スポンサーサイト

模写100枚切り!その2

ジョージア・オキーフの模写。色鉛筆を使って密度が出ましたが、その分ちと疲れました。気持ちが疲れるとついつい価値基準が、美大受験時代のイヤな感じ~~… 一生懸命やらなければいけないだとか、もっと勉強しなくちゃダメだとか、そんなやり方じゃ無意味だとか …思いだしそう。でも、なるべく忘れちゃいましょう!『絵を描いてるとなんか楽しい!』たぶん、これだけでいいんです。義務でもなんでもないんです。...

雪景色

下描きの緑が邪魔して、空と枯れ木の関係が見えてきません。一旦空の色でつぶして、林の上部はその後描く事に。不思議!余計なものを消したら、雪の道や影がとても綺麗に映えます!個々の描写はうまくいってたんですね!...

リンゴ

描写パートですが、どうしたらいいの?、とか言ってます!!(^_^)色鉛筆で描いた貝を思いだしてみましょう。暗部はいろんな色を重ねて暗い色を出しましたが、水彩も考え方は同じです。リンゴの模様も、色鉛筆で線を描くように、細い筆で描いていきます。それっぽくなってきました!...

蛇使いの女(ルソーの模写)

またまた明暗のターン!ジャングルは緑の同系色なので分かりやすいですね。消えかかっている線を確認し、葉っぱの隣り合う箇所が葉っぱより暗い場合、背景側を輪郭を出しながら広く暗く塗ります。その後にある葉っぱはまた、そこより暗い部分を塗る……。こうすることで、より暗い色を段階的に出すことができます。そしてそのまま、遠近の表現となります。...

猫~たたずむ

いよいよ仕上げパートかな。白っぽく厚塗り気味だった画面に、グレージングバニスなどオイルを変えて、透明色を鮮やかに出していきます。猫のボディが白く切り取られないよう注意。影の部分は背景色となじませます。...

鉱水を飲む姉弟

固有色はすでに水彩で描かれているので、油彩は明暗を優先させます。奥の水の出る管の金属色は、まだまだ明暗の差が足りませんが、男の子の横顔がスッキリ見えてきました。足元の水のたまるレンガは、しっかりと暗くして始めて、足元が綺麗に見えます。こういった大きな仕事は少し怖がってるようです。最初に見本があれば手が進むので、なるべく早めに手順見本を示せるよう、講師も気を付けます。(^_^)...

植物の練習

前回、ふわっとした詩的な風景を何枚か描きましたが、ウィークポイントは草原の植物。植物を描いたことがあまりないので、実感が湧かないのも無理はありません。今回は特訓です。茎がすっと伸びる、葉の付き方、などを観察し、鉛筆なしで筆のみで描いてみます。観察が進むと、実感が湧き、色も差をつけていけます。...

ジョニー (水彩・Sgさん)

描写を進めます。花は手前をはっきりと、奥を淡くが基本。たくさんある花は、二つほどハッキリ描いて、その他は淡く。全部ビシッと描くと、絵全体が硬くなります。ピンク紫は、コバルトバイオレットライトが綺麗。セットには入ってないのでばら売りを。ちょっと高価ですが。犬の毛並みは面相筆で、タッチを付けながら。毛足が短いので、点描に近い感じです。...

黄色い花(模写)

着彩。模写元に塗り手順の写真があったので、それを参考に。細部よりも、全体に塗ってみましょう。白抜きは後からでもできます。まずは下描きラインにこだわらず、むしろはみ出すように黄色を塗ります。黄色の上の紫やオレンジ、なんて綺麗なんでしょう!...

時計と彼岸花

手前と奥に花を増やし、流れが抜けているところを補います。背景が決まれば終わるんですけど…。初試みのせいか、筆が進まないのが気になるところ。...

スライム(Jくん)

好きなモチーフ・かつカラフルなスライム。このマスコットを見ながら、楽しく描くぞ~~!!と乗せつつ、講師は秘かに立体の条件を織り込んでみました。うふふ。固有色が何色でも、光のあたる面と影の面、二色に分けよう!足元(接地面)に影を入れよう!ほら、CGみたいに三次元!立体的だ!...

ジョニー (水彩・Sgさん)

右の花はイメージでクローバーと考えていましたが、ピンクの花……、図鑑で調べたら描きたい花はかたばみでした。花びらの数は五枚。確認して描き直します。絵を描いていると植物知識も増えますネ。全体に野原の緑や花の黄、紫を散らし、主役のジョニ子(女の子)をまずは描いてみます。...

植物(模写)

植物描写練習です。鉛筆で下描き後、ペンとインクで輪郭線を描写。強いペンラインで収めきれない微妙な調子は、硬い鉛筆で塗り、定着液で留めて着彩。色数は少ないですが、ペンと鉛筆明暗が効いてます。また、白い花も必ず、絵の具で塗りましょう。ものすごい淡く薄くですが、紙の白は眩しすぎるのです。...

ジョニー (水彩・Sgさん)

愛犬ジョニー。名前はジョニーだけどメス。優しい顔です。数枚の写真を元に、部分をピックして、いいポーズを作ります。背景は花の咲いた野原にすることに。植物の写真集を参考に、左にタンポポ、右にクローバーを散らすことにしました。...

湖畔

自宅で色鉛筆スケッチをしてきたので、それを元に油彩描き出し。この段階で肝心なのは、画面に占める空・山・湖畔・岸辺の面積。細かい描写はいりませんので、大きな筆でざっくり塗って、量を確かめます。...

ブドウ (油彩-Tsさん)

自宅で途中まで描いたモチーフを、教室で直していきます。構成が弱いので、画面全体の中での葉っぱの形、方向性、ブドウのしなりなどの線構成、左右対称でべた塗りになりがちな背景の明暗構成など、スケッチブックに鉛筆で、改めてラフスケッチをして確認します。また、調合油一種類ではマチエールが弱すぎる。油彩らしい艶、塗装技術なども、新たにチェック。...

最初のデッサン(Mさん)

立方体の形をすぐに理解し、描くのがとても早く、背景まで時間が十分にありました。明暗含めて組立が綺麗です。...

リンゴ

赤いモチーフにトライ。二つ同じモチーフなので、一つは向きを変えます。鉛筆デッサンの後、赤~紫で全体を塗ります。...

窓際の女の子と茜ちゃん

細かなツメを。色面だけでは床が持たなくなってきたので、木目を入れます。このラインは遠近感を出す大事なラインですが、なかなか後から入れると整合性が付かない。端まで入れるとボロが出るので、重要なところだけ……、少女とワンコの足元だけ、丁寧にラインを入れます。女の子の服は白やピンクという色が強く、逆光なのに影がなくなっちゃう……。でも、三次元表現よりも平面的表現の方が合ってるようなので、思い切って輪郭線を強...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。