スポンサーサイト

カラーデッサン(Krさん)

大きな形をざっくり捉え、色の勉強をしながら限られた色数で重ね塗り。この色鉛筆はあとあと油彩でも役立ちます。(^▽^)油彩希望ですが、次は水彩を試してみましょう。...

花のデッサン

自由に背景を描くためには、急がば回れでデッサン強化が良いようです。バラは面倒な印象がありますが、実は割と簡単、というか、描いた分だけ報われるお得モチーフだと思います。花の形や色(明暗)の関係を白黒でしっかり把握しておきます。...

ピクサーの楽しい絵

あまり進んでないようにも見えますが、前回と比べると形や色がとてもしっかりしているのが分かります。空間的な背景との差がはっきりでたのもいい感じ。細部を描いたら一段落します。べた塗りのままのところ(手や服)に立体(明部ハイライトと暗部アクセント)を少しいれてあげるだけで、完成度がぐっとあがります。むしろ全部塗らないよう注意。...

干支~背景を考える

水彩の上からAqylaで塗ってみます。油彩が最終目標なので、あまり水で薄めすぎないように。白っぽい色が必要な時は、白を混ぜて厚みを出します。...

海~アクアラインで

直線は苦手意識があるので、最初からまっすぐ描かない方向で。海は植物の後ろで繋がっているのでそこは注意。後から描き足すとやっかいですから...

風景

模写。最初は色鉛筆で。その後絵の具で塗り直しました。風景はグラデーション(なだらかに色調が変わる)がうまくきまるとかっこいいです。でもそれは思ったより難しいです。兎以降中身の詰まった描写の練習をしたので、今度は風景を使ってグラデと塗りの練習をしようかと思います。...

自画像(人物の練習)

自分はもっとも良いモデルです。大きな鏡を少し離れたところに置いて、見て描いてみます。ついつい似顔絵を描かなければ(似なければ)という気持ちが強くなりますが、表面が似るよりも、『存在感がある』『動きがある』の方が大事です。かわいく描く必要もない。一生懸命描いていると結構怖い絵になりがちですが、別に構いません。今回は手を必ず入れることが条件。適当なモノを持たせ、手にも表情を。顔より手や腕が前に来ますの...

クロッキー(速写)の練習

描きたいものの資料を用意したら、アルバム一冊持ってきて、どれを描くか迷っているので、片っ端から描いてみます。時間をタイマーで計り、5分で3枚。20分で12枚。ハガキ大。短時間で意外と描けるものなのです!!その中から描きやすかったもの、描きたいものを選び、10分程度で色鉛筆で着色。またその中から選び、30分程度で絵の具で描いてみます。だんだんこなれてきて、写真の膨大な情報量から、自分の描きたいものだけピック...

ハワイアンダンス

足は地面より暗い。特にスカートの影。地面を少し明るくしますが、人物を避けて縦に塗らず、空間が繋がるよう横に塗ります。手前から、横に広がるシマシマを描きつつ、だんだんぼやけていく感じ。それが海、空へと繋がります。ハワイアンの強調で椰子の樹を入れてみました。根元には犬(アトムくん)。踊りを見ています。(^▽^)...

クロッキー(速写)の練習

前回やった反省より『興味のないものは描けない』。じゃぁ描きたいものは??人物を描きたいということなので、クロッキーの練習をしました。モデルは講師(笑)。タイマーで5分計り、ハガキ程度のスケッチブックにできるだけ早く描く。消しゴム不要。クロッキーの良さは、早くせかされることで対象を鷲掴みにする、細部より全体、細部より量感、全体のリズムをとる、省略と強調(デフォルメ)が自然にできること。どんな人でもこ...

桜と湖、富士

小さいスケッチブックに試し書きをした後、F4。桜は白抜きにして空を青くするか、白っぽい空にして暗い桜にするか考えます。筆を荒らしてドライブラシで、桜をチョンチョン描きました。自分で編み出した技法!楽しそうな表情!!うまく描けるかどうかよりも、絵を描く行為自体が楽しい!!これが一番大事かも!!(^▽^)...

魚とハス

モチーフと背景の明暗を少し吟味。自宅でちょこちょこ手を加えて完成です。次はもう少し要素を増やしてみようと思います。(^▽^)...

最初の立方体(Hsさん)

形はすらっと取れて、立体に対する意識は強そう。こんな基礎デッサンにも感動がある、ということを、そのまま体現してくれました。劇的。見てる方もなんか面白かったですね。(^▽^)...

風景連作(3枚目)

どれもはっきり描いていきたいようですが、トンネルと街は二択。二つが同時にハッキリ見えることはないからです。どちらかにピントを合わせれば、どちらかはぼやける。今回、中央メインのトンネルの奥行きを活かす事に。色優先だったり、形を強調したり、何を描きたいかが揺れているので、毎回大きく絵が変わりました。でも、それが分かったのが今回の収穫かな。模写とは違う、オリジナル作品を仕上げるということは、そういう過程...

卓上の花

小さな花が集まった、複雑な花です。どうやって描くのか。答えは意外と簡単で、まずはシルエットを作る。シルエットでらしさが出ますので、それがオッケーなら、手前と奥ぐらいの感覚で、小分け。それよりも明暗の方が大事。白い皿は白すぎると暗い色(紫)の花と分離してしまう、葉っぱはその白い花の影色より暗い。まずはシルエットで塗り、それから細部を描写するのがセオリー。...

空と樹の練習(Hmさん)

『空』は空間なので軽く大らかに、『樹』はシルエットでらしさを、『地面』はテーブルと同じように平面を強調するため横タッチに、『影』は草の上に落ちて、空との対比でとげとげした感じを…。質感や重さ、空間などを雰囲気重視でオーバー気味に変えながら、風景の練習。...

自分の撮った写真を参考に、色鉛筆で描いたエスキースを元に6号油絵。描きだし。というか、ウマイなぁ。描写はこれからでしょうが、構成がとてもいいです。...

干支~背景を考える

干支のデッサンをコピー、アウトラインをトレースし、背景だけを考えてみます。水彩でなんとなく色を塗って、たくさん作って見比べます。...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。