静物水彩(4)

完成。モチーフよりも、背景の布やテーブル、想定した壁などの広い面積が大変でした。オレンジと緑系で品良くまとめ、描写も一生懸命で好感が持てます。(^▽^)...

ロートレック模写(4)

人物は良いとして、背景がおざなり気味。興味が続かないのかも。四角い画面の中で、主題(人物)を引き立たせるために、いくつかの小道具があります。「座る」を強調するための布。これをしっかりかかないと、床の上のボディが落ち着かない。身体を貫く絨毯のライン。これが曲がっていると床の広がりが出ない、あるいはその黒さが、白いボディを浮かび上がらせます。黒すぎても明るすぎてもダメ。白い背中と暗い背景のバランスを考...

ヴュイヤール模写(1)

具体的なものを描いていながら、色面に還元し、抽象的な側面を強く持つヴュイヤールの模写をします。原版は横長の画面ですが、F10に。構図を適当に操作して、割と自然に収めることができました。使用色はイエローオーカー、バーントシェナ、青の3色。明暗に気をつけながら、とりあえずで構いません、画面を全部埋めてみましょう。...

雪景色

完成です。綺麗ですね!...

ユリ(水彩)

自宅制作の下描きに、色を乗せてみます。モチーフそのものの正確さにこだわるボタニカルではなく、絵画として四角い画面全体のことを考えると、固有色は二の次でいいと思います。まずは全体に色を施す。それから固有色の優先順位を考えましょう。...

ロートレック模写(5)

完成です。年末は予定通り、「早く描く」×3枚のスケジュールをこなしました。油彩は水彩に比べ時間がかかるものですが、描くべきところを押さえれば、タッチが荒くても短時間で完成度をあげることができるはず。では、描くべき所はどこか…。主題にも絡む、大切な要素。名画に接することで、なんとなく掴めたのではと思います。次回は名画ではなく写真(プロの写真)を使って、自分の構成を作ってみましょう。...

蛇使いの女(ルソーの模写)

全体をほぼ一巡しました。ここで終わりでもいいぐらいですが、細部で気になるところが探せば出てきます。少し深呼吸して、どうしても許せないところをちょこちょこっと直すことにしましょう。根を詰めすぎて気持ちが疲れないよう注意です。...

ルノワールの模写(6)

全体に色を置いたので、次は描写です。顔はルノワールの顔に似そうにないので、いっそ自分の好きな顔を描いてしまおう!(^_^)日本顔ですね。古風で可愛いです。...

ヴュイヤール模写(2)

人物のシルエットを確認します。お尻はでかいので、若い女性ではなさそう…。ダンスを踊っているのではなく、下着姿でドレスを蹴り飛ばしているような…。着替えているんですかね。どうしてこんなプライベートな空間に画家がいるのか分かりませんが、とにかく着替えの最中のようです。白と黒を確認し、色を原版に近づけます。...

おしどり

完成です!大きな苦労もなく、さらっと描き上げた感じ。完成イメージが自分の中でしっかりあったのでしょう、ぶれずに最後まで行けました。背景の、色が流れていくような疾走感が見所のひとつ。一方、鳥の毛先がびしっと一本一本立ってる、その対比が綺麗です。...

オカリナ(Mさん)

水彩2枚目。形を捉えるのは早い人なのでさっさとシルエットを合わせ、水彩でいろいろとにじみの実験を楽しみながら塗って行きます。...