スポンサーサイト

喫茶店で

画面下部が直線ばかりなので、観葉植物を配置してみます。頭を貫通している直線を弱め、背景をもう一度整理。手を確認。残りの時間表情を完成させます。...

ジャミスンの風景

秋頃に描いた風景では、形のはっきりしないものを描くことに抵抗がありましたが、最近では空間、草原を、なんとな~く匂わせて描く、という事が苦にならなくなってきました。(^▽^)…ということで、なんとなくジャミスンの風景。技法練習を兼ねて、浅い色で空、山、何層も色を重ねた近景(花咲く草原)を、風景にまとめあげます。...

静物(モチーフと背景の関係)

軽く小さい絵を描いてみます。2時間半でF3×2枚。ボード。水彩の上に油彩。テーマは『モチーフをシルエットで見る、背景を工夫する』。軽い小品、可愛らしくもあります。張っていた気持ちが楽~になりました。(^_^)...

パーティで(エスキース)

水彩エスキースを+2枚、前回と合わせて計4枚。並べると、自分が何をしたいのかが見えてきます。...

リリーちゃん

勉強くさい課題は終了、久しぶりに自分の好きなテーマで。数年前に描いたリリーちゃんの絵を、もう一度描くことに。スケッチを軽くクレヨンでしてから、キャンバスに描きだし。F6。...

人物スケッチの練習

人物スケッチを練習してみます。Do Art No.1、デービット・ミラードスケッチ帳より。他の画家のスケッチを真似てみることで、大きく省略しても絵が成り立つ事、具体的な省略の仕方、などを学びます。...

夕陽と樹

自宅でも少し制作。手前の草原を大きなタッチとスパッタリングで荒し、樹を描きました。樹の影も難しい。道の白さは、この程度で良いと思います。白く残そう!とすると、平面的に白い道ラインができちゃうので。あくまで遠近を出すための小道具。樹の手前に大きく草を入れて、完成。...

スーラの風景

空があり、大地がある。大地には家が数軒、何本かの樹、そしてケシ畑。これが描かれている内容です。それを点描で描きます。テーマは描写。平塗りと輪郭線以外に、点描や線描を試してみます。スーラの点を写すのは無理なので(^▽^;、そこは最初から目標とはしてません。遠くが細かく色味が薄目の点、近くが荒く濃い点、この差を出しつつ、なだらかなグラデーションができればオッケーです。...

静物着彩

左、自宅制作分。教室でやったことをきっちり、自宅で同テーマで描いてくるところは素晴らしい。右、F10に初チャレンジ。ワーグマン紙、水張り。モチーフは静物(壺、魚、葡萄、柄の布)。軽く鉛筆で構図を捉え、自由に下塗りしてみます。...

寒い日に、池で

空の黄色がちょうど太陽か月のように見えます。風景としては全体の北欧とか北のイメージ。聞くと、場所は千葉公園ですが、その日はとても寒かった、と。寒くて誰もいなくて凍えながらその場にいた、という。それならばと、熱を持たず寒々しい太陽を、地面にも反映させ、強調させてみます。...

ユザワヤ・春の作品展

2012年3月24日(土)~25日(日)、ユザワヤ津田沼校で春の作品展開催。木曜西川クラスは8点出品。お客さまの反応もビビッドにあり、なかなか良い感じでした!(^▽^)みなさま、お疲れさまでした。...

海底、うずまく魚

自宅で黒い紙に描いたスケッチ。何枚も描いて描きたいものを確認します。これを元に、10号(黒地塗り)に描き起こしてみます。外側の丸は、なめらかな曲線にするか、わざといびつにするかは意図しましょう。なめらかな正円あるいは楕円にしたいのに、曲がっちゃったはなし。いびつはいびつなりに綺麗なカーブを。桃色珊瑚はナイフで描き、鋭さを出してみます。枝の間隔が揃いすぎるとリズムが単調。時々離れて全体を確認します。強...

喫茶店で

手を入れた部分は厚みも出て、しっかり描写が効きます。背景の明暗が大分整ってきました。空間感が出ていい感じです。顔は少し目鼻口にこだわりすぎて、もう少し頭部の球体としてのボリュームがあっても良いかな。光のあたってる部分は問題ないので、暗部・影の付け方にできたらもう一工夫。人物のボディ部分はボリュームがあって良いです。(とてもいい感じなのでもっと面白くならないかなぁ、と、講師は欲が出て、ちょっと無理な...

静物-背景の作り方

完成。絵としてもっと密度をあげたいような気もしますが、模写ですし、まだ初心者でもあるので、テーマである背景の構成に意味があることを学んだらそこでオッケー。密度をあげるのはモチーフ見ながら自分の絵で。...

静物着彩

静物モチーフの続き。白(花、カップ)と対比させるための暗色(葉、影)などが入ります。そのとき、色(発色、明暗)の面積をよく吟味しましょう。ものが背景に埋もれず、綺麗に浮き出して見えたら完成。自宅制作分。背景に構成要素が入りました。...

ミラードの人物

風景の中の点景としての人物を描く練習。目鼻口はなくて良し。頭部の球体とボディという、マッチ棒的な形態が出れば良し。元図はデービット・ミラード。色彩も現実色から少し離れ、面白い配色。それにユーモアがありますね!...

パリの街並(2-2)

着彩。手早く広い面積から塗ってしまいましょう。白抜きは神経質に避けたくなりますが、塗ってから筆の先や布で吸い取っても、充分白いです。今塗る面より暗い色の面は、今の色で塗っちゃっても良し。すなわち、空を塗るときに、塔を避けなくていいですし、上記の通り、塗ってからもとれる。その方が作業が早いしね(^_^)v。もう少し続けます。...

海底、うずまく魚

次回作は好きなモチーフを。海の写真集を眺め、そこからインスピレーションを得て、何枚もクレヨンでエスキースを。繰り返し出てきたイメージは、鱗がカラフルな魚、波の渦巻き、桃色珊瑚。バリエーション違いのスケッチを更に重ねて、全部並べてみると、構図の強弱が自然に見えてきます。...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。