スポンサーサイト

トマト、初めてのアクリル

自分の絵は、道具で変わります。透明水彩絵の具の淡さにモノ足りない、繊細さにストレス溜まる場合、子供絵画のようにガツンガツン描ける、アクリルを試してみましょう。アクリルは水彩と同じように、水で描きます。━━━━━━━━━━━━━━━━━━用意するもの。━━━━━━━━━━━━━━━━━━・アクリル絵の具・水バケツ・パレット (紙パレット、絵皿など、でも一番便利は牛乳パックの裏)・筆 (水彩用のナイロン筆、油彩の硬い豚毛の筆も欲しい)━━...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。