絵画教室~制作の過程と記録

CategoryKさん(水彩~色鉛筆)【水】 1/1

グリーティングカード

画像なしですが記録。プレゼントに添えるハガキ大カードを描こうと思います。上半分はメッセージ、下半分に絵。適当な紙に実際に描いてみて、大きさやどのくらい描けるのかを確かめてみます。それから本番。候補は、鳥、花、観葉植物など。飼い鳥の写真を用意してもらって、色鉛筆で描くことにしました!楽しみですね!(^▽^)...

  • Comment -
  • Trackback -

静物~果物と野菜

本格的水彩紙、WaterFord・F4スケッチブックと、ウィンザー&ニュートンの水彩絵の具を購入して初めての透明水彩画!薄塗りの発色が抜群にいいのが特徴。最初は淡く塗り、少ない筆数でもかっこいいです。意外に果物より背景塗っている事が多いのも、絵手紙などと違う「水彩画」ひいては「絵画」の特徴。より、デッサン・写生 → 絵画らしくなりました。次回は水彩という道具の特徴を活かした絵を、少し描いてみようと思います。...

  • Comment -
  • Trackback -

野菜の練習

樹や葉っぱと違い、ゴロッとした量感、重さが特徴。野菜系は初めてなので、とりあえず描いてみます(^▽^)。...

  • Comment -
  • Trackback -

枝と葉

F6に大きく丁寧に描きました。水彩は限定三原色。具体的には三原色×二種類ずつで、絵の具の色六色。黄(レモン黄、黄)赤(バーミリオン、ローズマダー)青(ウルトラマリン、セルリアン)色を作って試し紙で試し、少しずつ塗ります。とても誠実感のある絵に仕上がりました。いい感じ!(^▽^)...

  • Comment -
  • Trackback -

葉っぱ(色鉛筆)

秋なので、紅葉した葉っぱを描いてみます!!紙はF6と葉っぱモチーフにしては大きいのですが、画面いっぱいに大きくいれました。大きい方が葉脈の二本線など、細かいところ描きやすいです。でも、色鉛筆なので広い面積を塗るのは大変。次回は水彩にチャレンジ!...

  • Comment -
  • Trackback -

初めてのカラーデッサン

前回同様、『らしさ』をテーマとしています。この貝はお得モチーフ。巻いてて穴が開き縞模様をつければ割と簡単に『らしさ』が出ますから!(^▽^)黄、赤(ピンク、赤)、青(水色、青)、緑(黄緑、緑)、青紫、計8色で着色。縞は茶っぽい色ですが、茶・黒は今回使いません。塗り重ねで茶色は出ます。いろいろ重ねてみましょう!...

  • Comment -
  • Trackback -

円筒形の練習

立方体の応用編。ほんの少ししかない上面を省略せずに意識すること、楕円の描き方実践、輪郭線がない箇所での立体強調表現などの練習。…などですが、そんな難しい事は置いておいて、らしさが出ればオッケー。軽い感じで言ってますが、うん、これが一番大事です。絵に必要なのは、まずは『らしさ』。その上で、平凡なモチーフを極上の美しさに魅せる『嘘』もつけるのかなぁ、と思います。うん。これができると面白そうだ!!(^▽^)...

  • Comment -
  • Trackback -

初めてのデッサン

初心者の課題として、葉っぱとどっちをやろうか迷ったのですが、立方体にチャレンジしてみます。きっちり描く、描きたいという気持ちが強く出すぎて途中手が動かなくなる事もありましたが、しっかりした立方体ができました。(^_^)v...

  • Comment -
  • Trackback -