑張ったなぁ!!( ;∀;)3枚のうちで一番構図が良くて、色も華やかです!!とてもいい感じ!!( ;∀;)ホロリホロリ。...

フラメンコ・ダンサー

可愛いな!!(^◇^)これから舞台に出るような、ちょっと誇らしい顔がとても良いと思います!!この絵をスタートとして、発展させていく予定。...

フラメンコ・ダンサー(verF8)

少し大きな紙で。ただ細長いF4やF6に比べて、F8って正方形に近いんですよね。左右の余白と顔の関係を重視すると、同じようには入らないはず。F4の絵をコピー用紙に簡単にトレースして、頭の位置を合わせ、縦方向に4分割してみました。F8の絵の分割線は、フリーハンドでオッケー。そうするとやっぱり肘は入らない。肘下まで入れて、体を小さく余白を大きくとるか、肘上で切るかの二択。顔を大きく描きたいので、肘上で切...

リンゴ(B3ver2-04)

ちょっとブランク空け。ブランクあると、妙に真面目になっちゃうことが多くて、リンゴ、綺麗なんだけれどかっちり描きすぎ。密に描写すればいいってもんじゃないみたい。紙をチラチラ散りばめる作戦も立てましたが、ここは構造の強さを作りましょう。リンゴに密度が出たら重くなるので、その重さを支えるテーブルを描く。具体的には接地面と影を中心に密度を出します。また、隣り合うリンゴは、色が映ったり関係があるのです。まぁ...

格子から漏れる光(実験)

古い木版画の模写をしてみます。格子から漏れる光。格子をどう描くか、が当初の問題。最初から定規で丁寧に線を引くと、意外に失敗します。ピッチをちょっとずらしたり、とかができないのね。だから、フリーハンドでこの辺に線が欲しい、というアタリを入れてから、定規を使う方がいいみたい。もしフリーハンドに自信がなければ、10㎝角くらいの方眼状態にラインを入れて目安に。細かくきっちりやっても疲れるだけであんまりいいこ...

彼岸花のある風景(F10-1)

F10水彩を見ながら、キャンバスに油彩。構図は充分吟味したので、同じでいいです。序盤は構図の確認なので、写真は見ないで!!(; ・`д・´)写真が必要な時は、部分描写。そのときは写真と描いてる部分しか見なくて、画面全体はおろそかに。それはマズイ。今は構図。線と色面配置、遠景と近景などの骨組を組み立てます。骨組が決まったら、いくらでも部分描写できますので、今はちょっと我慢。いい加減な形が嫌だと思うなら、本当は別...

大顔面(5)

この状態でなかなかいい感じ。わたしは好きですけどね。(^◇^)作者が納得してないので、続けてみます。『何が描きたいのか』、『どこがゴールなのか』、永遠のテーマですね。毎回、考えます。多分うまくなっても。絶望する時は、前人未踏な高い壁を、根性だけでよじ登ろうとしてるとき。上手くいくかどうかはやって見ないと分からないけど、まずは辿り着こうとする意志と、実現可能な手段。手段は実現可能なら、先人の仕事にヒン...

卓上静物 (ver7)

さらっとまとまってきて、自分がやりたい方向性はいつも同じ、と分かってきたところ。そろそろ何か新しいアクション起こす頃かな…。...

ポット

お久しぶり!!ブランク空けなので、感触忘れちゃってるかな?落ち着いて静物を。...

可憐な花

自分のやりたいことで、原点でもある、植物画。可憐な小品になりそう。...

道、木漏れ日、人と猫

エスキースを横verと縦verと二枚作り、構図の確認。これ、うまくなっても毎回やりましょう。ある意味構図勝負です。横から縦構図に変更し、鉛筆で描きだし。ここまで来て、人物が小さすぎると気付いた。良し!描き直しましょう!!(^◇^)とにかく構図勝負なんですよ!...

仏像(4)

完成。しっかりどっしりした感じに。まだ経験が浅いので、また一歩完成度をあげるところまで進むと戸惑っちゃう。でも、こんな感じです。線描道具は特に、いつも形とタッチを忘れず。...

雉(2)

ここまで自宅制作分。あれ、教室制作分が写真とれてないや。地面、空と色を置き、上の樹を。塗り潰すのではなくて、実感を忘れず。...

4つの果物(4)

手前の檸檬は講師見本。固有色のグラッシ → 暗部 → 明部 の手順で描いてみました。中の形だけでなく、周りの形も同時に。完成です。今までで一番密度あるぞ!!(^◇^)...

窓際の静物

自宅制作分。いい感じだけど、ちと見づらいのは、背景とモチーフのやりとりが少ないからかも。もう少し背景単純でいい。テーブル手前側面は分かれすぎ。などなどでもう少し詰めてみましょう。...

人物

裸婦クロッキー会に毎週参加しています。その中から選んで、アクリルで描いてみました。足置きの椅子が見づらいせいで、宙に浮いてるかな。尻はでかいけど、だいぶ直したそうで、そこはいいかな。(^◇^)...

ヘビのいるイメージ(2-2)

自宅制作で完成です。やりきって分かる、欠点・自己申告は、バックが張り付けたみたいだ。そうですね。絵を描く時はバックとモチーフと、交互に描きながら進むことが多いです。バックの色合いがモチーフに入ったり、モチーフの形を整えるために、バックの調整をしたり。そのやりとりが、四角い画面の一体感と密度を高めていくのかも。次回以降の課題にしましょう!(^◇^)...

植物とヘビ

B3サイズが『作品』だとしたら、ラフやイメージスケッチも必要。たくさん描いて、基礎体力を!今回はラフなので、構図はあまり気にせずに描きます。額装したくなったらカットも余白カットで。あ、植物の名前、聞いたのに忘れちゃった。...