スポンサーサイト

顔のあるもの

風景は一段落、顔のあるもの(人、動物)で、色彩が強い抽象的な要素があるテーマにトライしてみようと思います。福田平八郎(大正~昭和の日本画)の絵が面白いので、それを参考に。まだ枚数も少ないですしオリジナルにこだわりすぎず、気に入った絵をどんどん取り入れていきましょう!(^▽^)...

2013.12.27update!

21日(土)~26日(木)分をまとめてアップしました!今年もほぼ終了。みなさまお世話になっておりました。主婦連は忙しいでしょうが、どうぞ良いお年を!1月は7日(火)からスタート!来年も楽しく絵を描きましょう!!(^▽^)...

建物のある風景(3)

遠近を出そうとしたら、近景は厚塗り(何回も積み重なる)、遠景に近景が物理的に重なる、などが有効。(パターン1)遠景に近景を重ねる、近景をもう一度描く。(パターン2)近景→遠景に近景を重ねる、近景は結果的に塗る回数が多い。結局は何度か繰り返すので、とりかかりは遠近どちらからでもオッケーです。画面を見て決めましょう!(^▽^)ところで雲にも前後関係があります。意識すれば遠近は出ます。今、何を描いているのか(ゴツゴ...

干潟道(7)

遠景と比較し近景は、色味が同じでも絵の具が厚く荒い。これだけの事が結構大変です。後半は立って、オイルを使わずにパレットを持って描きました。キャンバスの側で絵の具を盛り上げ、すぐに下がって効いてるかどうか確認する。繰り返し。この方法で大分差がつきました。緑の草原が力を持ったので、近景の人物が弱く見えました。ので、人物ももう一度。脇に厚みを入れ、右腕は背中より前にあることを確認、わずかな影を理解するこ...

フクロウ(2)

イメージを溜めて、色を置きます。立体は光→影と2色からスタートで、できれば5段階のグラデを。明色、中間、暗色、ハイライト、アクセント。...

林道~木漏れ日(8)完成

グレーズ(白は混ぜない、2~3色混合の透明暗色系)で形を引き締め、光源を入れて完成です。しっかりした遠近が出て、いい感じ。リスもいるよ!(^▽^)...

線路(3)

形に気を付けて描いていますが、空など遠景はもう決定し、ガンガン色彩でいきましょう!(^▽^)...

海の御輿(4-完成)

いよいよ仕上げです。足りないところ(群衆の量感)を足し、強すぎたところ(背景の青、群衆の遠景)を弱めます。次に、御輿の下あたりにぽっかり空いた空間がおかしいので群衆を足し、御輿の形を考えると支え棒絵の中に感じられなかったのでこれも足します。最後に水しぶきを白ジェッソ、青×2、黄色で下から上に跳ばし完成。繊細な細部描写よりも、大きなうねりとエネルギッシュな絵になりました。(^▽^)...

人物の練習

カイユボット展に行き、人物が描きたくなったので鏡を用意して練習。頭に量感がある、ほっぺが前に出る感じ、などは、以前練習したとおりいい感じです。しかしその分、体の薄っぺらい感じが気になりますので、後半は首から肩にかけてより観察して描いていきました。女性でも首に喉仏があり、耳の後ろから鎖骨に向かってV字型に筋線が入ります。...

グリーティングカード

画像なしですが記録。プレゼントに添えるハガキ大カードを描こうと思います。上半分はメッセージ、下半分に絵。適当な紙に実際に描いてみて、大きさやどのくらい描けるのかを確かめてみます。それから本番。候補は、鳥、花、観葉植物など。飼い鳥の写真を用意してもらって、色鉛筆で描くことにしました!楽しみですね!(^▽^)...

色鉛筆デッサン~トマト(Nさん)

色鉛筆デッサン。じっくり描きました。(^▽^)【ポイント】・構図…上下左右の空き・形…トマトは丸よりも球、重さ、前に出てくる形。テーブルは平ら。・影…球なので、赤道が一番出っ張る、南半球は全て夜。テーブル接地面に一番濃い影。・色…1色で決めずに、2~3色重なると複雑で綺麗。etc。...

油彩スケッチ

ジェッソを塗ったスケッチブックに、背景→モチーフ→背景という順で描きました。約2時間。紫の背景に黄色っぽいテーブル、ここにトマトの色が入りますが、ひとつ塗ってみたところ、赤紫のトマトはあまり綺麗に映えませんでした。ので、赤紫→オレンジ系に変更。ホンモノの色とは少し違いますが、この画面に濃い赤紫のトマトは合わなかった。変更理由はそれだけで充分です。(^▽^)...

静物

シンプルなモチーフを自分で組んで、自由に塗ってみます。何が出てくるかな??...

窓辺の猫(3)

木枠をまっすぐ見せたかったら、定規を使って線を引いても構いませんが、塗りが同じ方向だと中の形歪んでしまう。定規は使わず、1回目が縦塗りだったら、次は横塗りに。濃い色で木枠の厚みを造る。これで木枠の中身が詰まってるように見えます。ネコの表情はうまくいきそう。黒い模様はもう少し明暗差が欲しいかな。バックは、暗い地塗りの上に明るい色を置く予定。...

風景(油彩スケッチ)

上手くなったなぁ!!今まで描写が進むとぐちゃっとして形や色がくっついてしまったりしましたが、黄色と緑、ピンクの大きな配色も明暗も美しく、とても雰囲気があっていい感じです!!(^▽^)...

トマトと紐

気軽に描いてみます。紐のようなモチーフは、形があるようでないので、工夫次第で化けます。花のように重ねてリボンにすると美しいのは不思議です。このように、『何を描くかのモチーフ選び』『そっくりに描く、描写』『絵の具の美しさ、色彩やマチエール』以外に、絵画には『構成』の要素があります。...

空と街

F6号。何度も同じパターンを繰り返してきたので手慣れたもの。迷いなくスラスラ進みました。手前のマンションには窓明かりを。同じマンションの同じ電気器具でしょうに、照明時間の関係か、青っぽいとか、オレンジっぽいとか明かりの色は微妙に違います。更に手前に一軒家群があると前後関係が出ます。...

大木と紅葉(2)

午前・午後と連続受講なので、ちょっと絵の具が乾きませんが続けます。まず樹の位置が決まったら、中央が前に出てくるように工夫してみます。具体的には、左から光なので、固有色は抑え気味にしても光と影に分けてストロー上の形を作る。中央の一番手前の部分は、端の輪郭線部分よりぐっと前へ出て欲しいので、物理的にも端は薄塗り、中央は厚塗り。差がつかないようなら、思い切ってペインティングナイフで塗りたくってみましょう...

干支シリーズ~虎

一生懸命描いているのに今ひとつ進みが鈍い場合は、原因を考えてみましょう。今回は絵の具がちょびっとで水が多い、とても薄めた絵の具を重ね塗りしている。これは透明水彩的技法であり、この場合は水彩紙が相応しいです。地の色が白で、たくさん水を吸収するからです。...

鳥(完成)

小枝の中心が前に出るよう、尻尾は枝から奥まるよう描写して一段落です。密度が高く、目をひく鮮やかな色彩、サインを金銀で入れて完成です。ですが、自宅でゆっくり見て熟成すると、もうちょっと手を入れたい場所が出てくるかも。その場合はサイン後でも描いて構いませんが、おそらく必要ないと思います。(^_^)プレゼントとして描きました。サイズも特殊なので、額装をオーダーして、最後の仕上げになりますね!!...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。