スポンサーサイト

カラーイメージ 結晶模様

塩まき結晶模様に、白や紫の色鉛筆を足します。ぱっと見、どこが絵の具のにじみで、どこが描き足した部分か分からない。一種の騙し絵なのかも。スケッチで完成作品とは違いますが、自作資料として描きためておきましょう。...

カラーイメージ

モチーフなしの完全イメージにチャレンジ。水彩で塗った塗りむら、にじみを色鉛筆で強調。飾り花を追加。並行して何枚もやります。...

シーサー 油彩~描写後半

色がとても豊か。砂地で消えた形を復活させます。形が弱い場合は、抑揚つけて輪郭線をひいてみましょう。...

ひなげし 描き出し

バックは暗くではなく黒く、という方針に決定。黒ジェッソを少し薄めて一気に塗ります。注意する点は、輪郭線を外側からとること。さほど注意しなくてもいい点は、最初の塗りのムラ。中央下の三角形だけ、空間感がなくぺったんこのベタに見えます。塗りむらを消そうと何度も塗る必要はありません。それより乾いたら他の色を重ねたいです。...

いいもの奪い合い(シープドッグ) 描写

背景はまとまってきたので、犬の描写に入ります。上の面、サイドの面に注意を払いながら、丸太ん棒みたいに中身ががっしりある感が出れば成功。...

猫たち 猫の描写

猫の動きの印象的な箇所の周りの背景を大事にします。タッチも色も豊かに。全体の中での疎密、粗さと丁寧さ、軽さと重み。変化をつけつつまとめます。。...

スイレン 後半

全体を見渡しながら、部分がおかしいところ(描写抜け、描写しすぎ、色飛びなど)を探してつぶしていきます。この作業をすると、一旦鈍い画面になりますが(おとなしすぎるとも言う)、ラストで『効かせ』を入れますので心配しないで。...

ユザワヤ 2010春の作品展

クリックで拡大2010年、春の作品展の様子です。 3月20日(土)~21日(日)まで。絵画は6クラス。各教室の違いを見るのも面白いです。...

カラーイメージ 描写

最初は色彩のリズムやイメージで描いていたのに、描けるようになるに従い、だんだんモチーフの具体性が強くなる。具体的になればなるほど遊びが少ない。講師が今回手を入れました。このプリズマカラーは塗り重ねもできるし、小さくまとまらずにどんどん手を入れてみよう。ぐちゃぐちゃになったっていいじゃない(^▽^)...

シーサー 油彩~砂

だいたいの形ができてきたところで、砂を練り混んだ絵の具をナイフで散らします。...

猫 油彩描き出し

ローラーで地塗りしたF4キャンバスに。...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。