Tag好きなモチーフ 1/27

ネコ(キッキ君)

いい味出してます。(^^♪好きな色で背景を…で、この色を選んだのは面白いな。いつもの色でした。...

  • Comment 0
  • Trackback -

5人組

主に方向性の確認。水彩は下地として淡く塗る。広い面積は2色以上でにじませましょう。水彩で下地ができたら、色鉛筆で描く。色鉛筆は線描で、形をしっかりさせます。密度や完成度より、生き生きとして今にも動き出しそうな人物になることを目指します。水彩にしかできない作業と、色鉛筆の方が向いてる作業とあります。この差を楽しみましょう。(*^_^*)...

  • Comment 0
  • Trackback -

【F10】花束(4)

バックの色を考えながら、それに合わせてモチーフ描写を進めます。次回グレーズのために、明るめにしました。...

  • Comment -
  • Trackback -

【F10】花束(3)

モチーフとバックの兼ね合いを、きちんと考えるのは初めてだそう。モチーフを見ても答えがない。画面を見ながら試行錯誤です。...

  • Comment -
  • Trackback -

【F6】絵を描く少女(1)

デッサンを拡大コピーしてトレース。白い服は描きづらいので、白という色は無視。影色と、自然にのった絵具の色で服の色を作ります。まず鉛筆デッサンと同じように、茶系。これで茶系モノトーンでデッサンと同じ明暗が出来ます。背景は森の中なので青緑と黄色を適当に散らしてみました。だいたいの骨格ができました。...

  • Comment -
  • Trackback -

【F10】花束(2)

固有色を置いてみます。...

  • Comment -
  • Trackback -

カーウォスキーの風景

自宅制作。いい感じにまとまってます。密度高く丁寧に描写を詰めるより、大事な事がある。...

  • Comment -
  • Trackback -

大銀杏

駅前にある大銀杏を自宅制作。でも水平線が全部右肩あがりなので、思い切って描き直すことに。消し方が潔い。(^^;下から定規で5cmピッチで方眼。それを参考に、垂直水平ラインを引き直します。特に樹の周りの花壇。坂でないのなら水平強調。...

  • Comment -
  • Trackback -

【SM】絵を描く少女

家族を描きます。いきなり着彩ではなくて、まずは鉛筆デッサン。白と黒のバランス確認。...

  • Comment -
  • Trackback -

朝日

風景をトレースしたい、という希望を即却下。(^_^) エスキースとって、描きたいものを絞った方が絶対良い絵になるし、描きやすいハズ。エスキースをとってみたら、船、水、山、遠景よりも何よりも、興味があるのは朝日の美しさ。強調色は黄色。なので海の色は自然、補色の紫系。意外に苦労しないでスイスイ描けて本人びっくり。色鉛筆。...

  • Comment -
  • Trackback -

【F10】北海道の風景(4)

遠近の出た土台に、今日は固有色を入れていきます。画面の中心の目立つ箇所から、奥への手順の方が良いと思います。奥から順番に描くと、手前が永遠に奥に勝てない気がします。奥の山は、山とハッキリ分かるより、奥まってくれれば良い。ラスト、やっぱり布で拭き取ってしまいました。自己矯正中。頑張れ!!...

  • Comment -
  • Trackback -

油彩のためのエスキース

F6。「描きたいもの」は決まったので、次は「どう描くか」。自分で撮った写真を参考に。F20。実物大エスキース。水彩早描きだと軽くてまだいい感じですが、山、杉、桜、菜の花、川、人と、描きたい要素盛り沢山で、油彩で絵が進んで来たら、まとまらなくて苦労しそう。テーマを絞るために使える要素でも捨てる、というのは、絵を良くするためには必要。でも、捨てるのには、強い意思がいる。主語は自分。間違っていても自分で...

  • Comment -
  • Trackback -

手の塑造

自宅制作。手の塑造。形を突き詰めて考えていくと、彫塑をやりたくなるのは必然。彫塑、面白いよね。...

  • Comment -
  • Trackback -

【F30】母子(06)

自宅で少し。色を強く出したいので、量感やモデリングは最小限にして、代わりに平面性と絵本的空間を作りたい。そのために輪郭線を強く出す作戦でいきます。色の華やかさ、線の面白さを強調するために、三次元をある程度無視する。どこまで割り切れるかかも。(^◇^)...

  • Comment -
  • Trackback -

【40号-2】歌舞伎(05)

向かって左の手の動きが美しい。でも、肘から袖に来ると、袖の形だけあって腕の形が消えちゃう。まだ中盤なので、いっそのこと腕から肩まで、中の形を描きましょう。服を描くときにボディ部分は消えますが、上から服のシワなどが、形に沿って描きやすいはず。急がば回れ作戦です。...

  • Comment -
  • Trackback -