日本人形

最近、自分の好きなモチーフを積極的に描きまくって生き生きとしてます。自宅制作分を教室仕上げ。絵の具を新規購入。顔彩、青金、赤金、銀、緑、など。ふんだんに使います。黒髪に銀はちょっと面白い。背景は淡い赤一色だったので、オレンジ系を足しました。梅の花は入り方がちとマズくて、髪の毛の一部みたいだ。でも今回は直さなくていいでしょ。女の子可愛いから。...

【技法研究】,

舞妓さん(F4)(完成)

大部分自宅制作。透明水彩。派手にしたいので、着物の柄はアクリルの金・銀で着色。ついでに五重塔や草にも、銀を入れてみました。オッケーですよ、でも空はやらない方がいいかもですよ(*^▽^*)最後に顔を入れて完成。なんかステキ。...

舞妓さん

和に詳しいので、着物ガールを。五重塔はちと卒塔婆みたいな形だったので、もう少しシルエットを合わせよう。屋根は正三角形じゃなくて、平べったい感じ。着物の柄を描きたいということで、今回はチマチマ部分的に攻めていくことにしました。日本画顔彩の金と赤を、あまり水でびちゃびちゃに薄めずに塗る。あ、写真撮った後に緑を塗りましたね?(;・∀・)日本画顔彩の緑は渋めで日本の景色にホントによく合う色だよね。...

結婚式

なんか面白い絵を描いてきました!独自の世界観ですね~。背景の緑が複雑でとても良いです。...

【技法研究】, ,

花と女の子

途中まで自宅制作。モチーフや表情が抜群に面白いです!背景の青や、手前のもやんとした緑がちとグレートーンすぎるか。水彩の上から、水溶性クレヨンで、ベタ塗りではない質感を出して見ました。色も鮮やかになるし、抵抗感も出るし、いい感じになりました。(^◇^)【参考】画材の紹介カランダッシュ 水溶性クレヨン水で溶けるパステルみたいなクレヨンみたいな、色鮮やかな描画道具。講師が持ってるのは88色ですが、なかなかに...

少女

ブランク空け。久しぶりなので、まずはカワイイ着物ガールをラフに描いてみます。模写。...

アジサイ

ブランク空け2枚目。花に比べて葉っぱが非常に貧弱だったので、大きく、また花と絡めて配置しなおしてみました。時間がない時はバックはなくてもいいですよ。リハビリ終了なので、次回からは自分のやりたい事を。今までの作品を見てみると、山が特に好き、絵も冴えてるので、山シリーズ再び!どうですか。...

ポット

お久しぶり!!ブランク空けなので、感触忘れちゃってるかな?落ち着いて静物を。...

キンカン

1年ぶり!!また頑張りましょう。(^◇^)久しぶりなので静物。植物はたくさんやったので、原点はここかな。だんだん思い出してきました。...

水彩, 風景, オリジナル, 模写,

夕刻 (鏑木清方より)

元絵は水墨画なのですが、夕方のイメージを膨らませて、自分の色で着色してみました。人物はマスキング。交じり合う色が綺麗ですね!(^◇^)...

水彩, 模写, 風景,

夕刻 (鏑木清方より)

着物を着た人物と風景、というテーマで、好きな日本画作品(水墨画)を元に描いてみます。人物は別紙にバラで一人ずつ。橋げたの組み方も。後ろに何があるのかも確認しながら。...

水彩,

ボッティチェリ模写

テーマは、輪郭線の中身である、ボリュームを描く。顔は目鼻口ばかり気になりますが、まず頭が球体としてある。ボディが丸太のように中身が詰まっている。これが西洋絵画の考え方。優美な線中心の日本画とは少し違います。どちらも学んでみましょう。...

水彩, 風景, 模写,

風景模写

配色が面白いスケッチ絵があったので、ちょっと真似して描いてみました。形はあまり気にせず、なるべく早描きで。...

街と人

 山や風景が続いたので、ちょっと違うものにチャレンジ。建物がちょっと複雑で難しそうですが、四角の応用です。窓はおまけ。分からないものは描かない、描くなら何を描いているのか(屋根の手前側とか奥側とか)理解する。この辺がコツです。人は頭身に気を付けて。服の色は絵に合わせて自由に設定しましょう。...

山のイメージ

正月休み中イメージを溜めてきたので、資料なしで描いてみようと思います。写真もモチーフもないと最初怖いけど、別に慣れればなんでもない。トライ!!。コツは同じテーマのものを何枚も描き、イメージをだんだん育てる事。具体的には小さい紙に、割とラフに。同テーマの色違い、構図違いを何枚も描く。すると何か物足りない。一番大きな不満や失望、それが多分描きたい事。今回は山の形や空気遠近に不満はさほどないけど、色につ...

山のイメージ

山を描くために、まず水彩紙系スケッチブックでイメージを作ります。その後、本番用色紙に描きますが、実は色紙というのは和紙が多く、マジックで寄せ書きや、墨で書を描くにはいいのですが、水彩で淡く塗るには色が下まで抜けすぎる、紙が毛羽立ちすぎる。そこで今回、ジェッソで覆い、目留めをしてから描きました。面白い感じにまとまりましたが、やはり水彩紙が一番良い支持体ですね。...

山の連作

登山が趣味の方。最近行った山を、早速描いてみます。ハガキ大。写真が元なので、水彩技法の復習を兼ねて。(1)山の塗り重ねで近景を出す。手前に来るほど濃い(2)遠景は空と溶け込むほど淡い(3)固有色(山は青、空は黄)などをはっきり色分けすると画面が割れやすい(4)樹は水を少な目に、エッジをたてる。チェックポイントはこんな感じです。(^▽^)...

ジャミスン、ヒナギクのある風景×3

ハガキ大同時進行。絵の具が乾く間に、隣の絵を触ります。マスキング。3枚あるので、少しずつ色味も変えてみました。2枚目は秋のイメージ、3枚目は夏のイメージ。固有色よりも全体のイメージ優先で、自然調和する色もいい感じ。...