絵画教室~制作の過程と記録

Category【木曜ユザワヤ】 1/41

絵画ドリル

スゴイ、ドリルやってきた!!(≧▽≦)エライ!!!!課題は、毎日決まった時間に15分(タイマーで測る)、絵の質やテーマは度外視、とにかく与えられたドリルをこなし、絵を描くことを日課にしよう!!です。(1)1日目。1枚目。鉛筆デッサン15分。...

  • Comment 0
  • Trackback -

水瓶

コーナーの象徴、縁側を外し、平らな構図にしました。なんかすっきりしたし、絵も強くなった!!最近全体の色と、こうすべきが見えてきたようで、とてもとても頼もしいです!!(*´▽`*)...

  • Comment 0
  • Trackback -

短時間で描く練習

写真でも模写でもどっちでもオッケーですが、写真はもちろん、画集に載ってるレベルの絵ってのは、とにかく要素が多くて複雑。画家さんは同テーマでたくさん描いてるうちのベストなので、それを最初に描いてみる時は、要素をばらしてみましょう。まず、一番基礎的な骨組はどれか。画家のついてる嘘はどれか。(6割ホントで4割嘘、みたいな、嘘を付くと良い絵になるんだよね!(≧▽≦)要素を抽出するのに時間をかけて、実際の作画は...

  • Comment 0
  • Trackback -

自宅制作。本人は黒くて汚く濁ったとか言ってますが、どうしてどうして。この、試行錯誤しながら出てきた色ってのは、綺麗なんですよ!!(≧▽≦)なんというか、着飾ってチャラチャラした美人と、働いて手は荒れてるけど底光りする美人…。なんのこっちゃ(;´Д`)まぁそんなんで、この絵は好感度が良いですよ!(≧▽≦)...

  • Comment 0
  • Trackback -

5人組

主に方向性の確認。水彩は下地として淡く塗る。広い面積は2色以上でにじませましょう。水彩で下地ができたら、色鉛筆で描く。色鉛筆は線描で、形をしっかりさせます。密度や完成度より、生き生きとして今にも動き出しそうな人物になることを目指します。水彩にしかできない作業と、色鉛筆の方が向いてる作業とあります。この差を楽しみましょう。(*^_^*)...

  • Comment 0
  • Trackback -

バラのイメージ

紙を切って、バラのイメージを…。おぉっと、何回かやってたけれど失敗らしいです。( `ー´)ノ時々写真撮って置けばよかったな。...

  • Comment 0
  • Trackback -

家のある風景

風景基本の練習です。建物は四角のバリエーション。大きな3つの要素があります。・モノ(三次元的な高さがある。縦タッチ有効)・地面(平面・横タッチが有効)・空間(余白)さて、毎日絵を描くトレーニングドリルを作ってみようと思います。クロッキー・スケッチ練習を兼ねて。...

  • Comment -
  • Trackback -

バラ(模索中)

花の描き方が全部違ってバラバラしてますが、実験中なので気にしない。比較できて良いかも。今回は右下。ド派手で硬い水彩赤を一旦消し、アクリルでアンダートーンと描写(デッサン系)。使用色は、黄系:イエローオーカー赤系:バーントシェナ青系:ウルトラマリン白系:白の入ったピンク系(?)この3色+αを混色して、色彩は出さずにデッサン(形を作る)。デッサンとは輪郭線とって塗り絵ではないですよ!!(≧▽≦)色の仮塗りは...

  • Comment 0
  • Trackback -

石の甕

水の出る竹の大きさが決まらなくて何度も描き直しました。シルエットで面積を確かめてから、細部を描くと良いです。上と下の位置、左右どちらかあるいは中心を決めれば、シルエット決まるですよ。細部や丸さはそれから。白い石がとても綺麗です。(≧▽≦)...

  • Comment -
  • Trackback -

5人組

描写は色鉛筆(線描道具)で描くから、水彩は空間、地塗り箇所に。地塗りなら、濃すぎなければ大胆にやっても大丈夫。色を揺らせましょう。...

  • Comment -
  • Trackback -

バラ

少しブランク空け。お花はたくさん描いたので、多少のブランクでは腕が鈍らない。でも、やや不安定だった部分もそのまま解決はしないか。(;´Д`)全体のグレートーンの落ち着いた雰囲気、花のしっとりとした柔らかさなどがとても良いです!!特に葉っぱの色は綺麗。花はリズムの強弱をつけますが、花の中央は線と白黒で、鋭く細かいリズム、花の外側はゆったりとしたリズム。低音部ですね。中央のリズムより目立たない事が大事。で...

  • Comment -
  • Trackback -

バラのスケッチ

...

  • Comment -
  • Trackback -

...

  • Comment -
  • Trackback -

コンサート

...

  • Comment -
  • Trackback -

桜のある風景

...

  • Comment -
  • Trackback -

バラ

講師着彩。...

  • Comment -
  • Trackback -

うみうし

...

  • Comment -
  • Trackback -

桜、公園(F10)

前回の人物をしっかり入れます。手前の人物を描いたら、必ずその周りを。人のシルエットの中だけ描いても、風景の中に溶け込みません。目線が手前の人物→奥の人物へと誘導されるよう、地面も描く。イメージまとまってきました。これが序盤の仕事。後は描写するとか、色を吟味するとかしていけば、大きな変更はないハズ。...

  • Comment -
  • Trackback -

コンサート(エスキース続き)

人物は何回も描くのが大変なので、コピーして切り取って、バックを考えます。これなら何パターンも試せる。いきなり本番を塗ってイメージを模索するよりも、水彩は特に、別紙でエスキース作っておいた方がうまくいきます。いい感じ。これで本番のイメージがより掴めてきました。演奏してるメンバーは、知らない人にも特徴が伝わるよう、言葉で、箇条書きで書いておくと、よりしっかりしてきます。画面に直接現れないけどね。...

  • Comment -
  • Trackback -

バラ(実験)

金パックでテスト。固有色ばっかり考えてると、バラと背景が同じ明暗になって見づらい。全体を意識して、今回はバラは白っぽくしてみます。つまりはこういうこと。...

  • Comment -
  • Trackback -