スポンサーサイト

工事中!

教室拡張工事のため、12月1日(土)も休講します。金曜日までに工事終わらす予定でしたが、延長に。予定変更が急になって申し訳ないです。でも広くなるよ!!よろしくお願いします。...

サバンナ

メインの赤い空を、少し色彩強めに描きます。どんぴしゃな色を吟味して吟味してのせるより、派手すぎても、後から抑える方が簡単です。完成が見えてきました!かっこいい!...

チューリップのある静物

静物その2。モチーフの並び方決定は、携帯写真でパシャパシャとって吟味してみました。まずは構図や配置重視。茶系スタート。ものたりなくなってきたら、とりあえず活気のある色(赤など)を置いてアクセントをつけておきます。...

湖畔で

以前描いたことがあるモチーフですが、大きさを変えてもう一度トライしてみます。イエローオーカー単色での描きだし。...

ターナーの風景

名画を元に、まずはデッサン(筆、単色)。それから自分流に再構成する練習。...

須田國太郎の風景

ほとんど元絵の面影はないかも。故郷の景色を思いだしながら再構成。でもやっぱり名画は構図が抜群にいいですね。...

ザクロ

ハガキサイズ。2時間半でできることをやります。今回は鉛筆デッサンなしで絵の具で直接スタート。最初は戸惑いましたが、鉛筆の輪郭線がないので、中の形を描こうとしている。柔らかさと大きさが出ていい感じ。...

ザクロ

ザクロのスケッチ。2時間半でできることをやります。ザクロや壺の重さがいい感じ。白い壺は白にこだわると色がのせられない。逆光と割り切って影の色で描くか、周りを暗めにして白さを感じさせるか。前者をとりました。...

電車のある風景(3)

どんどん描き進めているのですが、絵の具が薄めなので効いてない。途中から絵の具を厚めにしました。荒くても構いません。油彩だし。絵の具を積み上げ、発色させていきましょう!...

水彩スケッチ

油彩科にとっての水彩は、主にスケッチ。完成させなくてもいいので、レアな感覚を捕まえましょう。油彩の下絵として、例えば『白い花瓶』をあくまで白で描くのか。逆光で暗く描くか。その辺をテストしてみるのも良いです。...

風景エスキース

F15号水張り。パネルを前にまずはエスキースを作ってみます。課題は一点透視図法をちょこっと意識すること。建物は立方体、人物はマッチ棒で。...

海と子猫

描きだし。輪郭線に頼らず、大きな色面として。ネコもまだシルエットだけですが、ポーズの可愛らしさが捉えられています。...

人物のいる風景(ワイエス)

目標は家族を描く。単体ではなく『風景の中の人物』を練習します。まずは軽く鉛筆で描き起こし、全体に色を置いていきます。...

ワイエスの風景

模写を通して人物の練習。今回は風景の中の人物。人物描写、特に顔はあっさりとでオッケー。似てる似てないはあまり気にせず、大きな流れを掴みます。...

静物

背景の黄色と黒の面積をもう一度考えます。最後に赤い鉛筆を描いて完成!...

サバンナ

写真の構図そのままではなく、描きたい要素を減らして再構築。樹と紅い空に焦点を絞ります。...

さぼてん(完成)

サボテンのトゲトゲを描いてらしさを出します。全体を見て、ハイライトとアクセントを入れて完成。(^▽^)...

川のある風景

線遠近、空気遠近を使いこなす練習です。意識の差なので、やってみると簡単なのですが、すぽっと忘れてしまいがち。何度も繰り返し、手で覚えていきましょう!(^▽^)...

風景

前回のモノトーンデッサンを元に、F4でイメージ。うまくいかなかったのでもう一枚。原因は樹の立ち位置による空間の曖昧さ。手前と奥の山ラインが繋がっているのも、遠近が出ない原因です。今度はうまくいきました!...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。