Category【火曜教室】 1/60

ネコ(キッキ君)

いい味出してます。(^^♪好きな色で背景を…で、この色を選んだのは面白いな。いつもの色でした。...

  • Comment 0
  • Trackback -

風景

途中経過が面白いので、写真撮ってみました。この絵は1時間くらいでこう変わりました。↓まだ完成ではないので、試行錯誤していきます。...

  • Comment 0
  • Trackback -

風景(エスキース)

模写。構図が気に入ってたら何回も描いて自分のモノにしちゃいましょう。自分のモノになったら発展させて。...

  • Comment 0
  • Trackback -

母子

地塗りが黒からスタート。今時点でお母さんの腕が長すぎるか。...

  • Comment 0
  • Trackback -

昭和の少年

自宅制作。教室でちょこっと背景を直します。この、ちょこっとが、ホントにちょこっとなんですよ。紫を全部青に変えるとかじゃなくて、ちょこっとだけ明るく、あるいは暗く、色味を変える、それはモチーフを活かすための微調整なのです。ちょこっと、が仕上げのコツ。(^^♪...

  • Comment 0
  • Trackback -

クリちゃん

帽子の形が写真だと分からない、描いた事のないものは想像できない、という時は、近い実物を用意して、よく観察してみましょう。毛糸の帽子を石膏像にかぶせてみましたwww。額から後頭部に流れる距離感、耳の後ろに隠れていく回り込みなど、頭に接している部分と中身が入ってないスカスカの部分との形の張りの違いなど、観察しなければ、分からない要素はたくさんあります。『デッサン力』が必要だな、と思う段階。ここで、『デ...

  • Comment 0
  • Trackback -

アジサイ(F6)

アトリエで、アジサイを見ながら。約2時間。アクリル。キャンバス。初めて鉛筆下描きなしで描いてみました。アジサイのように、細かなものが密集してひとつの塊を作っているようなモチーフは、アクリルや油彩ではむしろ楽。輪郭線で花の形をとって塗り絵のように塗り潰すのではなくて、色面配置 → 細かい質感、という考え方で進みましょう。さて、次週は来られないので、このアジサイの絵は終わりになりますが、花の写真を撮る...

  • Comment 0
  • Trackback -

白い花

自宅制作。水彩。ラッパ上の花、しかも白い花を真正面から描くのは、奥行や形を出すのが非常に難しいのですが、しつこく絵具を重ねて、とても良い白を出してます。つか、白い花って、眩しいくらいの真っ白じゃなくて背景との比較で白く見せればいいんだよね。(*'▽')...

  • Comment 0
  • Trackback -

風景

変化。ちょっと冴えてます。クレーの本を見たそうです。どんどん研究&吸収しよう!!...

  • Comment 0
  • Trackback -

ネコ(キッキ君)

順調。絵の大きさに対してネコのどアップは初めてですが、行けるとこまでは普通に描き進めます。...

  • Comment 0
  • Trackback -

バラ(模写)

ここからは大きな筆ではなくて、細い筆でチマチマと密度をあげていきましょう。バラの花瓶はちと水平線が間違ってるかな。次回、定規なんかも使って構わないので、鉛筆で直します。...

  • Comment 0
  • Trackback -

富士

アクリル、F6キャンバス。水彩とアクリル、描き方が大きく違う所は、厚塗りの白をバリバリ塗れる、という事ですかね。逆に、水彩でよくやる『紙の白残し』、これをアクリルでやると、白が透けて眩しすぎることがあります。空以外は透けない方が無難。アクリル白はやや弱めなので、白ジェッソなども有効。いい感じです。(≧▽≦)...

  • Comment -
  • Trackback -

風景

白っぽい色で明暗はっきり → 有色を上に塗るという技法が、大分こなれてきました。絵が整理されてはっきり見えます。が、もっと明度をあげるには、白が乾いてから有色透明薄塗りと言う技法も試してみてね。...

  • Comment -
  • Trackback -

ネコ(キッキ君)

いつもの上品な感じを一端置いて、10号ドアップで描いてみます。この大きさだと空間は出ないので、背景色も現実的な色にこだわらず、好きな色を使ってみましょう。お店の看板みたいな、迫力あるユーモラスな感じを目指してみます。...

  • Comment -
  • Trackback -

昭和の少年

中学1年生。帽子かぶって純朴な笑顔が描ければオッケー。似てる似てない、技巧は関係ないかな。バックはメインモチーフに合わせて。★描き込みの目安(1)静物 → がっつり密度を出して、冷凍保存みたいに描きこみオッケー。(2)人物 → 密度も出したいけど、生き生きとして動きだしそうな、が良いかな。(3)風景 → 集中するよりも拡散。広がりがある方が良いと思う。...

  • Comment -
  • Trackback -

風景と人物(完成)

...

  • Comment -
  • Trackback -

静物エスキース

20号。講師の見本です。...

  • Comment -
  • Trackback -

桜のスケッチ

...

  • Comment -
  • Trackback -

植物スケッチ

...

  • Comment -
  • Trackback -

昔の川辺

...

  • Comment -
  • Trackback -