絵画教室~制作の過程と記録

千葉県船橋市~津田沼にある絵画教室の記録です。

byNishikawa
  • Comment:0

教室ブログ移転します。

数が多すぎて更新しきれない&BLOGスタイル情報が埋まって探せない、
意外とスマホで見づらい、などなど、ちょっとやり方を変えてみます。

移転します!!!有料契約したぜ!


ART-B.NET 絵画教室・今週のお知らせ
 https://nishikawaclass.jimdofree.com/news/絵画教室のお知らせ//

(ドメイン移転したらURLは変わりますので、またお知らせする。)

もう広告でないぜ!!ヤル気マンマン???!!!
いろいろとテスト運営中。



※追記(2018.07.22)

ART-B.NET
http://www.art-b.net/

(教室のページ名変えたら、URLを変わったとかいろいろミスり中www。(;´Д`)
ブックマークは、トップページから…。なら安心。)

関連記事
byNishikawa

カフェMC、生徒さん個展のお知らせ 2018年6月11日(月)~24日(日)

2018-0610time1723_2.jpg

今日から開催、6月の生徒さん個展です。
千葉県船橋市、新京成線薬園台駅徒歩10分です。
ご興味のある方は是非(≧▽≦)
関連記事
byNishikawa
  • Comment:0

ルーベンスの子ども



どんどん進めていきます。
顔と、その他(背景と服)の描き方が違うみたいです。
顔はこだわり持って形を描く、
その他はとりあえず色をベタ塗りしちゃう。

描けば描くほど両者が剥離して違和感が出てきますので、
服はもちろん、背景にも形があるんですよ。執着と愛情持って見てあげて下さい。
関連記事
byNishikawa
  • Comment:0

ネコ(キッキ君)



いい味出してます。(^^♪
好きな色で背景を…で、この色を選んだのは面白いな。
いつもの色でした。
関連記事
byNishikawa
  • Comment:0

風景

2018-0619time1117.jpg

途中経過が面白いので、写真撮ってみました。
この絵は1時間くらいでこう変わりました。




まだ完成ではないので、試行錯誤していきます。
関連記事
byNishikawa
  • Comment:0

風景(エスキース)



模写。構図が気に入ってたら何回も描いて自分のモノにしちゃいましょう。
自分のモノになったら発展させて。
関連記事
byNishikawa
  • Comment:0

母子



地塗りが黒からスタート。
今時点でお母さんの腕が長すぎるか。
関連記事
byNishikawa
  • Comment:0

本棚(サムホール)



本棚を金で暴れて、その後微調整します。
気を付けるのはリズム。ほんのちょっと変えると、心地よくなったり悪くなったりするんですけど、
どうすればよくなるか、あるいは悪くなるかは、
なんだろ、経験則かなぁ。料理の塩少々の世界ですよ。

失敗しながら覚えていくですよ。(^^♪
関連記事
byNishikawa
  • Comment:0

昭和の少年



自宅制作。教室でちょこっと背景を直します。
この、ちょこっとが、ホントにちょこっとなんですよ。
紫を全部青に変えるとかじゃなくて、
ちょこっとだけ明るく、あるいは暗く、色味を変える、
それはモチーフを活かすための微調整なのです。
ちょこっと、が仕上げのコツ。(^^♪
関連記事
byNishikawa
  • Comment:0

貝:カラーデッサン



色の三原色、混色の6原色、
固有色の持つ明暗、
三原色要素を混ぜると濁色系になる、
この辺の勉強をしました。

すぐには覚えられないと思いますが、
そういう理屈もあるんだなぁ、くらいの記憶を、
困った時に引き出せればよいと思います。(≧▽≦)
byNishikawa
  • Comment:0

風景(F20)



