Archive2011年04月 1/2

色彩構成実験

引き続き楽にラフに。カーウォンスキー模写。水彩塗りの研究を兼ねて。...

  • Comment -
  • Trackback -

バラの密を集めるネコたち

面白いテーマ(^▽^)最小限の遠近を出します。空、陸ともに、手前(空は画面上、陸は画面下)が暗めで、地平線に近づくほど白っぽい。これは自分で決めるルールです。いつもこのパターンとは限りません。また、影は接地面が暗くモチーフから離れるほどだんだん淡くなるルール。茶系で影を作ると汚く見えますので、黄色の補色、紫系の濁色などを使って、影にも色を与えましょう。グラデはちと難しいですが、頑張って!...

  • Comment -
  • Trackback -

いとこの黒ラブ

バックは綺麗な黄緑にする予定でしたが、フラットな塗りではなく、葉っぱのように線描して変化をつけてみました。黒系下地が効いてます。ワンコとの対比も出てます。...

  • Comment -
  • Trackback -

パンダの赤ちゃん(顔彩・続き)

パンダの続きです。油彩科としては、水彩のあの淡~い感じにいらつく事も多い。なんとなく弱くて消せないし。もっとガシガシッと塗ってドバッと色を置きたくなるんですよね。でも気軽に水彩を重ねるとしたら、透明色の使い方ではなく、油彩の筆で、ガサガサとなすりつけるような描き方や、ジェッソも交えて白を厚塗りするとか、かなり油彩的手法も使えます。いわゆる水彩画を描くわけではないので…。...

  • Comment -
  • Trackback -

ドローイング

F15号程度の大きな画面にドローイング。近所の方から頂いた牡丹を、でっかく描きます。2時間で計4枚。SM、F4と小さめで密な描写をする絵が続いたので、考えも肩もキュウキュウになりがち。たまにはでっかい絵でのびのびと!!違った視点から絵の楽しさを再認識して下さい!!...

  • Comment -
  • Trackback -

カラーデッサン(Tさん)

色が入り、またモチーフが少し複雑な形のせいか、戸惑いが見られました。でも、ちゃんと穴が空いてるし、巻いてる。いい感じですよ(^▽^)!...

  • Comment -
  • Trackback -

川のある風景

同じ風景を早描きで2枚。こちらは小さいバージョン。こちらはその倍の大きさ。しつこい突っ込み描写がいい感じですので、この先は油彩で表現することにしましょう。ファンデーションホワイトでF6キャンバスに地塗りをしてみました。...

  • Comment -
  • Trackback -

カーウォスキー模写

  • Comment -
  • Trackback -

最初の基礎デッサン(Oさん)

中学2年生。しっかりした形態を把握できてます。幼児~小学生は超現実的な絵を元気よく描く、という感じですが、中学生ぐらいになると大人と同じように『立体感の再現』という事に興味を抱き、実際できるようになります。黒がしっかり乗って、強いデッサンです。...

  • Comment -
  • Trackback -

魚の顔

連作の後は、とりたててテーマもないので、ラフに好きなように描いてみます。...

  • Comment -
  • Trackback -

ルノアールの薔薇

今日で完成すべく頑張りました。時間が限られている時こそ、描きどころを押さえ、集中力が出るのかも。いきいきとした、活気ある薔薇になりました。お疲れさま~(^▽^)...

  • Comment -
  • Trackback -

風景(竹ペンスケッチ)

葉っぱや木は面倒くさいもの。スケッチだと飛ばしてもなんとかごまかせそうですが、油彩にしたら多く描き込む箇所です。なのでスケッチでも手数を入れてみます。真っ黒になっても可。こちらは竹ペン+水彩。モチーフが描きやすいのか、空、山、森、手前の藪と、変化に富んでいい感じです。...

  • Comment -
  • Trackback -

パンダの赤ちゃん(顔彩)

顔彩・癒しシリーズ(^▽^)パンダの赤ちゃん。可愛い~~。...

  • Comment -
  • Trackback -

いとこ(?)の黒ラブ

茜ちゃんの親戚筋の黒ラブ。子ども時代。最初に鉛筆デッサンをしたおかげで、油彩に鉛筆が溶け、いい影の色ができてます。ラッキー♪でも、次からはそれがない。影に鉛筆を多く入れるように、油彩でも影の色、光の色と分けましょう。形は線描の方が描きやすい。デッサン(線描)を活かそう!...

  • Comment -
  • Trackback -

バラが舞う(完成)

数がたくさんあったので大変かな、とも思いましたが、どんどん手慣れていって、良い練習になりました。水玉がコロンとこぼれ落ちそうな感じで、触りたくなるくらい。こういう触感的な絵は色気とユーモアを感じます。(^▽^)...

  • Comment -
  • Trackback -

8月の猫

講師が背景に手を入れました。最初の色鉛筆エスキースのイメージで色をつけてみますが、豚毛の筆を使って、タッチを強く入れたり、薄く塗ったり厚くのせたり、少しオーバーなくらい差をつけながら背景に変化をつけていきます。...

  • Comment -
  • Trackback -

油彩のためのスケッチ(竹ペン・色鉛筆ver)

短時間でたくさん描き、細部ではなく骨組みを掴む練習。竹ペンで白黒や粗密を、色鉛筆で大きな色面構成を。小さい絵でいいので、同テーマで早くたくさん描く。いろんなバージョンを試せます。...

  • Comment -
  • Trackback -

隅田川沿いの漁船(序盤)

まずは、水彩と同じように色をつけてみましょう。海の色は最終的に青になる予定。でも、同じような青を重ねていっても深みが出ずらいと思います。ならばちょっと思い切って、序盤に異なる色味をのせてみましょう。隠し味です。...

  • Comment -
  • Trackback -

鳥が飛ぶ

エスキース。F4・描き出し。...

  • Comment -
  • Trackback -

雲海(完成)

色をもう少し重ね、深みを出して完成。...

  • Comment -
  • Trackback -