マグカップ(円筒形の練習)(Fさん)

色は割と淡泊かな。水彩と油彩、どちらかに決めるのではなく、両方トライしてみたいとのこと。オッケー、やってみましょう!(^▽^)...

入学式(油彩描き出し)

エスキースを元に起こします。茶系単色スタート、後半で赤、白。人物はシルエットとしておかしくないか、あるいは配置。道やその他は透視図法的に消失点に向かって補助線を引き、それを利用して木の場所を決定したりします。最後に桜の効果を確認。桜を白く描くか、赤く描くか、メインで描くか、人物の背景にすぎないのか。白っぽく描くことにしたので、その周りの背景は桜よりは暗くなります。...

隅田川沿いの漁船(中盤)

下地を活かした油彩の塗りにまだまだ不慣れですが、やれば慣れます。(^▽^)さて、空は画面上の手前側が濃い青、地平線近くの遠景が白っぽい青です。横タッチで木々を避けずに塗ってしまいましょう。ちなみに青はとても暗い色。青い空=暗い空になることもあります。が、桜は白いので青い(暗い)背景との対比で綺麗に見せることができます。青の上に白を盛り上げ散らしてみましょう。フラットな空の塗りに、ボツボツ盛り上がってい...

登山道(ペンスケッチと油彩描き出し)

  左、隅から隅まで画面全部をびっしり描いてしまうのは、やりきった満足感の割に効果が薄い。細かく描写しすぎて壁紙的。空間感や広がりがないと風景画としてはもったいですね。右、同構図で同じように描いた絵を油彩筆で、白(ジェッソ)と黒(インク)の塗りつぶし箇所を作ります。人は真っ黒なシルエット、近景は草が荒いタッチ、白い日だまり、遠景は全体が白く淡くなってます。エスキースでは一目で分かるこの画面上でのい...

赤い綺麗なバラ

気楽に描くってホント難しい。自分で練りに練った絵は楽しいですが、ここはもうちょっと気軽に描きたいので、なるべく要素の少ない、簡単そうな絵の模写をすることにします。水彩のムラ加減が意外に難しいですが、水のおもむくままの水彩は、同じムラを作るのは無理。本よりも画面を見て、綺麗だなぁと思えるムラ楽しみましょう!...

バラ展開催のお知らせ

バラ展開催中です!!【画廊企画】2011年5月、コーヒーショップでバラ展を。会場:千葉県谷津・画廊喫茶エルミタージュ2011年5月6日(金)~31日(火)(日・月・祝日休)【開催中!!】谷津のバラ園満開時期に合わせて、バラをテーマとしたグループ展です。絵画講師西川のほか、ユザワヤクラフト講師のみなさま、西川教室の生徒さんも何人か出品しています。よろしかったら遊びに来て下さい!。【LINK】→バラ展BLOG...

マグカップ~円筒形(Oさん)

『黒く描きたい』、でもモチーフは白い…。『白』を魅せるために隣に『黒』を置くという白黒対比を使います。モチーフを白く、背景や影を黒く、対比が強く適切であれば、ダイナミックな画面を得られます。もちろん、中間トーンも忘れずに。...

水彩の練習 『緑』 (Kさん)

デッサンはひとまず終了、いよいよ水彩科として始動です。最初のテーマは『野菜』。身近なものを描いてみます。色彩テーマは『緑』。淡い色から濃い色まで、また黄色系から濃い青系まで、緑は幅が広い。ゴロっとしたデッサン要素を失わずに、緑色のバリエーションが出ました。いい感じです!...

大人の塗り絵(3)

ブランク明けに、自ら選んだモチーフは『大人の塗り絵』、ダイソーver.。自宅制作。色鉛筆がちょうど家にあり、軽い気持ちで塗ってみて、出来映えに満足。とってもいい感じです。初めての塗り絵、かなり楽しかったと思うんです。そんな感動が、絵に表れてます♪...

