絵画教室~制作の過程と記録

CategoryAさん(大人の塗り絵-水彩) 1/4

少年

この荒さは結構いいですね!鉛筆の下描きでは表せない、形の中身が詰まってる感じ。表情もいいです。黄色は鮮やかさを優先すると透けてしまって形にならない。少し色味を落として落ち着かせます。...

  • Comment -
  • Trackback -

ネコ

久しぶりです。愛猫スケッチ。思い入れを感じます。...

  • Comment -
  • Trackback -

前回描いたリンゴの別バージョン。果物は梨。大きさはF6。何度も描くモチーフなので、感覚的に、形にとらわれない一体感のある地を作りました。この辺はベテランだよね!地が出来たらメインモチーフの描写。中央の形が前に出てこない問題がありましたが、固有色は抑えて形を意識してみましょう。まず、赤道から下の南半球は夜(暗い)。北半球側中央は透けないよう不透明色で厚塗り。物理的に厚く塗れば(両端の塗りは薄い)、た...

  • Comment -
  • Trackback -

ピカソの夢

完成です。終盤、色合わせが少し必要でしたが、あまり悩まずどんどん筆が動いていい感じです。(^_^)...

  • Comment -
  • Trackback -

2作同時並行で。

  以前描いたリンゴと木目の静物画が、夏向きの色彩だったということで、冬向きにもう一枚描くことにしました。こういう発想が結構面白いです。(^_^)今度は梨で。ピカソの夢ももう一枚。今度はアクリル系で塗って、一枚は手元に、一枚はお世話になった方にプレゼントしようかな、と考えています。二枚同時進行することで水彩の乾燥待ち時間をフルに使え、精神的にも飽きたら次、とか、思い入れ高じて細部に突っ走りすぎとか、そう...

  • Comment -
  • Trackback -

ピカソ、夢

久しぶりに復活。F6スケッチブックに大きく、ラフに描いてみます。着彩は色鉛筆。アクリル絵の具と迷いましたが、好きなモチーフですし、もう一枚描いてみることにします。...

  • Comment -
  • Trackback -

アクリル練習 桃

F8。今までで最大。色鉛筆と違って筆で描くときは、ある程度大きい方が描きやすいかなと思います。大らかな気持ちで、モチーフも気持ち大きく描きます。絵の具はたっぷり使います。(^▽^)...

  • Comment -
  • Trackback -

アクリルの練習

手順を追いながらアクリル演習。ホルベインのアクリラガッシュ(不透明)を使っています。背景の木目は面倒なようですが、それがあるだけで見栄えがします。こういう細かいモノは描いたもの勝ちなお得モチーフ。色味はスケッチブックに試し塗りしながら進めますが、失敗したら上へと重ね塗りしてカバーできます。その辺も不透明アクリルは耐水性だし便利だよね。...

  • Comment -
  • Trackback -

カモメ、青い空

画集を見ながら短時間でたくさんスケッチをして、気に入ったものに色をつけてみます。WaterFord紙、水彩、ハガキ大。でも、もう少し大きな紙にアクリル・ベタ塗りでもいけそう。迫力出ますよ!...

  • Comment -
  • Trackback -

花(アクリル-3)

前半一時間弱で完成。背景に使い慣れた色鉛筆でタッチを入れたことで、複雑な色合いと空間感が出ました。近くで見ると粗いのですが、遠目でみるととても綺麗。それでいいんです。(^▽^)こういうタイプの人は、大きな絵の方が描きやすいはず。次は6号くらいにチャレンジしてみましょう!...

  • Comment -
  • Trackback -

花(アクリル-2)

花との白黒対比は、花が暗くて背景が白いのか、それとも花が白くて背景が暗いのか。その暗さ、白さはどのくらいか。この辺を、絵の中で考えます。背景は白い花より暗く、黄色い花より白い、ということで決定。そのため、前回塗った背景を全体的に白く塗り直し、黄色い花は少しオレンジを濃い目に描写。もう少し続けてみます。...

  • Comment -
  • Trackback -

花(アクリル)

アクリル画に初チャレンジ。今、花の色を背景が似すぎて(色相・明暗ともに)花が前に出てこないです。ここからどうリカバリーするかで、アクリルが便利で継続して使ってみようか、水彩の方が好みか、分かれるかな。(^_^)水彩は塗り直すと色が禿げて困ることがありますが、アクリルは乾くと耐水性なので、そこは便利です。色も強いし、向いていると思いますが、こればっかりは好みですね。...

  • Comment -
  • Trackback -

サボテン

ペラ紙だとうねって描きづらいため水張りしました。サボテンと背景の色味(明暗)が似すぎているところは白ジェッソで白さと厚みを出します。ペリシア色鉛筆は色味が濃いので、水彩の上から部分的に重ねてみました。完成(^▽^)...

  • Comment -
  • Trackback -

洋なし×2

背景作りが面白い。同じモチーフで背景違いを何枚か作ってみました。ハガキ大、色鉛筆。...

  • Comment -
  • Trackback -

サボテン

試しに水彩紙を変えてみます。ワーグマン紙 → WaterFord紙。ワーグマンの方がパツッとした強い色合い。WaterFord紙の方が深い色合いが出ると思います。何回も取ったり塗り重ねするならWaterFord。講師はWaterFordではないともう描きたくないくらいこの紙が好きですが、値段もアルシュについで高いかも…。それだけの価値はありますけどね!(^▽^)背景が暗いと絵が重くなるので、どのくらいの暗さが必要なのか、モチーフより少しだけ...

  • Comment -
  • Trackback -

かわいい猫

憧れのイラストを描いてみよう!というテーマですが、いきなり移行せず、絵画視点からかわいいものをまずは描いてみます。イメージだけで描くのではなく。モチーフを組み、観察を基調として。明るく溌剌とした黄色が鮮やかで綺麗ですね!もう少しだけ描く予定。...

  • Comment -
  • Trackback -

ヒマワリ

背景を自分の今一番気に入っている色を塗りました。活気ある感じで綺麗。いい感じです!(^▽^)...

  • Comment -
  • Trackback -

ヒマワリ

F4水彩。花を時間内に一生懸命描きました。バックを工夫しよう!という目標があるので、ここで終わりにせずに自宅でもう少しやる予定。...

  • Comment -
  • Trackback -

しだれ梅の実

久しぶりの水彩。モチーフやビンはバリバリ形がとれるので、描くのが早いです。余った時間でバックを工夫してみます。こういうリアル系の絵は、モチーフ描写ではあまり差がつかない。オリジナリティを出すとしたら、バックなのかなぁ。左の四角が面白いです。いろいろ試してみましょう!...

  • Comment -
  • Trackback -

花のスケッチ

ハガキ大、1時間弱。さらさらっと描いてます。(^▽^)もう『大人の塗り絵』のように下絵がなくても、自分でどんどん線をとって塗っていける。学生の時に経験があるとはいえ、この情熱の復活は結構スゴイと思うのですよ。(^▽^)...

  • Comment -
  • Trackback -