スポンサーサイト

セザンヌの風景

油彩初チャレンジ。F8号。セザンヌの模写をしてみます。この絵は構成が分かりやすい。樹が三本とその間に空間。色は緑のバリエーション(緑は暗い緑、中間、明るい緑、と4~5色)が出せれば良し。まずは油という泥っぽくて重い絵の具の使い方、水彩系のようにすぐに乾かない事から来る塗り重ねの手順に慣れていきましょう!...

オカメインコたち

飼っているオカメインコ(オウム科)可愛いです。(^▽^)スケッチは自宅でたくさん描いているし、自分で撮った写真資料も参考に、水彩紙にボールペンで直接スケッチして水彩着彩。今回はできるだけたくさん描いてみます。次回はその中から絞って、細密予定。顔や比率やばっちり、模様もいい感じ。欲を言えば、鳥のお腹は重くて柔らかい、尾羽は少し硬いなどの質感の差が出ると尚良し。...

飛翔

テーマ的に縁起が良さそうな感じ。最初の色のせは色面分割に過ぎなかったのですが、『鳥が飛び立つ』という事をメインテーマに重さ・質感などを考えていきます。空(軽い)←→島(重い)、空間(三次元的な広がり)←→海(二次元的な広がり、鏡のように写る)。島を基準に、海遠景(太陽側、淡い)←→海近景(手前の島が写り、暗い、重い)などなど。重い場所から軽い空間へ鳥が移動(飛び立つ)。この辺を考えながら。...

ヒマワリと紫の花

自宅で続きを。アクリル絵の具で何度も何度も、納得行くまで塗り重ねました。背景下部に変化をつけてみました。完成。綺麗ですね!(^▽^)...

町の風景

自宅近所の風景。5月の季節に相応しく、緑が綺麗ですね。塀の色が少し強すぎるのですが、ここの価値は主題で代わります。主題が塀の黄色ならばこれでも可、新緑ならば黄色は出張りすぎ、道と抜ける空間なら同様に出張りすぎ。塗りも浅いのでもう1~2層、色を重ねると納まりそう。...

ハリエット・マーチンの静物

完成。窓の外の青などが効いてます。塗りも厚く密度があります(^▽^)...

人物の練習

自宅制作。人物の練習です。人物を描くときは、鏡を用意しましょう。鼻やおでこ、ほっぺ、あご、首などを触り、形の回り込みや感触を確かめながら描くと、絵に実感となって表れます。顔の美人か否かや色使いより大切な絵の構成要素です。...

夕焼け、町

今日は立って描きました。立つと細部より全体がよく見えます。改めてメインが何かを考えると、手前の外灯と人、これが立ち上がればオッケー。また、道が奥に抜ける空間であるという事。ここに鮮やかな色を持ってきたり、密度を出したりします。ほぼ完成。...

橋げたから川を見る

思い切って背景は浅い塗りのままで。塗りが浅いと下地の白が生きて軽い感じになります。黒系下地の上に塗った橋手前との差を出してみました。差が出すぎると確かに変ですが、やりすぎたら消したり削ればいいのですから、やり足らずにもっともっとと積み上げる状態より、良いと思います。...

自転車(Fくん)

しばらくお休みでしたが、自宅でバリバリ好きな車の絵などを描いて、腕を上げていました。スゴイ!(^▽^)巧くなったなぁ!!基本的な形がスラスラととれるので、ちょっとグレードアップしてみます。水張りしたケント紙に、水彩でラフに色をのせる。乾いてから鉛筆デッサン。背景に淡くあるので色のイメージしやすいのでしょう、フレームの青色のみ、色鉛筆で足してました。鉛筆白黒オンリーより、絵のイメージ全体が膨らみますし、...

少女と猫

模写。比率の失敗をしたくないので、トレースしてアタリをとり、油彩で線デッサン→着彩。猫は得意なので、最初から生き生きとした線がとれます。人物の顔は不慣れではありますが、横顔なので描きやすそう。背景黒は最終的な色。この段階では白を加え、不透明にキャンバスを覆います。そうすることで抜けずに抵抗感も出ます。...

ヘビと蝶

あくまで主題はヘビと蝶なので、これが綺麗に見えてくればいい。他の色はその他の空間として、特に端は出っ張って来ないように調整しました。塗り重ねでデコボコが薄れ、抑揚が少しなくなってしまいましたが、しっかり色合わせをして完成です。...

the earth

下絵を超える動きが出てきました。樹をしっかり重く塗り、白余白を緑で潰します。樹の存在感が出てきたことで、大地の夢というか、そういう側面が垣間見えてきました。絵画的には各シーンが、黒背景に白の画像なのか、白背景に黒の画像なのか、この差は大きいです。また、5つのシーンの入り方で、空のあるものが4つ。滝は空がありませんね。ちょびっとでもあるといいのかも。オーロラはまだ空を感じ辛い。空を感じるための要素は...

トニークリフのスケッチ(特大)

約F40号大のダンボールに何を描くか。鳥好きなので、トニークリフの図版に目を輝かせてトライ。油彩。下地なし。左のツグミはスズメほどの大きさだと思うのですが、でっかく描くと可愛すぎて笑えます。モコっとしたお腹、あどけない表情。雛鳥のイメージ。飛べそうだけどお腹が重くて飛べない感じ。なのにでかい!!50号クラスにワンモチーフでも持つんじゃないかという気がしました。右はなんかいろいろ自由に。もっと広い大き...

光の中のみどりちゃん

セオリー通りに行きます。アクリルで描いた時のように、ここから先は下地を置かず描写。みどりちゃんの毛並みを形に沿って描き込む事で、密度があがるし形も強くなります。背景は塗りがきっちりしすぎかもしれませんが、発色が良く綺麗なので良しとします。(^▽^)ちなみにきっちりしすぎというのは、同じようなタッチや塗りが続く事で単調になることをいいます。柔らかいカーテンとゴワっとした絨毯の質感の差、手前と奥の塗り厚の...

丸いモノ、雛人形

座布団模様を描いて一気に完成が近くなりました。赤い絨毯のサイドを切って、線遠近を演出。色はピンク系に変えましたら、同系色感がなくなって金屏風との対比が綺麗に引き立ちます。後はぶらさがってるモビール人形で完成かな。...

坂の向こうに海が見える

メインで一番面積も大きい道。これをどう描くか。色だけで見せるやり方もありますが、何かは描かなくては密度が出ない。写真を参考に歩道の模様を全部ベタに描いてみる事に。ところで人の目は三角形と四角形は分かるけど、五角形とそれ以上の多角形の違いはパッと見分からないものです。ので、模様はごちゃごちゃ割れていればオッケーかと。それより手前から奥に向かって、小さい形にして遠近を出しましょう。...

ルノワールの花束

いよいよ描写。花は好きなようにどうぞ(^▽^)背景はオーカー色ですが、明るい壁(3次元)、若干暗いテーブル(2次元)と世界が違うのではっきり差をつけておきます。構図がまとまるともう名画の風格(^▽^)。いかに構図が重要かがわかります。...

鳥が飛ぶということ

トニークリフのスケッチ。以前描いたフクロウの絵が、丁寧な仕事にも関わらずどうして飛翔感が出なかったのか、その辺を考えながら描いてみます。...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。