スポンサーサイト

模写を通して塗りの練習です。初めてのF8号。いつもより大きいので、いつもよりしっかり塗っていく必要がありますね。まずは体感してみましょう!...

前回模写からの発展型です。舟に釣り人を乗せ、まわりに自由な風景を作ってみます。...

水彩練習(赤-トマト)

自分でチョイスしたトマト。赤の練習です。バックは遠慮しすぎかも。形のユニークさがいい味出してます。...

夕空(油彩)

水彩の後すぐに、油彩描き出し。ウォーミングアップ済みなので、勢いがあります。(^▽^)...

夕空(水彩)

前回の反省を元に弱点克服。課題は白系黒系の強い明暗対比、オレンジのバリエーション。アレックス・マーチン(Do Art No.31)模写。まずは水彩で描いてみます。...

ユリ

描写を進めます。...

空の練習(水彩)

水彩の塗りの練習。空はウェットインウェット、草はドライブラシ。木は幹の印象を大事に、水墨画のように筆に力を込めて描いてみましょう。色違い、山の端違いで、何種類もの風景が描けますね。...

水彩練習(緑のもの)

緑のバリエーション練習~ピーマン。背景も緑系で、全体から受ける印象はとても爽やかです。初めての細かい形~ピーマンの口の所とかにとまどいがありましたが、慣れてくると、細かな部分の方が面白い事に気づくと思います。描き応えがあるという。(^_^)...

大人の塗り絵(17)

今回の課題は植木鉢。広い面積をとる上、濃い茶色なので手順よく、汚い色に見えないよう頑張ります。ずっと色鉛筆オンリーにこだわってきましたが、陶器でつるっとしている・既製品・広い面積を占めるということで、絵の具を下地に。『茶』と思わず、『オレンジ』、あるいは赤~黄色の『濃い濁色系』と考えると、色が広がります。...

大人の塗り絵(16)

紫、緑は得意色。ためらいなく鉛筆が動き、短時間で集中力があります。(^_^)v...

風景と遠くの都市

右下部分に手を入れて完成です。...

カエル

カラーデッサン、応用編。使用画材はカランダッシュの水溶性クレヨン。モチーフはあえて、色彩のはっきりしないものを選んでます。茶系を12色でどう描くか。球体も初めてかな。クレヨンの持つタッチの粗さも魅力がありますし、水に溶かした部分の密な感じは、絵に変化を与えてくれます。...

初めての水彩(YHさん)

初めての水彩。形がもうひとつですが、元気の良さは買いです(^▽^)...

登山道

彼女は間違いなく山に詳しいのです。どんな樹が生えていて、どんな光が射し込み、登山者の気持ちも手に取るように分かるはず。でも思うように描けない…。今回の課題はここ。目や感覚で経験しているのですが、現場で絵を描いたことはなかった。実際に教室から出て外を見て、樹の枝や葉の付き方をまずは観察してみます。葉は下から上に伸び、そして垂れる。幹側には葉はほとんどなく、外側につくため空洞が見えます。テクニックうん...

イルカと牛と

油彩ツヅキ。2週間ほどブランクあって、どうしようとしたのか忘れてました(^_^)困ったときはメインモチーフから描いてみましょう!全体の配色はエスキースを見れば良し。イルカの胸の固有色は白いようですが、強い光と影を意識するならば暗い白になります。背景の塗りは、縦横だけではつまらないので、斜めタッチにしてみました。劇画のような動きが出ます。...

マチエール研究

半切ほどの大きな紙(シリウス230g)を床に置いて、絵の具やインク、カラージェッソを刷毛で塗ったり絵の具を垂らしたりしてみます。大胆に遊ぶ。色を楽しむ。これがテーマかな。...

入学式

背景が一通り塗りが乗ったので、メインモチーフである人物を描きます。目鼻口よりも、左側から来る光を受けて、顔や服の光と影を、固有色を3色に分けて塗ってみます。服の青が強すぎなので訂正。体の大きな形に比べ、服の青さはさほど重要ではありません。人物がマッチ棒のような立体があり、平らな地面の上に立っている感じが大事。そのため、青には弱くなってもらいます。...

あじさい

同じテーマは3枚くらい連作で描いてみます。今度の花は紫のアジサイ。紫は濃い(黒っぽい)色なのですが、濃い系で描いて白い背景との対比を作るか、逆に白めに描いて暗い背景との対比を作るか、考えます。...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。