大人の塗り絵(4)

このまま大人の塗り絵で模写をしていくことにしました。どうせやるなら枚数数えよう!100枚目標に描こうよ!!葉っぱの色が丁寧にのりました。花は形が複雑でちょっと難しい。うまくできなかったところが不満??でも特に悪いところがあるわけでもないし、これはこれでいい感じ。時間も来たので一旦この絵はおしまい。ウォーミングアップ期間なので技術も気持ちも無理はしない。枚数重ねて底上げしていきましょう!...

時計

画面下の部品が弱く、遠目で見えません。強めに白をのせ、微妙な回転や遠近より、それが『在る』ことを優先させます。細かい部品が見えてくると、背景の微妙な色の差も見えてきます。...

初めてのドローイング

小さく細やかな絵が多かったので、手を大きく動かすドローイングの練習。F15号大のクラフト紙をイーゼルに立て、自分も立って描きます。絵の具はカラージェッソ、カラーインク、アクリル絵の具など。絵の具を厚く強めにのせないと、茶色のクラフト紙と同化して効果ありません。2時間半で5枚を目標に。なんとなく全部触ったら『はい次!』って感じデス。練習中『楽しい!』という言葉連発したので、試みは大成功です。...

カーウォスキー模写(F8)

カーウォスキーが面白いのは、絵がとても大きいこと。このシンプルな内容で、あっさり塗りでF8号は勇気がいります。こんなに簡素でいいのかしら?という感じ。鉛筆は4B程度。一度で決めずに、あたり描き→ラフ描き→線決め、と、いらない線を練りゴムで消しながら、最終的に線を一本にします。鉛筆の先は適当に尖らせましょう。でも線はゆるくおおらかに。線が決まったら塗りの練習。2~3回で決めちゃいましょう。イーゼルに立て...

鳥~庭木~人物

F4。空へ羽ばたく鳥。印を入れて完成。F4。庭木。初めて描いた自宅の庭。現場描き。下2cmぐらいの青が唐突だったので、地面色のオレンジ系をかぶせると、地面の繋がりができ、絵が大きく見えます。山仕事をする人。F8、描き出し。資料と違い、逆光の人物と背景色の関係をどうするかが見せ所。調子がいいようで、描きまくってます!...

リコーダーデッサン

お気に入りのリコーダー、上だけバージョン。シルエット的な形、立体的な形が早くとれたので、白と黒の固有色の差も出してみることにしました。...

植物(エスキース)

花は次週には枯れてしまう。でも、写真を撮らずに作品を作ることができるだろうか?これが今回の課題です。まず、スケッチを短時間でたくさん描きます。まずは全体図、全体明暗図を数枚。それから細部。花のつきかた、花の前向き、横向き、葉のつきかた、葉の葉脈、枝のつきかた。ここまでは鉛筆・色鉛筆。それからまた全体図。今度は油彩でスケッチブックに。エスキースは2時間半で計7枚。最後になんとなくイメージができてきた...

隅田川沿いの漁船(描き込み)

ここから描き込みに入ります。まずは遠景から。なんとなくスカスカだったので、道路の手前と奥に同じ種類の木を生やし、並木道風に。桜はいっぱい咲かせます。見せ場になりますね。石塀は次回のために、模様を描いておきます。...

入学式

2回目。まずはメインの人物から。それから人物の周りから背景=地面に色を入れます。地面に桜の木の陰が落ちてるのも描きましょう。手前と奥に変化をつけます。次は生け垣。生け垣と道の明暗(手前が白系、奥が暗い→桜の白を見せるため)が逆転してました。光の方向も、左からと右からがあったので、右からで統一します。...

いとこの黒ラブ

茶系のボディはいい色でしたが、黒ラブなのに茶毛はどうかという事で、色を深めてみました。ちょっと紫色が強くなりましたが、地と割り切ってしまいましょう。遠近感は、近くが白黒対比をはっきりと。遠くが弱くというルールにした場合、この絵の中で一番手前に来て欲しい箇所は左足。次が鼻。その後に目や額があります。なので手をしっかり描写してみます。もう少し描けますね。...