三羽の鳥、果物をついばむ

構図を練りながら。背景のイメージを膨らませていきます。秋。紅葉。赤とか。落ち葉。樹。にぎやかな。どんぐり。などなど。...

お滝不動尊(F8)完成

水に映る影が、部分的だったので直します。影は映るなら、建物だけじゃなくて樹も映るハズ。同じ空間だからね。賑やかな夏、という感じです。(^◇^)...

3羽の鳥(F8)

構図と描写の練習がしたいので、ラフの中からあえて少ないモチーフを選んでみました。単純なようですが、鳥の配置、リンゴの大きさとの関係にまず気を配り、何度か描き直します。いつもより大きめなので、鳥の羽までしっかり描写ができるぞ。...

公園(ラフ)

この方はスケッチブックに物凄くラフを描く方なので、新作どれにしようか、迷うのもまた楽しい。これは得意な構図ですね。...

お滝不動尊

後ろの森が華やかになりました!...

【技法研究】,

カワセミ 額装

自然な色合いの木の額とよく合います。マットの青も効いてるなぁ。額装してこそ、絵が作品になる気がする。お洒落させて。この辺だとオーダー額縁は北習志野駅近くのALVA。いいお店ですが、納期は2週間先とかなのでのんびりした時にどうぞ。切羽詰まってるorできるだけ安くという時は、常時ワゴンセールの津田沼ユザワヤ。通販もあり。おススメは絵と額のシミュレーションができる、マルニ額縁。着せ替えみたいで楽しいです。一度...

【技法研究】,

お滝不動尊

背景は何をしていいのか分からない。これが正直な気持ちだったと思います。まず樹を入れることは決まってるでしょ、それから真冬以外は葉っぱがあるわけで、いっぱいいれて夏らしくうっそうと茂る、桜色にして春、紅葉にして秋、光さす朝、この辺のイメージを描きながらでいいんで決めます。うっそうとなら濃い緑が密集、さわやかな朝なら黄緑系…というように、色から受ける印象を大事にしてみると、ただの背景…と思っていた樹が、...

お滝不動尊

話によると、今、水が枯れてるらしい。なんでかな。いつもと同じ手順。モチーフから。でもいつもと違わない色も使ってみて、って感じ。(^◇^)...

樹、馬、鳥、道

猫と崖が消えて、道ができました。ここからどうすれば?と聞かれましたが、これは逆に、どうしたいの?と答えるしかないじゃん??作家の深層心理的なものが主題になる。道の向こうに行きたいという憧れ、あるいは孤独、対比として馬や樹の重さ、安定感、でも動けない、対比として鳥の軽さ、でも儚い、などがあります。まぁ軽い散歩的な気分で、リュックの人は歩いてるのかもしれませんが。上半分の広い面積に何がくるかで、またが...

樹、馬、鳥、猫

相変わらずお世界観。樹は雄々しい感じが出て、マスターしたなぁ!馬と人はユーモラスでオッケー。左に来る予定の崖は、ちと地平線が高かったので下げました。透視図法的な遠近は要らないタイプの絵だけど、奇異で、不必要な部分があったら直そう。...

料亭(完成)

地面をいつもより濃い色でしっかり塗ったので、安定感、強弱のリズムが出て完成度があがりました!これ、資料も何も見ないで、屋根瓦とか屋根の下の装飾とか、いろいろ設定しながら描いてる。相変わらず世界観がユニークで面白いです。...

料亭

入れられるところからどんどん色を入れて行きます。...

料亭

相変わらず資料無し、完全イメージで描きあげます。毎日ネタ帳というか、スケッチブックになにかしら描いている方なので、それを組み合わせてる。今回もいい感じ。...

鎌倉

面白いな!色はむしろ淡いまま残してみました。遠目では持たないし、写真では写りづらいけど、近くでこの絵を見ると、ホント面白いです。雨が降ってるよ。...

鎌倉

イメージで描く鎌倉。道路がねくじれたラビリンス状態が、閉塞感もあって面白いです。(^◇^)...

...