バラ

花びらの枚数が多いバラですが、いい感じ。線と影ともう少し分けて考えると良さそうですね。バックはね、何度も繰り返し塗ったり取ったりするのですが、なるべくモチーフと一緒に考える。分けるとペッタンコな空間になりがちだからね。...

ウェディング(完成)

アクセサリーのキラキラに色味を加え、いい感じ。髪の黒を落とし、背景を濃くし、調整しました。ここまで自宅制作。瞳のとこをね、ちょこっと白で入れてみました。球体で、水で潤んだ光り方。カーブに沿って白いライン、そんで星をちょんっと。前のも可愛かったけど、表情が生き生きとしました。完成。(^◇^)...

ウェディング

宝石キラキラを強調するため、アクリル白や銀を厚塗りしました。もうもりもりっと盛り上げ。そして少しだけ影を。あんまりいっぱい入れると、金属・宝石系のぎらっとした発光してるような光が弱くなっちゃうので、描くとこはなるべく少なく、線描系で。頬紅はもうお化粧してるみたいに、色鉛筆でガサガサっと、紙の目の上にのせる感じ。ピンクもやりすぎると影っぽくなっちゃうから、ここも筆を惜しんで。首の後ろと肩の関係を見直...

ウェディング

新しく買った黄色い透明色、ニューガンボージが背景で面白くて試してます。あ、でも透明色だから、薄塗りの方が効果発揮しますよ~~。透明色は薄くが綺麗、空気感、不透明色は厚くで力強い物質感、って感じかな。たとえば影や物に、あんまり透明でクリアーな彩度高い青使っちゃうと、ステージライトみたいに透けてる影色になるので、物は抵抗感出したかったらやっぱりちょっと濁色になるよね。そんで不透明にしたい場合は、白を入...

ウェディング

淡すぎて写真に出なくて残念ですが、ウェディング第二弾!F6。シルエットはトレースして、形よりも雰囲気、水彩って色がとっても綺麗だわ~~~…!という感じで行く予定です!(≧▽≦)...

リンドウ

モチーフを見ながら背景も絵画的に構成するのは大変ですが、背景を描く時はモチーフ見ないで、画面だけ見てやると上手くいくかもしれません。...

永山さんの椿

カッコイイな!本と実物サイズと、自分の画面サイズを吟味しながら、元絵丸写しではなくて、あんまり小ぶりにならないように構図を工夫。バックと、モチーフ強弱の研究。...

リンドウ

よく観察したスケッチ。安定感があります。これを作品化するときは、バックつけたり構図を凝ったりできる。スケッチの場合は、素直に見て描き写す感じ。使い分け。...

ひまわり(完成)

抜群に綺麗です!なんかこう、絵に色気がある感じ。(^◇^)いつもは強い色が飛び出したりしちゃうのですが、冷静に制御され、強調箇所が主題と噛合ってます。ラスト、少し抜きすぎたところを淡くかけて、完成。カッコいいです!!...

ひまわり

2枚目、アトリエ制作分。1枚目。自宅制作分。1枚目を振り返り、もっとこういう風な感じにしたいと、ハッキリイメージ持って、言葉でも語れるのが素晴らしい。葉っぱを大きく、数を増やして無秩序な感じにして、お花屋さんのでなく路地ものだよー、を強調。色合いは淡く。空間感が出ます。優しく上品な紫で、粗野な路地ものイメージを一新。ミスマッチで不思議な感じもしますが、謎めいてていいかも。絵には謎が必要だかんね!(...

ウェディング(ver3-1)

首から上の、頭と顔だけ。こちらはがっつり描写してみましょう。でも序盤は立体優先で。ほっぺの変化ばっかり追っかけてると、表面的な皺やわずかなデコボコ強調で、老けた印象になるので注意です。描写と言っても、柔らかくふわっといきましょう!目元はがっつり描いて良し。...

ウェディング(ver2-2)

前作の反省を元に、背景を少し暗くし、白いドレスの影色を淡めに。顔のハイライトは前回と同じように鉛筆で。どちらも美しい。シアワセな花嫁さんです。見てる方も楽しい。(^◇^)プレゼントは2枚のどちらかにしようと思いますが、似てる、似てない問題を解決するため、顔だけverも作ります。...

ウェディング(ver1-3)

1枚目。顔は淡く。最後にとがらせた2Hの鉛筆で、目元をくっきり。この程度で充分顔は強くなります。絵具でぼちゃぼちゃ描くと描きすぎるみたい。利かせは面積小さく鋭く。色がクリアーでいい感じです。...