試行錯誤しながらやってます。
★そのままズバリの色 → 描くのは早いけど、終わりも早い。結果、色も形も浅い。

★経験者で、終わりの色が予想できる場合 
← 重ねの色を間に挟んでみる。固有色を越えた形(大地と空、立体物)で整理してみる

などなど、試行錯誤の結果、そのモノへの理解が深くなる場合、
絵も深くなるんじゃないかと思います。
関連記事
byNishikawa
  • Comment:0

植物(サムホール)



サムホールは小さいので、全体を入れるより、
描きたいところだけピックアップ、という手法をとってみます。

描きたいところ!!
ここんとこの熱意が見どころになるんだと思います。
関連記事
byNishikawa
  • Comment:0

絵画ドリル

スゴイ、ドリルやってきた!!(≧▽≦)
エライ!!!!

課題は、毎日決まった時間に15分(タイマーで測る)、
絵の質やテーマは度外視、
とにかく与えられたドリルをこなし、絵を描くことを日課にしよう!!です。


(1)1日目。1枚目。鉛筆デッサン15分。
関連記事
byNishikawa
  • Comment:0

水瓶



コーナーの象徴、縁側を外し、平らな構図にしました。
なんかすっきりしたし、絵も強くなった!!
最近全体の色と、こうすべきが見えてきたようで、とてもとても頼もしいです!!(*´▽`*)
関連記事
byNishikawa
  • Comment:0

バラ



試行錯誤中です。
塗り絵にならないようにね!
関連記事
byNishikawa
  • Comment:0

短時間で描く練習



写真でも模写でもどっちでもオッケーですが、
写真はもちろん、画集に載ってるレベルの絵ってのは、とにかく要素が多くて複雑。
画家さんは同テーマでたくさん描いてるうちのベストなので、
それを最初に描いてみる時は、要素をばらしてみましょう。

まず、一番基礎的な骨組はどれか。
画家のついてる嘘はどれか。(6割ホントで4割嘘、みたいな、嘘を付くと良い絵になるんだよね!(≧▽≦)

要素を抽出するのに時間をかけて、実際の作画は1時間くらい。
描くの、早くなったなぁ!!(*^_^*)
左の樹はちとオカシイですがあんまし気にしない。
今回のテーマは建物なので。
関連記事
byNishikawa
  • Comment:0



自宅制作。
本人は黒くて汚く濁ったとか言ってますが、どうしてどうして。
この、試行錯誤しながら出てきた色ってのは、綺麗なんですよ!!(≧▽≦)
なんというか、着飾ってチャラチャラした美人と、働いて手は荒れてるけど底光りする美人…。
なんのこっちゃ(;´Д`)

まぁそんなんで、この絵は好感度が良いですよ!(≧▽≦)
関連記事
byNishikawa
  • Comment:0

5人組



主に方向性の確認。

水彩は下地として淡く塗る。
広い面積は2色以上でにじませましょう。

水彩で下地ができたら、色鉛筆で描く。
色鉛筆は線描で、形をしっかりさせます。
密度や完成度より、生き生きとして今にも動き出しそうな人物になることを目指します。

水彩にしかできない作業と、色鉛筆の方が向いてる作業とあります。
この差を楽しみましょう。(*^_^*)
関連記事
byNishikawa
  • Comment:0

バラのイメージ



紙を切って、バラのイメージを…。
おぉっと、何回かやってたけれど失敗らしいです。( `ー´)ノ
時々写真撮って置けばよかったな。
関連記事
byNishikawa
  • Comment:0

アジサイ~配色・自分の色



講師によく来る質問が、
『背景には何色を塗ったらいいのか』

ん~~。愚問ですね♪(・´з`・)

『何色を塗っても良い』
『自分の好きな色、今、塗りたい色を塗る』
が、講師の答えです。

次に講師に来る嘆きは、
『自分の好きな色が分からない』です。

先生決めてください、と言われたりして。

これは、
『唯一正しい色がある』
という気持ちが、邪魔してるんじゃないかと思います。

色ははっきり言って気分で変わります。
関連記事