絵画教室~制作の過程と記録

CategoryOさん(大学生、油彩) 1/1

セザンヌの風景

油彩初チャレンジ。F8号。セザンヌの模写をしてみます。この絵は構成が分かりやすい。樹が三本とその間に空間。色は緑のバリエーション(緑は暗い緑、中間、明るい緑、と4~5色)が出せれば良し。まずは油という泥っぽくて重い絵の具の使い方、水彩系のようにすぐに乾かない事から来る塗り重ねの手順に慣れていきましょう!...

  • Comment -
  • Trackback -

卓上静物

前回の写真を撮り忘れましたが、2回目。前回より大きく密度があがって完成です。紙はシリウス。初めてのアクリル。(1)最初は大きくシルエットをとり構図を決め、全体を塗りつぶす。(2)モチーフを上面、側面-1(光面)、側面-2(影面)と分け、個々の描写をしていく。手順としてはこんな感じです。アクリルの特徴として、色がぱっきり出ますね。また、乾きが早いのであまり手順に気を使わなくてもいいのが楽です。次回は油彩にチャ...

  • Comment -
  • Trackback -

卓上静物(色鉛筆)

引き続き色鉛筆。モチーフは緑系で統一。複雑な個々の固有色ではなく、まずは形を追いかけてみます。上の面、側面1、側面2と意識し、白っぽい緑>緑>暗い緑の3色に分けてみましょう。どーんと重い存在感がいい感じです。...

  • Comment -
  • Trackback -

カラーデッサン(Oさん)

デッサン三枚目はカラーデッサン。手順は途中まで一緒。画面にアタリをつけ、線を決め、明暗を大きく二つに分け暗部を軽く塗り、影を設定。模様を入れる。ここまでは軽く、ラフに。ラフに描く理由は、まだ途中変更の可能性があるからです。変更するかどうかは、全体を見て決めます。それから色を使って。赤、青、黄の三原色、橙、緑、紫の二次色と、その淡い色、約10色で描きます。茶色は使わない。茶系は作れます。光があたってい...

  • Comment -
  • Trackback -

円筒形の練習(Oさん)

円筒形。楕円が思いの外難しいですが、まずは慣れですね。歪みに気づいて、どこを直せば良いか分かるようになると、目が鍛えられている事になります。塗りは立方体と同じでまずはラフに、4色に塗り分けます。それから境目のグラデーションを。...

  • Comment -
  • Trackback -

最初の基礎デッサン(Oさん)

タッチが荒く黒々として、見るからに油彩向き(^_^)v描いてて楽しくてたまんない。絵にエネルギッシュなものを感じます。...

  • Comment -
  • Trackback -