歌舞伎(F40)完成

写真写りがイマイチですが、原画はカッコイイ!完成です。途中で思い切って激しい仕事をしたので、それを活かします。大人しくは仕上げない。ラストは微妙な調子に変化をつけて、複雑に。目を惹くんじゃないかと思います。...

お人形と天使

まだどうなるかは未定。大作合間の小品なんでのんびり行きましょう。講師的不満は、天使の羽は肩よりだいぶ上に盛り上がると思うんだよね、そうしないと飛べないじゃん、みたいな。(*´Д`)あとは、天使を光らすか。後光が差し、それが人形にも差し込むようなら、人形の顔の色は暗い方がいいかもね。とかですかね。(^◇^)...

歌舞伎(F40)

前回ローラーで絵を壊すように乗せた激しい色彩を、今回ヤスリで削ったり拭き取ったりグラッシしたりして、抑揚をつけて、元絵の持つ複雑な色合いと合わせます。仕上げ間近で勇気ある色合い、これは乾けばすぐ活かせて油彩らしい描きっぷり。カッコいいぞ!!(≧◇≦)...

人形と天使

歌舞伎の手が空いた時に、じわっと加筆中。まだどうなるかは分からないけど、楽しみ。頭身にだけ注意してね。...

歌舞伎(F40)

前回、穏やかなグラデーションが入って追いついた。これも必要。今回は暴れてみます。激しい色がカッコよく決まったところで終わりにしたい。...

人形と天使(F6)

天使は立ってるので、頭身が分かりやすい。4頭身以下はちょっとおかしいかな。5等身くらいは欲しいです。...

歌舞伎(F40)

利かせの色を入れます。面積は小さく。絵具を置く。周りの色からあまりにも飛び出すようなら、中間トーンをはさみます。...

人形と少女(F6)

40号の合間に、ちょっとずつ進め中。...

歌舞伎(F40)

左上の渦巻きは、ヤスリで削り下地を出しました。歯ブラシで白青っぽい絵具をチューブからそのまま置き、画面で色調整しています。...

【技法研究】, 背景の工夫,

歌舞伎(F40)

まだ〆切まで時間があるので、ただ絵を詰めて完成に近づくのではなく、やりたい事はいろいろやってみます。左側に印象的な光を入れましたが、まぁ強すぎるよね。強いのは乾けば削りもできるのでちょっとほっといて、どうしたらよいのか良く分らない微妙なトーンの練習を。右と左下は、印象的な光と顔を引き立てる役になるわけですが、画面の中で目立たない広い面積の色(グレートーン、中間色)で、浅い空間を。これ、地味な色を明...

人形と少女(F6)

イメージを練り直し中。...

人形と少女

下が空きすぎるようなので、少女を描き直します。もう少し大きくして、人形に少し重なりがあるといいんじゃないかな。...

女の子(F8)

写真がピンボケですが描き出し。まだどうなるかは未定。...

歌舞伎(F40)

詰めの作業がちょっとムツカシイ。...

歌舞伎(F40)

緑から赤へ。...