【技法研究】,

ユウガオ

道の駅で、カンピョウの原料ユウガオの実をゲットしてきました。面白いな、講師は初めて見た~~(; ・`д・´)どかっと置き落ち着いて描く。着彩段階で、背景でミス。色がモチーフと割れすぎる。補色対比を狙ったと言ってみましたが、地色や中間トーンのない補色だけの強い対比は危険~~。失敗率高い劇薬です。中間トーンを増やしていきます。まず、塗りが濃くて密度高いモチーフと、白残しの背景との対比が強すぎるので中間トーンを...

家のある風景

自分のエスキースを元に、写真などは見ないで描きました。なんかいい感じ♪...

世界の家から~タスマニア

主題の家を描く、その他はボカす、小さい絵ですし、全部がっつり描かない方が良い感じになりました。後ろの森は黒が強すぎたので、硬い豚毛の筆でかきとって、山に変更。でも、あんまりゴシゴシやる必要はないですよ!!紙が剥けちゃう。どちらかというとうるかしてから叩く感じ。手前の丘の傾斜、頑張って出たので、家が傾いでるのが気にならない。むしろ、大変な急斜面に立ってるんだなぁ、という感じ。色も綺麗だし、いいよん!...

家のある風景

家の手前の空間や丘の傾斜を意識します。必要なら補助線引いて、ゴルフや地図の等高線みたいなヤツ、そこで地面がどこにあるのかどういう傾斜なのか分かったら、それに沿って草を生やしたりすると、いい感じになります。...

ドラゴンフルーツ

モチーフ持参。面白そうだったから買ったそうだけど、形態が面白かったというよりは、鮮やかな色が気に入ったみたい。なら、もっとそういう気持ちを強く出してもいいかもです(^^♪...

お花屋さんのお花。白バック・ボタニカル風に。しっかり観察してそっくりに描くのは、とっても落ち着いていいと思います。気持ちを割り切って。デッサンと作品と目的が違います。作品にしたい場合は、2枚目以降に。(^^♪...

いちじく

お久しぶりです。久しぶりの時は難しい事はやらずに、素直な気持ちで静物を。背景ナシ。モチーフの中だけを描くのではなくて、モチーフの周りの空間まで気を使ってあげます。接地面を描くと、テーブルが感じられ安定します。あとは自宅で続き予定。...

カーウォスキーの風景

1年ぶり。(^◇^)ブランク空けでやりたい事は、色だった、という事実。色を塗るのは楽しかったという記憶。これからも、堅苦しい形はほどほどで、色派で行きましょうよ!...

好きなモチーフ, 模写,

小堀進の水彩風景

絵の具はガッシュと透明水彩と若干違いますが、持てる道具で素直に模写していきます。聞けば、10年以上前に、この小堀進さんの世界を30号で模写をしたことがあるそう。原点なんだなぁ。疲れた時に戻る場所。大事にしていきましょう。...

好きなモチーフ, 水彩, 風景, 模写,

霞ヶ浦の夕陽

模写。元絵は不透明水彩で、強い色合いとラフな形が持ち味の作家さん。(名前次回までに確認します)強い色合いに引きずられ、ただの色分けになる恐れ。なので、キーワードを箇条書きにして、それがエスキース。模写元の本質を捉えようと心がけ、それから描きます。【夕焼け】高く、横に奥に広がる空(空間)。澄んだ空気。【霞ヶ浦】日本第二位の広い湖。関東平野で高い山がない。風。海とは違うさざ波。綺麗な空気→夕陽鮮やか。...

水彩, , 写生,

葉牡丹

葉牡丹のスケッチ。最初は写生に徹するのがいいかも。気に入ったモチーフだったら、背景を作るなどの発展型へ。...

水彩, 風景,

『家と生け垣』~花を描く

花部分だけ。雰囲気在ります。(^◇^)...

水彩, 風景,

家と花の生け垣、エスキース

まずはラフに描いてみます。興味があるのは、赤い花がチラチラある景色のようです!...

水彩, 風景, 模写,

道、木漏れ日(フォスター・カデル)

意外と難しい??(;´Д`)家や樹を克明に描くのは、静物画で有効な細密描写。風景画に必要なのはまずは奥行かな。奥行を出すのに一番大事なのは地面。表現に有効な技法は空気遠近かな。線遠近は、せめてアタリをとってから。実景スケッチしてみれば分かりますが、手前の樹を見ていたら、左の家の窓なんか見えないです。細部は結構なんにも見えない。それが風景。...

水彩, 風景,

ラベンダー畑(2)

実際にある風景を元に、かなりアレンジしました。白抜きの雲の調整をして完成です。...

2日(火)分アップしました。

12月2日(火)午前午後分、アップしましたす。一人分写真取り損ないました。20号×二枚で面白かったのに残念。...