【40号-2】歌舞伎(07)

髪の毛など見せ場を細かく描写していきます。一度暗くシャープにした背景色は少し弱めて、布の動き(上は手によって固定、下はヒラヒラ)を強調し、人物周りの空間を演出。着物の柄はまともに描くのは辞めて、もみじをコラージュ風に散らそうか案。いいかも。(^◇^)...

【F30】滝(9)

写真では出てませんが、空の色を吟味。微妙ですが見分けて、白の幅を。水の色を加えます。...

倉庫と並木道(4)

線遠近要素は前回まで。ここから色パート。固有色、全体のバランス、光の色、など、いろいろな要素が絡み合ってますので、迷ったら整理を。...

倉庫と並木道(5)

人物を。手前はご自分の記念写真でしたが、遠景は歩いている人なので、動きを。この景色は超有名ポイントで、絵画や写真で数多く描かれているんですね。そのまま描いても既視感バリバリなので、何か独自ポイントが欲しいですね。...

【F30】滝(10)

自宅制作。滝がくっきりと分かりやすく。池もいい感じにクリアーになりました。岩はまだ浮いてるので、水の下に沈めていきましょう!今度こそ微妙な色合いで。白は混ぜない透明色を、画面から流れそうなくらい薄く溶いて、水彩風にのせてみて。...

二羽の鳥(3)

鳥の描写をそろそろ抑え、先に全体とのバランスを図りましょう。樹の強さ暗さなどで、鳥の見え方が変わりますから。...

【F30】母子(8)

強いがゆえに単調になりがちなオレンジ黄色にバリエーションと流れを作ります。足元の抜ける空間を意識して出します。...

シャクヤク(1)

自分で撮った写真を参考にシャクヤクを描いてみようと思いますが、技法書のフレケルトンの絵を参考にしてみることに。...

フレケルトンの花の絵を参考に。構図も含め、自分なりに再解釈。...

好きなモチーフ, 写生, 油彩,

【F10】花束(2)

固有色を置いてみます。...

白い陶器の人形

背景青(暗色)で、真っ白な陶器の人形。白をどう解釈するか。これの形はかなり難しいです。輪郭線ではなくて、中の形。顔より腹、そしてスカートの裾が、ぐっと手前に突き出している。これがこの人形の形なのであります。...

好きなモチーフ, 水彩,

【F6】絵を描く少女(1)

デッサンを拡大コピーしてトレース。白い服は描きづらいので、白という色は無視。影色と、自然にのった絵具の色で服の色を作ります。まず鉛筆デッサンと同じように、茶系。これで茶系モノトーンでデッサンと同じ明暗が出来ます。背景は森の中なので青緑と黄色を適当に散らしてみました。だいたいの骨格ができました。...

川沿いの桜並木(5)

一周して、再びメインの桜を描写。しっかりした印象になってきました。川は上流から下流ではなくて、斜め傾斜が目立ってきた。川幅はもう少し狭くするかも検討中。一度持ち帰って自宅制作。...

【30号ver3】風景(07)

いい感じです。が、ちょっと空・街・海とバラバラしてるので、もう少し一体感があるといいかも。特に海は空の色を映している、鏡的な面もありますので、色合いは共通。...

好きなモチーフ, 油彩, 写生, ,

【F10】花束(3)

モチーフとバックの兼ね合いを、きちんと考えるのは初めてだそう。モチーフを見ても答えがない。画面を見ながら試行錯誤です。...

モネの模写

アクリルにトライ。モネ展に行ってきたので、気に入ったハガキを見ながら描いてみます。アクリルが水彩の一番大きな違いは、乾くと耐水性になること。これを利用して、暗い色の上に、明るい色をのせることができます。油彩のように、厚みのある重厚な画面も作れます。下描き鉛筆なし。それも面白い。...

白い陶器と人形(2)

前回、輪郭線や比率にこだわって、なかなか前へ進まない。テーマは【白黒の幅を広げる】ですし、描かなくてはいけない【形】とは、輪郭線ではなくて【中の形】。輪郭線へのこだわりは捨てましょう。見切り発車上等。つか、輪郭決定はやるとしたらラストの方で。今回は背景色をつけました。初トライ。真っ黒にすればいい、という訳でもない。じゃぁどうすればいいのか。セオリーを学ぶというこよりも、モチーフ周りの空間を感じさせ...

樹の練習(油彩)

F4キャンバスボードに。技法書を参考に、枝だけで葉のない樹の絵を描いてみます。手前に来る枝に、ちょこっと白さが入ると前後関係が分かりやすい。枝が左右だけでなく、前後にも張ってます。...

秋の風景(2)

いつものようにベタ塗りにならないよう、空気の流れなどを考えます。なんてことはない、【うまく描こう】という気持ちが強くて、結果【むらなく塗る→ベタ塗りでオカシイ】 になっていたよう。葉っぱも塗り残しを作りながら、強弱のリズムを。いい感じです。(^◇^)...

ハロウィン

お花屋さんでハロウィン用のディスプレイ。意外性があって良いモチーフ。ピンクのバラの見せ方は難しい。後ろのカボチャはもっと抑えてもいいのかも。細い長い草は、重い丸いカボチャとの対比を効かせて、シャープに尖って軽く。...