Tag構図 1/1

アジサイのある風景(F10)

構図を吟味しながら自宅制作。色が綺麗です。いい感じだけれど、話を聞いていると、上の樹と、下の花の説明描写に熱が入り、真ん中がポカンと空いてしまいそう。ここが弱いと絵が上下2枚に割れますので注意です。画面の真ん中は、普通は主役が配置される場所。色やモノがチラチラしてるとか、盆地みたいなぽっこり空間になるとか。手前の花は視覚の導入部で奥へと誘い、真ん中に惹かれるような、魅力的を出したいですね。...

  • Comment -
  • Trackback -

橋のある風景(F20)

短期集中で頑張ります。まずは構図の変更。前回の下描きを消すより、上からグイグイ描いた方がよくない?って事で、赤を使ってみました。対して周りはグレートーンの緑。色は写真の色ではなくて、自分で作ったエスキースの色を参考。鮮やかな対比が、普通の風景ではなくて現代風でカッコイイ。その後、木村忠太の絵を見たりしました。(^◇^)...

  • Comment -
  • Trackback -

柘榴

描き手順を変えてみます。だいたいの構図はすぐ決まると思うので、メインの柘榴をもうガツッ描いちゃう。そんでサブの柘榴を添えで。葉っぱはここに欲しいということに配置。植物の葉の付き方は、もうわかると思うので、後から茎を足してもいいくらいです。背景はざっくり塗る所の他に、ちょこちょこ塗る所を作って見ました。...

  • Comment -
  • Trackback -

峡谷(P40号)

気に入った方の実物大エスキースを16等分割。元絵に印をつけたくないということで、紐糸を張りました。本番用キャンバスは地塗り、木炭で16等分割済でしたので、それに合わせて、刷毛で位置決めを。順番のように上から描かないように。上(遠景)を軽くするため、中心から下に向かって描きます。エスキ―スでは見えてなかった滝を描き、段差のある空間(土台)を作ります。...

  • Comment -
  • Trackback -