スポンサーサイト

風景

途中経過が面白いので、写真撮ってみました。この絵は1時間くらいでこう変わりました。↓まだ完成ではないので、試行錯誤していきます。...

風景(F20)

試行錯誤しながらやってます。★そのままズバリの色 → 描くのは早いけど、終わりも早い。結果、色も形も浅い。★経験者で、終わりの色が予想できる場合 ← 重ねの色を間に挟んでみる。固有色を越えた形(大地と空、立体物)で整理してみるなどなど、試行錯誤の結果、そのモノへの理解が深くなる場合、絵も深くなるんじゃないかと思います。...

絵画ドリル

スゴイ、ドリルやってきた!!(≧▽≦)エライ!!!!課題は、毎日決まった時間に15分(タイマーで測る)、絵の質やテーマは度外視、とにかく与えられたドリルをこなし、絵を描くことを日課にしよう!!です。(1)1日目。1枚目。鉛筆デッサン15分。...

アジサイ~配色・自分の色

講師によく来る質問が、『背景には何色を塗ったらいいのか』ん~~。愚問ですね♪(・´з`・)『何色を塗っても良い』『自分の好きな色、今、塗りたい色を塗る』が、講師の答えです。次に講師に来る嘆きは、『自分の好きな色が分からない』です。先生決めてください、と言われたりして。これは、『唯一正しい色がある』という気持ちが、邪魔してるんじゃないかと思います。色ははっきり言って気分で変わります。...

格子の犬

かっちりタイル風は硬すぎるので、色優先で散らしてみます。ナイフで荒らしたいのでワンコはマスキングテープを、ワンコの輪郭線に合わせて切って、貼ります。単色で存在しないように、画面の上で混ぜるようにして配色。のせるだけでなく、削いだり拭いたりしながら進みます。竹ひごの先でうっすら見える線を起こすと、ちょうどいい格子ができます。線が曲がってるのがいい味出してる。(≧▽≦)...

クリちゃん

帽子の形が写真だと分からない、描いた事のないものは想像できない、という時は、近い実物を用意して、よく観察してみましょう。毛糸の帽子を石膏像にかぶせてみましたwww。額から後頭部に流れる距離感、耳の後ろに隠れていく回り込みなど、頭に接している部分と中身が入ってないスカスカの部分との形の張りの違いなど、観察しなければ、分からない要素はたくさんあります。『デッサン力』が必要だな、と思う段階。ここで、『デ...

白い花

自宅制作。水彩。ラッパ上の花、しかも白い花を真正面から描くのは、奥行や形を出すのが非常に難しいのですが、しつこく絵具を重ねて、とても良い白を出してます。つか、白い花って、眩しいくらいの真っ白じゃなくて背景との比較で白く見せればいいんだよね。(*'▽')...

アフリカの男

全体感を整える時、背景が色面のグラデーションだけになると難しい。ここは、線の要素が欲しい。形とリズムを作るのは線なのです。色面の地の上に、線タッチを出す。わざと荒く。すだれ技法(笑)とでも呼びましょう。(≧▽≦)余った絵具で、サムホール、地塗り。...

トマト、初めてのアクリル

自分の絵は、道具で変わります。透明水彩絵の具の淡さにモノ足りない、繊細さにストレス溜まる場合、子供絵画のようにガツンガツン描ける、アクリルを試してみましょう。アクリルは水彩と同じように、水で描きます。━━━━━━━━━━━━━━━━━━用意するもの。━━━━━━━━━━━━━━━━━━・アクリル絵の具・水バケツ・パレット (紙パレット、絵皿など、でも一番便利は牛乳パックの裏)・筆 (水彩用のナイロン筆、油彩の硬い豚毛の筆も欲しい)━━...

アジサイのある風景(F10)

構図を吟味しながら自宅制作。色が綺麗です。いい感じだけれど、話を聞いていると、上の樹と、下の花の説明描写に熱が入り、真ん中がポカンと空いてしまいそう。ここが弱いと絵が上下2枚に割れますので注意です。画面の真ん中は、普通は主役が配置される場所。色やモノがチラチラしてるとか、盆地みたいなぽっこり空間になるとか。手前の花は視覚の導入部で奥へと誘い、真ん中に惹かれるような、魅力的を出したいですね。...

ルノワール、縫物をする女性(完成)

白と黒の対比を工夫します。前回は黒。今回は白。白は、(1)紙の塗り残しの白(2)透明水彩の白、混色、塗り重ね(3)不透明水彩(ガッシュ)の白、混色、塗り重ね(3)アクリルの白(ジェッソ、アクリル白)、白色浮きだしの後、有色塗り重ねなどなど、全部白の質が違います。白はよく違いが見える色です。違いが分かる人(笑)になると、色の幅が広がって、ぐっど絵が豊かに見えるですよ。(*'▽')...

家のある風景

風景基本の練習です。建物は四角のバリエーション。大きな3つの要素があります。・モノ(三次元的な高さがある。縦タッチ有効)・地面(平面・横タッチが有効)・空間(余白)さて、毎日絵を描くトレーニングドリルを作ってみようと思います。クロッキー・スケッチ練習を兼ねて。...

バラ(模索中)

花の描き方が全部違ってバラバラしてますが、実験中なので気にしない。比較できて良いかも。今回は右下。ド派手で硬い水彩赤を一旦消し、アクリルでアンダートーンと描写(デッサン系)。使用色は、黄系:イエローオーカー赤系:バーントシェナ青系:ウルトラマリン白系:白の入ったピンク系(?)この3色+αを混色して、色彩は出さずにデッサン(形を作る)。デッサンとは輪郭線とって塗り絵ではないですよ!!(≧▽≦)色の仮塗りは...

黄色いバラ

後半苦労しました。詰めの部分ですね。描きだしは、赤い強烈な色の背景、とかデッカイ黄色いバラ、とか、大きな絵面ははっきりしたイメージがあるのですが、後半になると、細部がイメージしきれない感じ。前半と中と仕上げの段階があって、描き方考え方が違う事を確認。(1)前半は『大きな仕事』。構図や配置。細部より骨組。(2)中は下地→描き込み。最終イメージ色よりも、それが発色するための土台をしっかりさせる感じ。(3)仕上げ...

ワンコ×2枚

2枚並行して描いてます。今日は、白いワンコの背景を。レンガの格子ラインを何度も引くとクドイですし硬いので、全体感の色彩を確認しながら自由に置いてみましょう。ポイントとしては、★大きな面積と小さな面積では、小さい方が目立ちます。 (大きな茶の中の黄色では、黄色が目立つ)★色差よりも明暗差の方が目立ちます。(茶の中に鮮やかなオレンジよりも、白い毛並の中の黒い目と鼻、など)★パレットで混色だけだと、単調(...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。