Archive2015年08月 1/3

デッサンの違いについて

一口に、基礎はデッサンと言っても、答えは一つではなく、いろいろ考え方・目的があります。例えば、美大芸大受験生がよくやる石膏デッサン。科によって傾向がはっきり出るのは面白いです。以下、独断による傾向分析。...

  • Comment -
  • Trackback -

朝日

風景をトレースしたい、という希望を即却下。(^_^) エスキースとって、描きたいものを絞った方が絶対良い絵になるし、描きやすいハズ。エスキースをとってみたら、船、水、山、遠景よりも何よりも、興味があるのは朝日の美しさ。強調色は黄色。なので海の色は自然、補色の紫系。意外に苦労しないでスイスイ描けて本人びっくり。色鉛筆。...

  • Comment -
  • Trackback -

【F10】北海道の風景(4)

遠近の出た土台に、今日は固有色を入れていきます。画面の中心の目立つ箇所から、奥への手順の方が良いと思います。奥から順番に描くと、手前が永遠に奥に勝てない気がします。奥の山は、山とハッキリ分かるより、奥まってくれれば良い。ラスト、やっぱり布で拭き取ってしまいました。自己矯正中。頑張れ!!...

  • Comment -
  • Trackback -

油彩のためのエスキース

F6。「描きたいもの」は決まったので、次は「どう描くか」。自分で撮った写真を参考に。F20。実物大エスキース。水彩早描きだと軽くてまだいい感じですが、山、杉、桜、菜の花、川、人と、描きたい要素盛り沢山で、油彩で絵が進んで来たら、まとまらなくて苦労しそう。テーマを絞るために使える要素でも捨てる、というのは、絵を良くするためには必要。でも、捨てるのには、強い意思がいる。主語は自分。間違っていても自分で...

  • Comment -
  • Trackback -

手の塑造

自宅制作。手の塑造。形を突き詰めて考えていくと、彫塑をやりたくなるのは必然。彫塑、面白いよね。...

  • Comment -
  • Trackback -

綿

綿。綿のフワフワ感、ガクのパリッとした硬さ。ビンの硬さと透明感。その質感の差が出ればオッケー。でも白と黒の固有色を出しつつ、質感の差を出すのは難しい。迷ったら質感優先で。...

  • Comment -
  • Trackback -

【F30】母子(06)

自宅で少し。色を強く出したいので、量感やモデリングは最小限にして、代わりに平面性と絵本的空間を作りたい。そのために輪郭線を強く出す作戦でいきます。色の華やかさ、線の面白さを強調するために、三次元をある程度無視する。どこまで割り切れるかかも。(^◇^)...

  • Comment -
  • Trackback -

空の練習(2)

二枚目は夕陽。グイグイ色を乗せていけるのは、自宅練習で一冊描き潰したという枚数を物語っていてスゴイです。樹がもう少しシャープであって欲しかったようですが、水彩はそんな感じで柔らかい線になりがち。シャープな線は、アクリルやインクが得意。水彩と相性がいいので併用できます。...

  • Comment -
  • Trackback -

水彩、空の練習(1)

一枚目は塗り重ねによる、空気遠近。山の連なりです。薄い色はマスター、濃い色は抜けがち。水加減工夫です。...

  • Comment -
  • Trackback -

カサブランカ

カサブランカ。大きい花ですし、細密するより全体を描きたいのなら、モチーフから少し離れます。色は緑ではなくて、青味のある色に。少し意外性があり、目を惹きます。白い花の後ろに葉っぱを配置し、白い花を強調。白バックの場合の白は、輪郭強調。花とのバランスも、外側マスキングとのバランスも綺麗。お洒落な感じ。(^▽^)...

  • Comment -
  • Trackback -

【40号-2】歌舞伎(05)

向かって左の手の動きが美しい。でも、肘から袖に来ると、袖の形だけあって腕の形が消えちゃう。まだ中盤なので、いっそのこと腕から肩まで、中の形を描きましょう。服を描くときにボディ部分は消えますが、上から服のシワなどが、形に沿って描きやすいはず。急がば回れ作戦です。...

  • Comment -
  • Trackback -

【F20】滝

前回失敗のリベンジ。20号。結構いい感じ。でも時々ミスが。中央茶色と、右上緑が固有色強すぎて、画面から飛び出しちゃう。自宅制作。頑張ってるです!(^▽^)...

  • Comment -
  • Trackback -

イメージスケッチ

ほとんどモノトーンの、ふと拾った写真を元にイメージスケッチ。色合いが綺麗。いいじゃん!(^▽^)油彩でもこの自由さが欲しいな。...

  • Comment -
  • Trackback -

【F30】滝(5)

後ろの形が分からなかったのですが、崖に樹が高くそびえ立つのではなく、コケのように岩にへばりついてるんですね。ならば岩を描こう。ここまでが岩、ここからが空、としっかり分けて、空は空間感、岩は手前に迫る圧迫感を。...

  • Comment -
  • Trackback -

【F10】渓谷(3)

結構面白い。(^▽^)写真的リアルテイストは残しつつ、いろいろと工夫。ちょっと面白い感じになってきました。右に量感を出したら、左にも量感を。...

  • Comment -
  • Trackback -

【40号-2】歌舞伎(04)

写真紛失は怪我の功名かも。写真&カラーコピーは、インク系のバリバリした強すぎる調和のない色。色は真似しない方がいい。40号という大きな画面を見ながら、油彩として調和しそうな色を考え、配置します。いい感じ。(^◇^)...

  • Comment -
  • Trackback -

【F30】チャコ(8)

ネコはオッケーなので、背景少しまとめて完成予定。緑のリズム、後ろの黒のリズムが単調なところは強弱付けてみます。ネコの後ろの黒を少し強調したら、ネコの顔の白さがより引き立つ不思議。...

  • Comment -
  • Trackback -

【F30】滝(6)

「何を描くか」は、滝と池の風景。「どう描くか」は、ちょっと困り中。池と滝と空気は、材質はみんな同じ「水」。特徴は、池は「平らで広い空間」「鏡」「少し透明」「静寂」、滝は「膨大なエネルギー」「上下の空間、落下」「暴力的、少し恐い」「ヒンヤリ感」。空気は今回は「透明だけど霧、厚み、少し重い」などかな。だから、写真に写った水面の輪が重なってできた輪郭線や、下に映る岩を気にするより、この三つのキーワードを...

  • Comment -
  • Trackback -

【F10】家と樹、道(4)

樹を模索しながら位置決め。道はピッと真っ直ぐ下から上へひかないように。形としての道は、平らな地面の上に則し遠近がある、芝に対して段差(低い)、踏み固められて平らである、など。...

  • Comment -
  • Trackback -

梅と鳥

夢のようなイメージ。いい感じ。水彩技術的な事には講師としてアドバイスしますけど、世界観は独自の物いいなぁ。(*^_^*)...

  • Comment -
  • Trackback -