Archive2014年07月 1/3

上野の森美術館 日本の自然を描く展(2014/8/7~26)

【追記あり】みなさんの作品写真、一部変更・追加更新しました。参考リンク:上野の森美術館 日本の自然を描く展ホームページ50音順で4期に分かれます。入場料500円。それぞれの会期最終日は14時までと早く終わるので注意!...

  • Comment 0
  • Trackback -

ブナの森(F4 部分エスキース)

...

  • Comment -
  • Trackback -

ブナの森(F4 部分エスキース)

...

  • Comment -
  • Trackback -

ブナの森(10号)

...

  • Comment -
  • Trackback -

デューラーの兎

デューラーの兎の模写。トレース。テーマは『密度ある画面を作る』、『細かい線の下に、下地色(大きさ・量感を表す)がある』など。...

  • Comment -
  • Trackback -

バラ一輪

完成です。細かいところは色鉛筆で補筆。写生では、よく見て観察することが大事な要素のひとつですが、その情報を一端消化し、形を整理すると絵らしくなります。...

  • Comment -
  • Trackback -

少女・横顔

 人物の練習。お気に入りの写真から、水彩スケッチを何枚もとり、油彩(アキーラ併用)・キャンバスに描いてみます。右は講師見本。色数(赤とか黄とか)は少なくても、立体的に描くことを最優先しています。左は本人スケッチ。立体感よりも、固有色や絵本的な可愛らしさを優先していると思います。どちらが良いかという問題は、好みでいいのかもしれません。このタイプの拙く見えても味がある絵を楽しんで、たくさん描く方向でも...

  • Comment -
  • Trackback -

船と海2-(3)

青や黄などの色彩を強くしてみました。軽さを保つため、白も積極的に。質感に軽さと重さが出て、前回よりいい雰囲気です。...

  • Comment -
  • Trackback -

ユリ

写真を参考に、オリジナルを目指して。まずは茎。前後関係や繋がりを出すかどうかを決めます。...

  • Comment -
  • Trackback -

卓上静物 トウモロコシとピーマン

写真のようにリアルに描くか、永山さんのように色彩たっぷりで描くか。写真的リアルだと固有色が強く形がシャープ。色彩たっぷりだと、固有色を無視しても好きな配色、形の強弱も自由に、染める感じ。この価値観は二択。...

  • Comment -
  • Trackback -

卓上静物、ナスと人参、ニンニク

ナスの曲がり具合が一番気になるとしたら、それが一番描きたいものなのかも。ならば人参は、邪魔しないように少し弱くしましょう。テーブル面は一色だとつまらないので、いろんな色の布が置いてある設定に。ニンニクは白いので対比で黒っぽい色を。...

  • Comment -
  • Trackback -

少年

この荒さは結構いいですね!鉛筆の下描きでは表せない、形の中身が詰まってる感じ。表情もいいです。黄色は鮮やかさを優先すると透けてしまって形にならない。少し色味を落として落ち着かせます。...

  • Comment -
  • Trackback -

7月22日更新分!

今回の更新は、ユザワヤ7/10(木)、7/17(木)、土曜日sbさん、久しぶりのAさんなど。...

  • Comment -
  • Trackback -

仏像(憤怒)

首から肩、鎖骨、胸にかけて、形が入ってきました!首の筋肉や筋は、触って形を理解すると描けます。鏡で自分の首を触って確かめるか、まぁこんなムキムキな人は周りにいないと思いますが、家族の協力してもらいましょう!また、色は『憤怒』がテーマですし、破綻覚悟で勇気を出して強い色をのせてみましょう!!教室で片岡球子さんの絵の話が出てたので参考に。色も線も形も力強い絵です。片岡球子 描きたいように描く NHK20...

  • Comment -
  • Trackback -

ブナの森(10号)

ブナの樹を部分的に5~10枚ほど描いた後、10号クラスでまとめます。今度は写真の構図丸写しではない。あれだけ描けば形も特徴も覚えます。勇気を出して、自分の気持ちがいいところに好きなように配置・配色してみましょう!ブナの森の写真集を見た感想や感動を、自分なりに消化、昇華していければいいと思います。...

  • Comment -
  • Trackback -

ワイングラス

水彩。うまくいったような、もうちょっといけるような。これを叩き台にしてもう一枚描いてみてもいいかも。その際、面倒な○は、着彩後でも大丈夫です。...

  • Comment -
  • Trackback -

ミケ

構図は前回決まったので、描写を入れていきます。右後ろの色合いはとても綺麗ですが、線はあんまりビシッと真っ直ぐ決めないように。ラストで必要なら入れます。今段階では少し崩して直線を弱めておきます。...

  • Comment -
  • Trackback -

滑り台

滑り台の立ち位置をしっかりさせます。支え台と影を描くことで、芝からどのくらい離れているのか、斜面がどのような傾斜なのかを表します。斜面右端は崖がありましたが、絵として緊張感があり過ぎるので削除。滑り台に迫力は出しますが、他はなだらかでおだやかな風景を目指します。...

  • Comment -
  • Trackback -

公園

10号完成。とても良い感じ!!(^◇^)写真的な細かい描写は変わらずなのですが、この風景は写真とはだいぶ違う。樹や灌木の配置こそ似てますが、絵の中でどういう形が効果的かということを考え、いろいろ変更を加えてます。右サイドはただの藪だったのですが、アジサイを足して華やかになりました。ここ何か月かがいろいろと実を結んでます!...

  • Comment -
  • Trackback -

バラのスケッチ

前回の絵を参考に、似たモチーフを。葉っぱの色数はいい感じ!花はピンクという色が、輪郭線を作らないので、赤か、色鉛筆などでとるといいのかも。重なりを大事に、中央に向かって徐々に細かくしていくと、ピリッとすると思います。...

  • Comment -
  • Trackback -