牧場で(油彩F8)

フェンスはいったん消えても構いません。羊の大きさをチェックします。犬のように小さくはなくて、大型犬よりちょっと大きいくらいかな。人の腰のあたりまでは来るみたい。…とかを、ネットで調べたりして。下が緑ばかりなので、赤い屋根や青い空はいったん弱めます。割れちゃうから。広い面積に地色を合わせる感じ。赤は効かせとして後半。それまではワントーン落として可。...

【技法研究】,

牧場で(油彩F8)

F8キャンバスに、地塗り(ジェッソ×4~6、最終層は有色地塗り、白っぽい赤茶系)、その上に鉛筆下描き。全体感重視の油彩描き出しではなく、水彩のようにラフに部分的にスタートしました。これがいい感じなんだな。ジェッソ地は吸収性地なので、描き出し段階で絵の具を吸うので、油彩地よりタッチが出ます。それでいて発色や伸びもちょうど良いみたい。よく吸うので乾きも早く、ギラギラしません。画材と描き方の傾向がぴったり...

牧場で(水彩F6)

かわいい。まずは水彩で描いてみた。構図は今から練るので問題点あれば、次回直せば良いだけ。最初の絵はとにかくノビノビ~~~なのです♪♪油彩は水彩より一回り大きい方が描きやすいです。ので、8号で。...

ミレーの模写(F6水彩)(ほぼ完成)

濃すぎる緑、白すぎる白、この極端な白黒の中間トーンを置くことで、見やすい感じになりました。...

ミレーの模写(F6水彩)

元絵は4号で、小ささにびっくり。まずは水彩軽く。次は油彩で。それからオリジナルを。...

【技法研究】, 水彩, 背景の工夫,

スズメとブドウ

自宅制作分。ちょっと暗めのバックが気に入らないとのこと。これはこれで綺麗なグレー系紫ですけどね。左下のスズメと、後ろの背景の形が揃ってるのも直そうかな。暗い背景を水で洗い落とします。その後、メインモチーフの白黒対比を見直して、黄色と白はガッシュを使って厚塗りしてみました。完成。(^◇^)うん、やっぱり明るい方がいいかな。...

池のある公園

水面を描きますが、スイスイ均一に画面を埋めようとせず、一本一本の水の線が醸し出す動きを考えながら、ちょっとずつ。色は同系色からスタート。...

公園、池、鴨

いつも鉛筆描きだしスタートですが、構図の変更とかしたいので、絵具の方が分かりやすい。水彩がとっても良かったで、油彩でもベタ塗りじゃないし繊細、描写の線になるといいな。手前に配置予定の木を組んだ形のヤツは、水を塗るのに邪魔なので一旦はずします。線が難しくて空間壊すしね。あとで考えよう。はずしたらとってもスッキリして、広い空間になりました。鴨優先なら、この構図でも良いかもです。...

イチゴのある静物

ムツカシイ課題でしたが、頑張りました!画面全体の色合いで、固有色も変わる、という事は忘れないでちょ。あと、『何が描いてあるのか』という説明要素と、『美しい』という芸術要素があって、この二つはイコールじゃないんだよね。だから、いろんな捉え方考え方の絵が生まれるんじゃないかと、思ってます。もうひとつは、ある流派の習得とゴールを目指す絵と、自分の夢みたいなもやもやんなイメージを具現化する絵。前者はフォロ...

水のある風景(水彩ver)

描きたい風景をまずは水彩で描いてみます。ちょっと写真写りがあれなんですけど、雰囲気いいじゃんー。(^◇^)手前の直線がちとムツカシイかもしれない。多分ハンパな線引くと、線遠近が台無しに。できるだけ雰囲気だけで、がっつり描かない方向でいきましょう。...

イチゴのある静物

この静物は完全に勉強用。バックをどうするかを、考えてみます。(1)モチーフの説明のためのバック。テーブルがあって、何色で材質や、光がこっちから来るとか。(2)(1)の発展系。光と影、空気遠近などを利用して、モチーフの周りの隙間の空間とか空気感とかまで描く。(3)絵画として、四角い画面の中での配色、調和、線のリズムなど(1)は、写真でよくみられる世界。細かい説明に長けています。欠点は、空間感、色の調和への吟味が欠...

静物

花、カップ、イチゴと盛り沢山モチーフなのですが、花を外してカップとイチゴだけに。要素が少ない方が描きやすいと思うんですよ。背景の勉強もする。...

スケッチ

30分くらいで、次回作検討スケッチ♪...

花と寺門のある風景(完成)

自然な感じな遠景と、迫力ある花の対比が綺麗。とってもいい感じです!(^◇^)...