絵画教室~制作の過程と記録

CategoryYmさん(水彩-油彩) 1/14

昭和の少年

中学1年生。帽子かぶって純朴な笑顔が描ければオッケー。似てる似てない、技巧は関係ないかな。バックはメインモチーフに合わせて。★描き込みの目安(1)静物 → がっつり密度を出して、冷凍保存みたいに描きこみオッケー。(2)人物 → 密度も出したいけど、生き生きとして動きだしそうな、が良いかな。(3)風景 → 集中するよりも拡散。広がりがある方が良いと思う。...

  • Comment -
  • Trackback -

静物エスキース

20号。講師の見本です。...

  • Comment -
  • Trackback -

静物習作

...

  • Comment -
  • Trackback -

静物習作

...

  • Comment -
  • Trackback -

静物習作

...

  • Comment -
  • Trackback -

...

  • Comment -
  • Trackback -

羊たち

もうすぐ完成。手前に主張し過ぎた花の塊を消します。羊が主役、花はモブですので。羊の脚の間に空間があり、緑の地面が横に広がってる感じを意識します。また一つ、技を覚えたぜ!(^◇^)...

  • Comment -
  • Trackback -

羊(模写)

自宅制作分。水彩。羊の参考で、お気に入りの絵を模写してみます。いいなぁ!水彩でこの暗さ。それと白の対比。構図が抜群にいいのは模写だからですが、要素がここまで少なくても、むしろ少ない方が絵としてはスッキリ見えていいみたい。...

  • Comment -
  • Trackback -

花、静物

自宅制作分。水彩。バックはもうひとひねり欲しいですが、いい感じじゃないですか!(^◇^)...

  • Comment -
  • Trackback -

牧場で(油彩F8)

自宅制作後、アトリエで。人物が消えました。フェンスはしっかり描くとか言っていたけど、いらないと思うな。フェンスって、囲んで出られなくするっていう意味が含まれてるからね。羊の配置でL字を作っていたので、一匹消しました。手前から家まで、目線が通ればいい感じ。空は上の方と地平線近くで遠近出してほしいな。一番大事なのは、こういうテーマがこの方に合ってるって事ですね!キーワードは牧歌的、絵本的。逆に、クール...

  • Comment -
  • Trackback -

牧場で(油彩F8)

フェンスはいったん消えても構いません。羊の大きさをチェックします。犬のように小さくはなくて、大型犬よりちょっと大きいくらいかな。人の腰のあたりまでは来るみたい。…とかを、ネットで調べたりして。下が緑ばかりなので、赤い屋根や青い空はいったん弱めます。割れちゃうから。広い面積に地色を合わせる感じ。赤は効かせとして後半。それまではワントーン落として可。...

  • Comment -
  • Trackback -

牧場で(油彩F8)

F8キャンバスに、地塗り(ジェッソ×4~6、最終層は有色地塗り、白っぽい赤茶系)、その上に鉛筆下描き。全体感重視の油彩描き出しではなく、水彩のようにラフに部分的にスタートしました。これがいい感じなんだな。ジェッソ地は吸収性地なので、描き出し段階で絵の具を吸うので、油彩地よりタッチが出ます。それでいて発色や伸びもちょうど良いみたい。よく吸うので乾きも早く、ギラギラしません。画材と描き方の傾向がぴったり...

  • Comment -
  • Trackback -

牧場で(水彩F6)

かわいい。まずは水彩で描いてみた。構図は今から練るので問題点あれば、次回直せば良いだけ。最初の絵はとにかくノビノビ~~~なのです♪♪油彩は水彩より一回り大きい方が描きやすいです。ので、8号で。...

  • Comment -
  • Trackback -

ミレーの模写(F6水彩)(ほぼ完成)

濃すぎる緑、白すぎる白、この極端な白黒の中間トーンを置くことで、見やすい感じになりました。...

  • Comment -
  • Trackback -

ミレーの模写(F6水彩)

元絵は4号で、小ささにびっくり。まずは水彩軽く。次は油彩で。それからオリジナルを。...

  • Comment -
  • Trackback -

スズメとブドウ

自宅制作分。ちょっと暗めのバックが気に入らないとのこと。これはこれで綺麗なグレー系紫ですけどね。左下のスズメと、後ろの背景の形が揃ってるのも直そうかな。暗い背景を水で洗い落とします。その後、メインモチーフの白黒対比を見直して、黄色と白はガッシュを使って厚塗りしてみました。完成。(^◇^)うん、やっぱり明るい方がいいかな。...

  • Comment -
  • Trackback -

池のある公園

水面を描きますが、スイスイ均一に画面を埋めようとせず、一本一本の水の線が醸し出す動きを考えながら、ちょっとずつ。色は同系色からスタート。...

  • Comment -
  • Trackback -

鴨のいる池

...

  • Comment -
  • Trackback -

鴨のいる公園(F6)

...

  • Comment -
  • Trackback -

公園、池、鴨

いつも鉛筆描きだしスタートですが、構図の変更とかしたいので、絵具の方が分かりやすい。水彩がとっても良かったで、油彩でもベタ塗りじゃないし繊細、描写の線になるといいな。手前に配置予定の木を組んだ形のヤツは、水を塗るのに邪魔なので一旦はずします。線が難しくて空間壊すしね。あとで考えよう。はずしたらとってもスッキリして、広い空間になりました。鴨優先なら、この構図でも良いかもです。...

  • Comment -
  • Trackback -