スポンサーサイト

ルノアールの薔薇

今日で完成すべく頑張りました。時間が限られている時こそ、描きどころを押さえ、集中力が出るのかも。いきいきとした、活気ある薔薇になりました。お疲れさま~(^▽^)...

雪山(竹ペン・スケッチ)

30分ぐらいでラフ描き。雪山と手前の草を対比させましょう。雪山が白いなら、草は黒く。雪山がフラットなら、草は複雑に。差がでた方が絵は複雑で面白くなります。...

ルノワールのバラ

家族へのプレゼント用に、ルノワールのバラの絵を描いてみます。どこから描くのか。やっぱりそれは構図からかな。図版と比率が少し違うのですが、中央に来る花を中心に縦ライン、横ラインのメインとなる花、壺の位置、テーブルの位置を確認し、あたりをつけ、全体観重視でまずは進みます。...

ヴュイヤール模写

完成です。色が綺麗で形が楽そう…と始めた模写ですが、描いてみると微妙な中間色の中にシビアに明暗整理がされていることに驚きます。例えば、人体も服も壁も白くすると遠目には人体が浮かび上がらない。脱ぎかけのスカートと床も区別がつかなくなる。スカートは白く、壁もマットもわずかに暗い。壁は白く、肌も下着もわずかに暗い。このリズムが、この絵を面白くさせてるのでしょうか。...

ヴュイヤール模写(3)

壁部分を。原版より派手目。下地が効いていい感じです。自分の好きな仕事は、綺麗な色を塗る(=色彩派)であることを確認しました。さて、人物は怖がらずに、早めに色を置いちゃおう。後回しにする方が苦労しますよ(^_^)...

ヴュイヤール模写(2)

人物のシルエットを確認します。お尻はでかいので、若い女性ではなさそう…。ダンスを踊っているのではなく、下着姿でドレスを蹴り飛ばしているような…。着替えているんですかね。どうしてこんなプライベートな空間に画家がいるのか分かりませんが、とにかく着替えの最中のようです。白と黒を確認し、色を原版に近づけます。...

ヴュイヤール模写(1)

具体的なものを描いていながら、色面に還元し、抽象的な側面を強く持つヴュイヤールの模写をします。原版は横長の画面ですが、F10に。構図を適当に操作して、割と自然に収めることができました。使用色はイエローオーカー、バーントシェナ、青の3色。明暗に気をつけながら、とりあえずで構いません、画面を全部埋めてみましょう。...

田舎の風景

使用前、使用後みたいですね。(^_^)表面的なディテールを描くことで、土台が分からなくなった場合、もう一度土台作りに戻ります。木はどこから生えているか。家の前の土手。川のカーブ。深さ。別メモに白黒でラフ描きしてみて、それに合わせて絵の具をのせます。固有色やディテールはとりあえず無視。風景の持つ大きさを確認しましょう。...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。