2013.11.02 更新

9-10月の新人組溜めてた分をアップ。Kさん(水彩~色鉛筆)、Aさん(ペン)1~2月、9月分、Hsさん(油彩)。...

女の子

人物久しぶりにトライ。最初は横顔。ペンで主線を描き、丁寧に色づけしていきます。雰囲気あるなぁ!(^▽^)...

2013.11.06 更新

土曜日 Ymさん 、Seさん、Sbさん 9~10月分アップしました。...

レナちゃん

顔や髪、背景はほとんど完成。服も白系に戻します。しかしこの時点で、顔の色・オレンジ系が顔部分にしかないので、下半分は白と緑しかなくてちょっと色が寂しい感じ。白が乾いたら、少量のオレンジ系、赤系を服にいれるといいと思います。アクセサリーをつける、影色に赤系を入れるなど。...

2013.11.07 update!

ユザワヤ Mkさん(油彩) 1月、9月~11月分アップしました!...

【F10】山、紅葉した林、澄んだ川

完成です!自分なりに描ききりました!が、バランスとしてはやっぱり、山はもう少し軽めにして、近景の石などがもう少し手前に来る感があるといいのかな。林が遠景と近景を繋いでないのも気になる。でも迫力あります!力作!次回の構図は、自分の描きたいものが山の場合は、それを中央に配置、サブは描かなくてもいいくらい軽い役目にしてみましょう!...

【F10】林道

現場スケッチと、写真を参考にしたアトリエスケッチをしてから油彩にとりかかります。いい手順です。(^▽^)最初の構図を試行錯誤してから描写に入ります。道の広がり、遠近を出すための階段横ラインの間隔など、中央メインモチーフのバランス重視。樹や石は適当に配置しますが、奥に行くに連れてだんだん小さくなることに注意。階段の横ラインの間隔と同じ比率で、奥行きが狭くなっていきます。...

【F6】北海道の夏の海

課題は、『小さめのキャンバスに短時間で油彩スケッチ、同テーマで2~5枚ほど描く。気に入ったのがあったら大きくして、時間をかけて作品化』です。今回、楽~に描けて、なんとなくまとまっていい感じです。(^▽^)これで底上げします。...

【F6】猫と樹

完成。こちらも課題は、『小さめのキャンバスに短時間で油彩スケッチ、同テーマで2~5枚ほど描く。気に入ったのがあったら大きくして、時間をかけて作品化』。前回の海は、要素が少なくて描くのが簡単だろう、という気持ちで始めましたが、空を描くなどに興味があまりなくて、結果めちゃくちゃ大変でした。今回、描き慣れたモチーフを楽な気持ちでいい感じにまとまりました。技術的には、猫の明暗階調に合わせて樹の色の濃さを抑...

【F0】植物スケッチと作品化

何を描いたら分からない時は、スケッチに戻ります。この場合、スケッチと作品を分けて考えます。◆スケッチ→素直に見て描く。客観的。◆作品化 →自分の色や形を強く出す。主観的。観察 →【何を描きたいか感じる、感じた事をまとめる】→ 表現こういう流れができると、迷いが減るかなぁ、と思います。...

11月展示会のお知らせ

11月8日(金)~15日(金) 現代童画展に出品!(都立美術館)初出品。30号。入選おめでとう!!(^▽^)【Link】現代童画展のページへ【Link】東京都立美術館のページへ◆追加(2013.11.09)自宅で制作していた、作家名・赤綿さんも入選!おめでとうございます!【Link】赤綿さんのHP 通称ゾンビさん。絵と併行でドール人形(ゾンビ)も制作してます!----------11月6日(水)~12日(火)船橋市市展【洋画】こちらはベテランさん。40号。お...

【2回目】樹と空を描く

2回目。樹と夕陽の資料を見ながら。今回のポイントはシルエット。正確さよりもらしさで、省略や付け足しは自由にします。絵のサイズは小さいので、何枚も描いて、バリエーションを変えてみます。最後に資料にはない、空に鳥を想像で配置、色鉛筆を併用して地面をしっかりさせ、手応えを感じます。(^▽^)...

【F6】樹と空

何枚も描いたハガキ大の絵。知人の評判が良かったものや、自分が気に入っているものを選び、F6の大きさにしてみます。空の面積が広いのですが、まずは塗ってみましょう!樹はアクリル。赤系青系黄色系の限定三原色ですが、真っ黒になるのを避けるため、白っぽい色を選定しました。中央幹と枝を線描。まずは鉛筆で描き、幹の間隔や樹の前後関係も整理。点描で葉っぱをつけて、『らしさ』を出します。...

古い水道橋

空と橋の関係を考えます。◆色彩重視青い空(暗)←→(明)白い橋◆遠近感重視白い空(明)←→(暗)白い橋は逆光で影イタリアの空は青さが特徴のようだし、単純に遠近重視ってわけにもいかないかも。----------また、橋の後ろの森は、右へ行くに連れて遠のいている。遠近感を出すため、緑の固有色は徐々に減退します(白く霞む感じ)。空の色に溶け込んでしまうため、空の色を樹にもかけるとうまくいきます。...

2013.11.11 update!

ユザワヤYmさん1~3月分、9~10月分、ユザワヤ11月7日(木)分をアップしました!...

童画展、その後

童画展を見て、絵が変わります。自宅で色鉛筆エスキースを作り、アトリエで油彩F4、描いてみます。今回は紙。前回用意したジェッソ地に。何枚か油彩スケッチを描いてみて、行けそうならキャンバスで。...

ピカソ、夢

久しぶりに復活。F6スケッチブックに大きく、ラフに描いてみます。着彩は色鉛筆。アクリル絵の具と迷いましたが、好きなモチーフですし、もう一枚描いてみることにします。...

山の連作

登山が趣味の方。最近行った山を、早速描いてみます。ハガキ大。写真が元なので、水彩技法の復習を兼ねて。(1)山の塗り重ねで近景を出す。手前に来るほど濃い(2)遠景は空と溶け込むほど淡い(3)固有色(山は青、空は黄)などをはっきり色分けすると画面が割れやすい(4)樹は水を少な目に、エッジをたてる。チェックポイントはこんな感じです。(^▽^)...

ユリの続き

前回、前々回は果物モチーフ・短時間スケッチ。もう少し続けたかったのですが、古い絵の続きを描いて完成させたいとの事なので、やってみます。元絵はもう見ないで、自分の描いてる絵を見ようよ!正しいかどうかではなくて、目の前の画面全体を見て、色をいろいろ使ってみて、自分の好きな調和を探してみよう!!(^▽^)...

小屋のある風景

テーマは『写真を見て → 誠実に描写するリアルな風景』から、『自分の風景』を創る。とは言ってもいきなりそのステップをあがれるわけではなく、小屋のある風景写真を見ながら最初は描きました。(1枚目)写真資料を見ながら鉛筆で。(未完成スケッチ)(2枚目)好きなところを描き、不要だと思うところは省く。要素が少なすぎたら自分の引出から描けそうなものを足してみる。(未完成スケッチ)(3~5枚目)構図をいろいろ吟味し、決ま...