スポンサーサイト

2013年9月の展示会

習志野市 市展 2013年9月13日(金)~17日(火)【洋画】場所は、津田沼駅南口、モリシアOffice棟4階。モリシア店舗エレベータで4階文化会館まで行って、外を通ってOffice棟に行くか、ユザワヤ向かい信号近くにひっそりある、Office棟のエレベータで4階まで行くか。駅から見えているのにたどり着けない、慣れないと迷うかも。(^_^;西川ほかもう一人、生徒さんが出品します!ユザワヤ 秋の作品展(津田沼校)津田沼・木曜西...

アービング・シャピロ、波止場の風景

F6。かっちり写すタイプなので、元絵の水の大らかな筆の運びなんかも、そのまま模写できるのは面白い。単純に綺麗です!が、もう一歩次に進むために、次は同モチーフで図版は見ず、自分の絵だけを見てF10にします。F10は初めて。楽しみですね!(^▽^)----------この技法書のこの章の解説には、細部をどの程度描くかという問題が何度も繰り返されてます。前半は大らかに大胆に描けたのに、後半に失敗してしまうのは、いきな...

レナちゃん

マメシバのみどりちゃんが人間になっちゃった!!…ではなくて、あまちゃんの主人公を演じてるレナちゃんを描いてみます。描く理由は、ファンだから!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノそっくりに描きたいので、写真をトレースしています。服の下の方が切れていたので、そのまま線を伸ばしたら変だったので考えます。写真って実は魚眼レンズ的な広角が出て、中央以外の比率がおかしかったりするのですよね。集合写真でも後ろは小顔になるしね。なので...

不思議な少年(マックス)

最終的な固有色をのせてみます。ちょっと立体感や空間感が塗りつぶされて弱くなっちゃいますが、あまり気にせず。Aqylaで固有色(平塗り)、油彩で立体的な影つけ、こう割り切っちゃいましょう。また、固有色とはいえ、画面が色面で分離しないように注意。青い背景色が顔の影、服の影、樹の影などに入ってくる方が自然な色合いに見えます。...

時計と百合(3)-(4)

午前午後連続で描いてます。背景をどうするかが大問題ですが、まだ枚数を描いてないのでバリエーションの想像が難しいよう。とりあえず午前は時計とユリを描く。午後は色鉛筆でスケッチをとり、色合いを決めました。その間、講師がちょっと速乾剤混ぜて適当に厚塗りしておきました。ある程度絵の具層が厚くないと、上に上にと絵の具を乗せのが難しいので。(^_^)...

樹とツタ(F20-1)

F20初トライ。F6と、同じ手順で進めていきます。大きいので筆運びが粗くてもオッケー。油彩の人は描きやすいと思います。大きくなったので小さい時にごまかせた矛盾点も出てきます。メインの樹とからみつく樹、どっちが前でどこから生えてるのか。この前後関係をしっかりするのが、最初の線の仕事です。...

花瓶の花

F20をひとやすみして、有色地塗りした小品に、家でスケッチしてきた花を描いてみます。元気があって、活き活きとして、楽しい遊び!こういうの、大事です!!...

海~アクアラインで (9)

どうしていいか分からなくなってきたので、講師が少しお手伝い。グラッシ(透層)で暗色を引き締め、固有色を強くしてみました。どうしても写真の再現を目指してしまうのは、新しいイメージが湧かない=興味がない(同じ映像に疲れている)、という状態。この絵は少し休みましょう。ちょっと休んで、地塗り済みの小品を遊びで描いてみることにしましょう!...

崖のある風景

自分でテーマを見つけてみます。お気に入りの風景を。空のユラユラした空気感、広がる開放感と、地面のがっしり感、抵抗感は対比。地面の中で緑のトゲトゲ感と、岩のゴツゴツ感は対比。青と緑と茶の色面対比で終わらないように。この質感対比が絵を面白くします。...

入学式の帰り道(4)

線構図はしっかり修正できたので、次は塗り。怖がらずに塗っちゃおう!!(^▽^)...

風景と女の子(5)

遠景はいい感じ。水彩エスキースを参考に、中景の森、草原と川、女の子と犬をまずは描いてみます。描いて、おかしくなって手が止まるまで、まずは突っ走ってみようよ!...

庭と小屋

建物の練習を兼ねて。写真を元にしていますが、樹があまりにも生い茂っていて、家の形がよく解りません。そういうときは樹を取り払って、基本的な線と面に還元して、そこから付け加えるようにしましょう。階段はどこに繋がるのかな??見えない側に扉があるのか、そのまま小高い丘へと続くのか、そういうのも想像して設定していきます。...

ペットボトルの練習

二本のペットボトル、B3、3時間以内に描く練習。形は分かっているので、手順の短縮に努めます。まずはアタリ(構図、配置)。高さと底が決まれば、自然に横幅は決まります。中央正中線と、カーブの始まりの平行線。円筒形は、中央が一番前に出ていて、輪郭線辺りが奥まる形。ラベルのカーブも手前を描いて輪郭線近くは放置気味にすると、外輪郭線をギリギリ描かなくても、勝手に立体が見えてきます。かなりの時短。むしろギリギ...

地塗り(3)

何かを作ろうとしていますが、まだ地作りを続けます。講師がそれを見ています。...

洋なし

今年の上野の森大賞が洋なしだったので、ちょっと洋なし一個というモチーフでどこまでかけるか試してみます。造花ですけどね…。背景の練習も兼ねて。オリジナルな価値観・表現に向けて練習中。...

永山さんのユリ

永山さんの新しい画集より、白いユリを真似て描いてみます。が、ただ真似るのではなく、まずは同構図でデッサン。それで画集は見ずに自分のデッサンを見て絵を作っていく練習をしようと思います。この方はベテランなのですが、オリジナルの練習をほとんどしていないので…。模写は既に構図と整理がされていて抜群に見栄えがする。うまくかけるからこそ楽しい。楽しみのためにやってるカルチャーなので、希望なら、そればっかりでも...

上高地(P40-5)

今回は独力でやってみました。やっぱり中央が弱いかな。ここが弱いと進まないので、次回はちょっと一緒に考えながらやってみようと思います。(^▽^)...

【臨時子供教室】~アクションペインティング

モノを観察して描く、想像して描くよりも、絵の具そのものを泥遊びのように触りたい。そんな欲求、そのまんま表現した絵。小学一年生なので、まだ理性よりも感覚の方が比重が大きく、楽しいだけで突っ走れる、大人から見るとある意味羨ましいですね。(^▽^)今回、2時間で、B2(約1m×70cm)×3枚、F10×1枚、他小品3枚。遊びに対しての、パワーと集中力があるな!これは、絵画教室ならではの絵だな、と思います。のびのびして...

コローの風景(2)

初めての風景画になります。F6。静物画と違う点は、あまり細部にこだわらない事。ゆったりとした川や空気、空を大らかに描きたいと思います。ゆくゆくは『上野の自然を描く展』来年出品を目指したいです。(^▽^)全体的に色をまず塗ってみて、それからポイントとなる点や遠景から軽く決めていきましょう。樹と人物の描写は後半になります。...

アクリル練習 桃

F8。今までで最大。色鉛筆と違って筆で描くときは、ある程度大きい方が描きやすいかなと思います。大らかな気持ちで、モチーフも気持ち大きく描きます。絵の具はたっぷり使います。(^▽^)...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。