Archive2015年03月 1/4

瓶のデッサン

基本に戻って写生を。複数モチーフの場合、ひとつひとつの描写よりも、モチーフの間の空間や配置のバランスなどが課題になってきますが、描写の練習を希望という事で、時間的にもひとつをきっちり描くことに。ガラスの質感(反射する、透明、固い)などを、少しオーバーに表現。コルクや底の巻き部分(紙)の質感と対比。見せどころの一つである反射のハイライトは、白の調子に順位付けし、目立たせたい箇所を特に、黒との対比を大...

  • Comment -
  • Trackback -

最初のデッサン(Nkさん)

初めてという割には鉛筆慣れしている感じ。(^◇^)最初の基礎は、モノを見て描いてみる、だと思うので、この調子で身近なものをどんどん描いていきましょう!...

  • Comment -
  • Trackback -

石膏デッサン(小)

全長40㎝くらいの小さなビーナス半身像。石膏像持参です。面白いもの持ってるなぁ!さて、2時間半でまとめたいので、要点を絞ります。まず比率。正確な比率というよりは、らしい比率。自然な比率に見えるシルエットを探します。次は中の形。胸が前へ出てる、頭が傾いでいる、ボディに量感がある。これを感じて描きます。輪郭線だけだと中の形が描きづらい。明暗を大きく使って量感を表すのは、前回の基本形のバリエーションでもあ...

  • Comment -
  • Trackback -

わんこたち(F10-8)

ユザワヤ教室と自宅教室で、少しライティングが違いますね。若干自宅の方が明るいかな。微妙な調子の背景・細かい花しっかり描いていきます。だいたいまとまって、後はワンコと花ですね。(^◇^)...

  • Comment -
  • Trackback -

風景×4

  新しい作品を作るためのエスキース×3+F4キャンバス1枚描きだし。短時間でたくさん描ければ、多用なイメージを試してみることができます。(^◇^)...

  • Comment -
  • Trackback -

ユザワヤ作品展 2015春

ユザワヤの春の作品展のお知らせです。3月28日(土) PM2:00~PM7:00、29日(日) AM10:00~PM6:00ユザワヤ津田沼校(JR総武線津田沼駅南口)木曜日クラスの人が出品しています。(^◇^) お近くの方は是非。いろんなジャンルの手工芸と一緒の展示会です。...

  • Comment 0
  • Trackback -

休講のお知らせ

3月24日(火)~28日(土)下水道工事のため、自宅教室は一週間お休みします。...

  • Comment 0
  • Trackback -

20号のためのエスキース

エスキース。6号紙に3枚描いた後、20号紙に1枚。何を最優先するか、モチーフが増える事で全体の配置や色合いをどうするか、などを決めていきます。頭で考えてもよく分からないので、枚数描いて並べます。並べれば文字通り一目瞭然。(^◇^)...

  • Comment -
  • Trackback -

立方体と洋ナシのデッサン(Hgさん)

経験者の方の場合、自分がどんなものを目指していて、その為になにが欠けてるか。それをまず確認していきます。スケッチをたくさんやってる方なので、今回は一歩踏み込んでデッサンをしてみます。形は立方体と球体(変形)。ちなみにスケッチとデッサンの違いは、スケッチ(短時間でメモをとる)、デッサン(時間をかけて何度も描き直しながらじっくり考える)という感じ。今回は特に『面』を意識、立体感を最優先です。輪郭線の決...

  • Comment -
  • Trackback -

和傘

可愛いですね!女の子の顔や表情は好きで描いてるだけあって手が進みますが、着物の模様や傘への興味はもうひとつかな。まぁこれはよくあることです。(;´Д`)実物がある場合、触ったり広げたりして、視覚以外に触覚から興味を喚起できます。まだ枚数も少ないので、とりあえずいろんな種類を描いてみましょう!新しいものを描くたびに、一つ一つ理解が進めばいいなと思います。次回、背景は部分的に水彩も使ってみようと思います。...

  • Comment -
  • Trackback -

コスモスと少女(2)

完成。柔らかい雰囲気でまとめました。遠目でも少女のシルエットがはっきり見えるよう、少女の白っぽい袖の輪郭線は、外の色(緑~青)で作りました。空間に透明感がありますね。(^◇^)...

  • Comment -
  • Trackback -

カラーのある静物

エスキースで、配色と構図を吟味してから4号で試しに具体化してみます。途中から講師手伝い。色がはっきり分かれすぎていたので、何色か重ねて、ゆらぎと空気感を。色を置いた後に、ぼやっと消えすぎた箇所を鉛筆でもう一度描いて確認。シャープな線で引き締めてから、ハイライト・アクセントを細い筆で。...

  • Comment -
  • Trackback -

砂遊び(2-2)

イメージはたくさんあるけど、美しく具現化するのは難しい…と言ってました。まぁそうなんですね。(^_-)-☆どこまで行っても、それは感じます。でもイメージがあれば、進めそうな感じ。迷ったら、似たタイプの他の人の絵を研究してみましょう。絵の具の重ね方、構図の取り方、省略や切り捨て。見てピンと来なかったら、真似して描いてみる。理解が深まります。...

  • Comment -
  • Trackback -

女性の顔~肖像

この方の人柄を表すような、とてもいい表情になりました!!頑張った!!しばらくお休み予定。でも都合がつけばまたどうぞ来て下さいね!(^◇^)...

  • Comment -
  • Trackback -

オレンジのデッサン

縞のある布の上に、枝のついたオレンジ二つ。まずは明暗やタッチを利用して、大きさ、重さ、球としての丸さを出してみましょう。これを【大きな形】と言います。表面のボコボコが気になりますが、これはいわば【模様】。大きな形ができてから、貼り付けるように模様を描けばOK。...

  • Comment -
  • Trackback -

花(10号-8)

色は綺麗ですが、花を描くための集中できる時間がとれなかったのが残念。いつも同じパターンを気にしてましたが、同じパターンで良いですよ!!(^◇^) メインの花のひとつは大きく描きましょう!それで3:2;2、3:4:1など、たくさんある場合は重ねてみましょう!!最初に小さいエスキースを作ってみると、急がば回れでまとめやすいかも。自宅で構想練ってみても良し。...

  • Comment -
  • Trackback -

わんこたち(F10-7)

青味がかっていた犬たちを、固有色の黒系を加えて落ち着かせます。草原と花を付け加えていき、次回完成予定。...

  • Comment -
  • Trackback -

花束(F4-3)

中央に何もなくスカスカだったところを埋め、バラバラだった花を、右上方向に強調することで動きが出ました。花の明暗差が弱かったので強調して完成。(^◇^)...

  • Comment -
  • Trackback -

ポトスの鉛筆デッサン

線をメインに葉っぱを描いてみます。練習ですので、たくさん描いてみてください。葉のつき方、特に付け根に注視。抑揚のある線を描きましょう!実物より少し大きめに描くのがコツ。...

  • Comment -
  • Trackback -

パンフラワーの花(6)

完成です。(^◇^)背景色が調和して綺麗ですね!さて、平面的か立体的かの問題。多分、平面的・色面的に描くタイプなのではと思います。希望が資質と相反するのですが、立体的に描ける人は、最初から立体作るのに苦労しないですからね。平面的にモノを捉えていく事は短所でもありますが長所もある。どういう事か、自分で確認し生かしていきたいです。...

  • Comment -
  • Trackback -