ヴェネツィア風景

町と海を描きます。下地はこんなものかなぁ。絵の具の厚みもできました。いよいよ次回からは、描写に入ります。...

【水彩】塗りの練習(1) 空

ウェットインウェットとドライブラシの練習です。左、1枚目の青い空は素早く難なく仕上げました。中、2枚目の空は、要素を全部描き終わったから終了、という感じの絵かなぁ。筆の早さがマイナスに。筆跡はうまくいっているときは「勢いがある」と評価されますが、うまくいっていないときは「やりっぱなし」と言われます。もう一枚トライしてみましょう!右、3枚目は紙を画用紙タイプから水彩専用紙(ワーグマン)に変えてみまし...

【アクリル】塗りの練習(1) 山

今回の目的は、アクリル絵の具の性質を知ることと、空気遠近法的な風景を(写真的ではない)意識して描く事です。(1)アクリルに白を混ぜて、空の色を塗ります。(2)乾かしてから、一番遠くの山の色を作って形をとり、その色で下まで。(3)以下徐々に手前のものを。下まできっちり塗ることで、白抜けも防ぎ、物理的な厚みを出します。(4)ドライブラシで毛を荒立てながら樹を描いて終わり。練習用の紙だったのに、何回も塗り重ね、色を...

シャガールの花束

いろんな表現を自分のものに近づけるため、模写を少し続けます。この方はかっちりとした形よりも、鮮やかに色を厚塗りというタイプかな。さて、まずは主題をきちっと捕まえます。後の十字の窓枠は、ただうにょっと曲がっているだけではなさそうです。全体的に右上に流れていくような…。そう、この画家は画面の中での流れを大事にしているようです。また、白い花・白い壺と似た色が出てきたときは、どちらかを優先し、もう一方は控...

子どものように描く

テーマ、動物を子どものように描く。まず、子どものように描くということはどういうことかを考えてみました。クレヨン → 筆圧が高い。ぐいぐい描くけど密度はめちゃくちゃ。絵の具  → ぴっちり塗るのは苦手。ぴしゃぴしゃ遊びが好き。点描は結構好き。形    → 基本的に描きたいところだけ描く。超主観的。       このモチーフだと多分目鼻と頭の丸さだけ。立体表現や整合性は無視。       後は自由に手を...

大人の塗り絵(43-44)

花は久しぶり。近景と遠景に大きく差をつけること、白系の花の周りの葉をわざと濃い色にし、白黒対比を強めて花を強調ること。この辺を再度思い出します。猫はベット・ボージェソンの色鉛筆画の模写。やっぱりプロの作品は構図が抜群ですね~~。模写は2時間半と時間はさほどかかっていませんが、とても見映えがします。...

マットに色をつけてみる

良い感じの絵ができたら、是非人に見せてください!気に入ってくれる人がいたら、差し上げても喜ばれます。その時、簡単で良いので額装をしてみてください。描いた直後は欠点ばかり目に付きますが、額に入れて、壁に飾って、半年ほど経った頃やっと、自分で描いたその絵の価値が決まってくるんじゃないかなぁ、と思います。さて、今回は額には入れず、色つきマットのみにセットしてみました。1.5mm程度のイラストボードに、アクリ...

【油彩】建物を描く

黒系が入らないと油彩は締まらないので、下地と割り切ってどっしりとした暗色をのせます。空(白)→山(黒)→屋根(白)→壁(黒)→草(白)→近景・草(黒)と繰り返し、明快なリズムを作っています。...

ネコのフジコちゃん(♂)

愛猫スケッチ → エスキース → F4水彩。写真資料なし。写真を使わなくてもスケッチできる環境にある場合は、絶対スケッチの方が良いです。写真は不要です。丸々太った感じ、福々しい顔、華やかで柔らかい背景、とても可愛らしいあったかい絵です。(^_^)...

作業小屋のある風景

マスク技法の練習、応用編。小屋の白を引き立てるため、マスクし後方に濃い色の樹を配置。手前の稲穂は、黄色く鮮やかに。形はなくても良いので色の印象を強く。奥の山や空は、青く淡く、遠景に相応しく。家と、その向こうの山との境が、この絵の中で接地面です。ここをしっかり意識することで、二次元に広がる草原から、三次元方向に盛り上がる山との差を出していきます。...

ピンクの花咲く草原

空・山・大地と、手順は同じ。雲は初試みの為、少々苦戦。前回よりも早い段階でマスクを剥がし、鮮やかなピンク色を入れていきます。...

大人の塗り絵(45)

繊細な色彩と形の花。いろんな絵を模写して気づいた事は、淡い色彩よりも強い色彩が好き、細やかな形よりどっしりした形が好き、ということ。この絵は綺麗に仕上げてますが、民芸品シリーズをやった後では少々物足りない様子です。気が付けば45枚目!頑張ったなぁ!...

ジャンプするイルカ

模写を通して塗りの練習、第二弾。強い色彩、フラットな塗りはとてもアクリルらしい絵です。塗りは、最初は薄い色(色彩、塗り共に)でざっと全体を塗って雰囲気を掴みます。それから徐々に塗り重ね、色の厚みを出しつつ色を合わせていきます。...

二つの洋なしと綿の実

前回模写を参考に、モチーフを設定し、自分の力で描く。応用編。まずは慣れた水彩で作品を作ってみます。構図のミス(形が細長い、配置が曖昧など)を直していきますが、手順が良いですね。油彩の描き出しは、筆で大きく描いて、濃い線と面なのでミスがすぐ分かり、大きく布で消して描き直し、という感じ。それが水彩にも生かされててますね(^▽^)...

ヴェネツィア風景

空と建物の関係は、空が明るく、比べると建物は若干暗い感じ。白と黒の明暗関係を強く意識します。建物自身の明暗・模様は、空より強い対比にならないよう注意です。雲は決まりました!近くの白く大きな雲と、遠くの薄くたなびく雲と差を出し、タッチが風を感じさせます。...

シャガールの花束

ほぼ完。描くのが早いので、一直線に完成方向に。全部要素が入った後、改めて主題の花を描き込み、塗りも厚くします。...

【油彩】建物を描く

完成です。写真が光ってしまったのが惜しい。落ち着いた色合い、かつ白と黒のリズムが小気味良いです。...