スポンサーサイト

枝と葉

F6に大きく丁寧に描きました。水彩は限定三原色。具体的には三原色×二種類ずつで、絵の具の色六色。黄(レモン黄、黄)赤(バーミリオン、ローズマダー)青(ウルトラマリン、セルリアン)色を作って試し紙で試し、少しずつ塗ります。とても誠実感のある絵に仕上がりました。いい感じ!(^▽^)...

【BLOG更新について】

このBLOGの日付は、制作した日に合わせています。BLOGを更新した日付けは不定期で、何ヶ月分もまとめてアップしたり、毎日アップできたり。これでは1ヶ月前に制作された作品に対する評をつけても、当人にも誰にも分からないよね。(^_^)毎回当日中に記事を描けばいいんだけれどそれはちょっとムリなので、せめて何を更新したか分かるように更新記録記事を作ることにしました。ヨロシク。----------今日は、【基礎デッサン・色彩練...

モネの『傘を差す女性』-2

前作は途中段階ですが持ち帰り、自宅でずっと見て貰いました。これってとても大事な事だと思うのですが、ずっと見ていると、なんとなくここをもう少しこうしたいなぁ、と欲求が出てくるんです。上手い下手、似てる似てないではなくて、これを大事にしたい。描くのは教室オンリーでも構いません。見るのは大事。(^_^)v女性のポーズをすっと背筋が伸びているように変更、大きすぎた後ろの子を少し小さめに、など、細かい構図の変更を...

不思議な少年(マックス)

ベルが終わったので、再びマックスを。久しぶり!マックス!!(^▽^)まず、背景の透けているところを油彩をのせ、しっかりと質感を出します。Aqylaの自然なにじみを活かして、同じような色彩を細い筆で。ただ、べた塗りだと空間感がでないので、塗ってから布で拭いたりして、抑揚をつけます。服は厚く塗り抵抗感を。樹は空間の青色をかけ、統一感をだします。...

樹とツタ(F20)

シダをたくさん入れる予定でしたが、根元が隠れると木々の前後関係が弱くなるので、シダは樹の後ろに控えめに。石を置いて立ち位置を強調してみました。完成(^▽^)。初の20号大作でした。...

洋なしを描く(Aさん)

経験者。時間内に短時間でスケッチするということ、写真からじっくり描くということ、いろいろと要素が多すぎて混乱する事柄を少しほぐしてみます。ハガキ大という一番小さなサイズに、最も要素の少ないモチーフを。ひとつだけで2時間ならじっくり描けます。...

古い水道橋

真っ青な空と、白っぽい橋の関係がうまくいかない感じ。空間感優先か、固有色(青い空、白い橋)優先か。緑の木々は、固有色の中に色幅を出していきます。...

【資料】初心者のための水彩教室(全3回)

『初心者のための水彩教室(全3回)』を、船橋市飯山満公民館で行いました。その時の資料を参考のためにアップします。非常に好評だったため、自宅教室の方にも応用してみようかな、と思います。立方体鉛筆デッサンよりも、葉っぱの方が初心者にとっても面白そうですし。また、立方体モチーフの目的は、形に対する理解なのですが、どうも考えが硬直してしまうような気がします。より上手い絵を描く、というよりも、柔軟な発想を優...

2013-10月、彩の会展示会

高根台公民館祭り、サークル「彩の会」の展示です。ご閲覧ありがとうございました。そして参加者のみなさま、お疲れさま!(^▽^)...

ハガキサイズの風景(5)(6)

前回の応用編。空の写真集より。このモチーフだと、形はシルエットだけというシンプルさ。後は色がどれだけでるかが勝負。...

葉っぱを描く(Yさん)

経験者。普段のスケッチであまり塗り重ねをしていないそうなので、特に静物を描くときは重ね塗りでいろんな色を出すことができることを確認。今回は使いなれたサインペンではなく、つけペンにもチャレンジ。紙は左がアルビレオ、右がWaterFord。同じモチーフを描いて、紙質の違いも確かめます。多分、色が深くなってくるともっともっと面白くなるよ!(^▽^)...

葉っぱを描く(Fさん)

全くの初めてと言ってましたが、結構いい感じ。2.5時間で3枚描きました。とても優しい色合いですね(^▽^)。...

幸せのベル(完成)

油彩描写で閉じます。羽根の模様はいろいろ考えました。トンボっぽいのか、血管ぽいのか、葉脈っぽいのか、金属の板っぽいのか…etc。Aqyla金で平らにし、反射率を高くしてから最終描写。金粉を散りばめ、ゴージャスに!(^▽^)...

樹とツタ(F20)

遠景の樹、光、藪などを整理します。空気遠近として、遠景を空の色に溶け込ませて差を出します。近景の百合は、一本だと唐突なので複数いれましょう。主役の中央樹を喰って白が浮くようでしたら、乾燥後グレーズします。そろそろ中央樹の紫を弱め、固有色と木肌を描いてみましょう。もう少し!...

レナちゃん

背景色を黄緑系で決定。目線のあたりを明るく、下に行くに連れて暗く変化をつけます。服は白いと描きづらいようなので、とりあえず服も緑系にしてみます。水彩画家の永山さんの言葉『青い部屋のユリは青く染まる』。緑の部屋(画面)の中にある白い服は緑がかっていると画面全体の色が調和がしやすいです。もちろん、この後固有色の白をもう一度のせる予定ですが。...

幸せのベル

乾燥の早いAqyla(アキーラ)で、全体を描きます。...

樹とツタ(F20)

ハデな紫が入ったおかげで、ツタもハデな黄色にしてみます。複雑に絡み合う樹ですが、根元で前後関係がはっきりありますので、後ろの樹の枝が前の樹に重なるほどせり出してくると、そのスキマの空間がねじれて描くのが非常に難しくなる。ここは素直に、前の樹は前、後ろの樹は後ろと、重なりで前後関係を表現しましょう。...

葉っぱ(色鉛筆)

秋なので、紅葉した葉っぱを描いてみます!!紙はF6と葉っぱモチーフにしては大きいのですが、画面いっぱいに大きくいれました。大きい方が葉脈の二本線など、細かいところ描きやすいです。でも、色鉛筆なので広い面積を塗るのは大変。次回は水彩にチャレンジ!...

古い水道橋(2)

橋の描写。穴の大きさや形を丁寧に。...

ハガキサイズの風景(2) (3)

空と樹というもっともシンプルなモチーフを描いてみます。講師のモチーフ集より。...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。